アロマなキーワード 精油図鑑

ジンジャー

学名

Zingiber officinale

科名

ショウガ科

種類

多年草

原産国

インド、中国、ジャワ、ナイジェリア、ジャマイカ

抽出法

水蒸気蒸留法

抽出部位

根茎

ノート

トップ~ミドル

組成成分

セスキテルペン類55%(ジンギベレン)

アルコール類10%(ボルネオール、リナロール)

相性のよい精油

オレンジ、フランキンセンス、レモン、ローズウッド

 ゼラニウム、ローズマリー

注意事項

香りが強く効果も強力なので少量使用する。敏感な肌を刺激することがある。


胃液の分泌を促進し、弱った消化器系の不調を改善します。胃腸の抗炎症作用があります。
寒い時期にトリートメントオイルでマッサージをすると、血行循環をよくするため、冷えやむくみを改善します。


精油作用

消化器系強壮、加温、発汗、去痰、鎮痛、鎮痙、駆風、緩下、抗うつ

特性

心身に活力を与える