カモマイルは、ドイツの「お母さんのハーブ」だそうです。そのやさしい香りと可憐な姿は、見ているだけでもほっとしてきます。
 そういえば、ピーターラビットのお話の中で、ピーターが、隣の畑のラディッシュを食べ過ぎて気分が悪くなった晩、お母さんはピーターにスプーン一杯のカモマイルティーを飲ませました。消化を助けたり、気分を落ち着かせたりするカモマイルの力をお母さんは知っていたんですね。
 このパンナコッタ、やさしいミルクの風味とカモマイルの香りがぴったり合って、なつかしく心が安まる味にできあがりました。


画像拡大

(6人分)
・生クリーム・・・ 180cc
・牛乳・・・   600cc
・ラム酒・・・   10cc
・板ゼラチン・・・   2g
・グラニュー糖・・・   30g
・カモマイル(ドライ)・・・   小さじ4
・サフラワー(ドライ)・・・   小さじ1
*サフラワーは、ほんのり黄色い色をつけるため
 
 
ゼラチンをふやかす
板ゼラチンを水につけてふやかしておく。
サフラワーの色を出す
サフラワーに熱湯大さじ1を加え、色を出す。
生クリーム、牛乳を数量分鍋に混ぜて火にかける。沸騰直前に火を止める。
3に、色を出したサフラワーを汁ごとと、カモマイル、グラニュー糖を加えて、カモマイルの香りが付くまで、5分程度待つ。
4を茶こしでこす。。
5に1のゼラチンを加えて、良く混ぜ溶かす。
鍋ごと氷水に当てて、混ぜながら冷やす。
器に流し入れて、冷蔵庫で2時間ほど冷やして固めて出来上がり。

器のままお出ししてもいいし、型からはずしてもいい。
 今回はイタリアのスティック状のビスケット、ビスコッティを添えた


S&Bのハーブ・スパイスの情報はこちら
文・制作・スタイリング:榊田千佳子.撮影:タケダトオル.イラスト:立原雅子
Copyright 2002-2003 S&B FOODS INC. All rights reserved.