花や葉っぱは、水に浮かべるとイキイキとして、きれいですね。では、食べられるハーブの花と葉っぱを、製氷皿に入れて凍らせてみたら・・・これが何とも涼しげで美しい!
 きれいな花が咲いたときに作り、冷凍用ジッパーバッグに入れておけば、しばらくは冷凍庫で保存しておけるので、急な来客や汗をかいて帰ってきた家族に、ハーブのアイスキューブを入れた冷たい飲みものをだしてあげることができます。
 クールな演出に、夏バテも吹き飛ぶかも!


画像拡大
 
○食べられるハーブの花や葉
○お気に入りのミネラルウォーターなど、水  
     
 
ボリジ、カモマイル、マロウ、センテッドゼラニウム、チェリーセージ、ポットマリーゴールド、ラベンダー、ベルガモット、フェンネル、ヒソップなどの花と、ミント、レモンバーベナ、レモンタイムなど、飲み物に浮かべておいしいハーブの葉を用意し、さっと洗っておく。食べられるハーブかどうか、必ずチェック。
小さい花は丸ごと、大きな花は花びらのみを製氷皿に入れ、水をそっと満たして、冷凍庫で凍らせる。
すっかり凍ったら製氷皿からはずし、冷凍用ジッパーバッグなどに入れて冷凍庫で保存する(一週間以内を目安に使う)。

ハーブは水に浮いてしまうので、どうしても氷の表面に固まってしまいがち。氷の中心にハーブを入れたいなら、ハーブを製氷皿に入れたあと、水を半分まで満たし、それが凍ったあとで、製氷皿一杯に水を満たして再度凍らすといい。

《使い方もいろいろ》
・グラスにアイスキューブを入れ、ミネラルウォーターやサイダーを注ぐ。
*溶けてくるとハーブの風味が飲み物に移るので、ハーブの香りに合う飲み物を。
・グレープフルーツジュース、オレンジジュース、レモネード、カルピスなども合う。
・カットしたフルーツといっしょにお皿に盛り、デザートのクールな演出を。
・そうめんの下に敷いて、さらに涼しげに。
  文・制作・スタイリング:榊田千佳子.撮影:タケダトオル
Copyright 1997-2002 S&B FOODS INC. All rights reserved.