信州の友人が教えてくれたレシピ。信州で流行っているらしい!?なるほど、そば粉のクレープに、りんごのフィリングなら、信州名物のものばかり。
 フランスのブルターニュ地方では、そば粉のクレープが名物だそう。このデザートも、フランスと信州が手をつないだような、ミスマッチのようで絶妙にしっくりした新しいおいしさです。
 お皿に盛ったら、バニラアイスクリームをひとすくい添えて・・・。温かいクレープと、冷たいアイスクリーム。これがまたおいしいのです。
 りんごはほんのりシナモンの香りを付けてアクセントにしました。

画像拡大

(直径26cmのフライパンで約10枚分)
○そばクレープ そば粉・・・150g
小麦粉・・・75g
水・・・400cc
塩・・・5g
卵・・・1個
シードル(辛口)・・・15cc
*または黒ビール・・・15cc
○りんごのソテー りんご・・・1個
砂糖・・・大さじ2
バター・・・大さじ1
レモン汁・・・大さじ1/2
シナモンパウダー・・・少々
バニラアイス・・・適宜
 
〈そばクレープ〉
大きめのボウルに、そば粉、塩を入れる。
水の約3分の1量を入れ、手でよく混ぜる。
そば粉に水がなじんだら、生地をすくっては落とす動作をくり返し、香りと粘りを引き出す。

ふるった小麦粉と、卵を入れてよく混ぜ合わせ、水の約3分の1量も加える。
シードルを加えて、よく混ぜる。
最後に残りの水を加えてよく混ぜて完成。
ラップをして冷蔵庫で半日〜1日寝かせる。
いったんフライパンを熱し、火を弱めてからおたま一杯程度の生地を流し入れ、薄くのばす。
表面が乾いたら裏返して焼く。

〈りんごのソテー〉
りんごは皮をむき芯を取って、8つ切りにしていちょう切りにする。
フライパンにバターと砂糖を入れて、火にかけ、茶色い泡がぶくぶくでてきたら、りんごを加えて炒めるように煮る。
レモン汁も加えりんごが柔らかくなったらシナモンを振りかけ、火を止める。

クレープにりんごのソテーをのせて巻き、お皿にのせ、アイスクリームを添えて、シナモン少々をふったらできあがり。


小麦粉だけで作るクレープ生地は30分ほど寝かせたら焼けるが、そば粉で作るガレット生地は一晩寝かせた方がおいしくなる。手でよく混ぜるのがコツ。
水は3回にわけて少しずつ混ぜる。

S&Bのハーブ・スパイスの情報はこちら
文・制作・スタイリング:榊田千佳子.撮影:タケダトオル.イラスト:立原雅子
Copyright 2002-2003 S&B FOODS INC. All rights reserved.