アロマな手作りギフト

パッチワークのポプリ・エッグポマンダー

材料 (2個分)

食材

・・・2個(殻の薄いタイプの卵の方が穴をあけやすい)
コットンプリントの布地
・1.5~2cm幅のひも状に
ピンキングはさみで切ったもの2本、または布の切れ端を適当量
オーガンジー布
・・・5cm×5cmを2枚
窓のまわりにつけるリボン
・・・5~6mm幅で15cm×2本
つり下げ用リボン
・・・25cm×4本
卵の中に入れるポプリ
・・・約大さじ3
(ローズ、ラベンダー、クローブ・・・各大さじ1)
マニキュア
・・・適量
木工用ボンド
つまようじ
カッター

作り方

  • 卵に穴をあけるために、丸く下書きをして、ひび割れ防止のため、線の上を広めにマニキュアでなぞる。

  • 乾いたらカッターナイフで線の上をなぞるように、少しずつ慎重に切れ目を入れて穴をあけ、殻を取り除く。穴があいたら、卵の中身を出す。殻は洗って乾燥させる。

  • ポプリを作る。乳鉢などでクローブをつぶして香りを出してローズとラベンダーと混ぜ合わせ、軽くすり合わせる。あまり細かくしすぎるとオーガンジー布から粉がでてくるので気をつける。

  • 卵の穴にポプリを入れ、穴のまわりにつまようじでボンドを塗り、オーガンジー布をピンと張るように貼りつける。

  • ピンキングはさみでひも状に切っておいたコットン布を、同じようにピンキングはさみで2cmくらいの長さに切り分ける。*ピースが大きすぎるとしわになるので気をつける。

  • 卵の表面に5の布パーツを、殻が見えなくなるように、ランダムに貼っていく。同じ種類の布でもいいし、いろいろな種類を貼ってパッチワークにしてもいい。

  • オーガンジー窓のまわりにボンドをつけ、伸縮性のあるリボンを貼り付ける。

  • 最後に卵の周囲にボンドを付けて、一周リボンを貼り付ける。それとは別に、上部に吊り下げ用のリボンもボンドで接着する。

  • 周囲に貼付けたリボンを上でくくって形を整える。


作り方

  • ・たくさん作ってかごに盛ってプレゼント

  • ・車の車内に吊り下げて

  • ・デスクの上に置いて香りを楽しむ

ワイポイント
  • 卵に穴をあけるときに多少ひびが入っても、布をボンドで貼れば補強されるので大丈夫です。
  • コットン布の代わりに、カラーのワックスペーパーを貼り付けたり、卵に直接アクリル絵の具で色を塗って絵を描いてもかわいい。色を塗った場合は、乾いてから透明ニスを何回か塗り重ねて卵の殻を補強しましょう。
  • ここでは、ローズ+ラベンダー+クローブでポプリを作りました。
  • 他の組み合わせ・・・ローズマリー、セージ、タイム、ローズゼラニウム、レモングラスなどの ドライハーブを細かくしたものに、粗く砕いたクローブ、白檀のチップなどをブレンドする 
    *以上は虫が付きにくいハーブ&スパイスです。買ってきたポプリを入れてもOK。

★ポマンダーって何?★

ポマンダーとは、フランス語の《pomme d'ambre》に由来し、「アンバーのリンゴ」という意味があります。もともとは金・銀・象牙などでできた型の中にアンバーグリスという香料の練り物やハーブを詰めて作られ、疫病や魔よけのおまじないとして、または匂い消しために持ち歩かれていたそうです。現在でも欧米の家庭では、オレンジや小型のリンゴにクローブをびっしりと刺したいい匂いのポマンダーが作られています。
*参考文献:『ハーブの辞典』北野佐久子/東京堂出版

  • 卵に下書きをして、マニキュアで上をなぞる

  • 乾いたらカッターで切り取り中身を出す

  • ポプリを作る

  • 卵の中にポプリを入れる

  • 穴にオーガンジー布をはる

  • コットン布を貼り付ける

  • 窓のまわりにリボンを貼る

  • 卵の周囲にリボンを貼り、つり下げようのリボンを別に貼る

  • リボンをくくって整える

春色まゆ玉アロマ・エッグポマンダー

材料(12個分)

・まゆ玉
・・・12個
・S&B旬の香り くちなしの実
・・・1個
・ハイビスカス(砕いたもの)
・・・小さじ1
・熱湯
・・・適当量
・詰め物用の綿
・・・適当量
・好みの精油
・・・5~6滴

フレッシュ(生)のハーブS&Bでも取り扱っています。

準備

  • くちなしの実をお茶パックに入れ、軽くたたいてつぶす。ハイビスカスはハサミで細かくしてからお茶パックに入れる。

  • くちなしとハイビスカスをカップに入れ、熱湯を注ぐ。15分ほどおいて十分に色が出たら、お茶パックを取り除く。

  • 2のカップをそれぞれ半分ずつ別のカップに入れ、ティーを熱湯で適当に薄めて染液を作る。染液には濃淡があってもいい。

  • まゆ玉を各カップに3個ずつ入れて、竹串で浮いているまゆ玉を沈める。そのまま約1時間おいて染め付ける。途中、時々まゆ玉をひっくり返す。

  • ちょうどよく色が染まったらまゆ玉を取り出し、ペーパータオルの上などでしっかりと乾燥させる。

  • 乾いたらそれぞれに綿を詰める。

  • 6の綿に好みの精油をしみ込ませ、マスキングテープで飾る。
    *今回は、春らしい香りのゼラニウムと、レモンの精油をしみ込ませました。


作り方

  • ・かごに盛って、玄関、化粧室、デスクの上などに飾り、アロマを楽しむ。

  • くちなしの実をパックに入れ、軽くたたいてつぶす

  • ハイビスカスとくちなしをカップに入れ、熱湯を注ぐ

  • お湯で薄めて各色2カップずつ用意する

  • まゆ玉を入れて液になじませ、1時間程度染め付ける

  • ペーパータオルの上などで乾燥させる

  • 乾いたらそれぞれに綿を詰める

  • 精油を綿にしみ込ませ、マスキングテープで飾る

ワイポイント
  • カモマイルティー、ミントティー、マロウティーなど他のハーブでも染められます。
  • ローズティーで染める場合は、一緒に酢を入れて赤く発色させましょう。