納得のハーブ情報

コモンセージいろいろ

コモンセージと同様に、料理用や薬用に使えるセージはどの種類ですか?

学名がコモンセージと同じSalvia officinalisならば、変種も栽培品種もコモンセージと同様に使えます。
写真は「パープルセージ(レッドセージ)Salvia officinalis 'Purpurascens'」「トリコロールセージSalvia officinalis 'Tricolor'」ゴールデンセージSalvia officinalis 'Icterina'」です。
この3種は、薬効や利用法もコモンセージと一緒ですが、パープルセージ(レッドセージ)は赤紫色の色素を含むので酢に漬けるとビネガー液がピンクがかった赤に発色してとてもきれいです。

その他、葉が大きくて香りがいい「ベルクガルテンセージSalvia officinalis 'Berggarten'」も同様に使えます。
S.officinalisではありませんが、「スパニッシュセージ S. lavandulifolia」と、「グリークセージS. fruticosa」も、食用・薬用に適しているとされます。 


レッドセージ(パープルセージ)


トリコロールセージ


ゴールデンセージ

セージのチーズ

セージのチーズがあると聞きましたが、どのようなものですか?製法は?

英国産の「セージダービー」という、緑の大理石のような模様のついたセミハードタイプのチーズです。製法は、チーズを成形する過程で、セージのエキスやほうれん草のエキスで緑に着色するそうです。
見かけは派手ですが、お味はマイルドで食べやすいチーズ。赤ワインに合いそうですね!

パクチーソルトの作り方

クラリーセージ

クラリーセージの苗を買いました。コモンセージとは違うのでしょうか?育てるのは簡単ですか?

クラリーセージとコモンセージは同じシソ科サルビア属ですが、異なる植物です。
学名:Salvia sclarea/別名:オニサルビア/シソ科・二年草/耐寒性/草丈約1m
大きな苞を持つクリーム色の花を咲かせ、苞は青紫から桃色まで変化に富みます。美しい花だけではなく、全草にすばらしい芳香があり、精油が採られます。
クラリーセージの葉は、フリッターにしたり飲み物の風味付けにされたりすることもありますが、コモンセージの用に料理用・薬用にされる種類ではありません。

ハーブガーデンに植えると見栄えがし、開花期には辺りにクラリーセージの芳香が漂います。栽培は難しくありませんが、長雨や多湿が苦手なハーブです。

ホワイトセージ

最近、空間や物を浄化するとして人気のホワイトセージですが、育てるコツはありますか?

ホワイトセージ(Salvia apiana)は、全体に白粉を帯びたシルバーグリーンの枝葉が美しいハーブです。
アメリカ南西部及び、メキシコ北西部原産とされ、ネイティブアメリカンが神聖な儀式を行うときに焚かれるセージとして知られています。
耐寒性はあまり強くなく、‐5℃くらいです。また乾燥地帯に自生しているので、日当りと風通しをよくし、みずはけのいい土で、乾燥気味にするとうまく育ちます。
何度か苗を買って栽培しましたが、暑くてじめじめした夏に枯らしてしまいがちなセージです。


ホワイトセージ


◎ネバダ州に行ったときに、ネイティブアメリカンの「ホワイトセージバンドル」を買いました。お皿の上などで燃やして空間を浄化するのに使うそうですが、今のところ部屋に飾ってあります。

観賞用セージ

観賞用セージにはどのような種類がありますか?秋咲きが多いと聞いたので、園芸店で探してみようかと思っています。

一般にセージと呼ばれることの多いサルビア属は世界中に広く分布し、薬効のある種類、香りのある種類、花が美しく鑑賞的価値が高い種類などさまざまです。特に秋咲きのセージは、花が美しく全草に芳香がするものが多く、どれも花期が長く、育てやすいので庭の彩りに必須です。
園芸店やインターネットでもいろいろな種類が手に入るようになったので、探してくみてくださいね!

秋咲きで鑑賞価値の高いものの代表格は、チェリーセージ、パイナップルセージ、メキシカンブッシュセージ、ラベンダーセージ、ボックセージ、サルビア・ガラニティカ、サルビア・ディスコロールなどです。

<チェリーセージとメキシカンブッシュセージ>
中でもチェリーセージは花期が5月から11月と長く、チェリーレッドの可憐な花を絶え間なく咲かせ続けます。葉と花にも香水そのもののような芳香があって魅力的。
明るい紫の花穂が枝をしならせて咲くメキシカンブッシュセージは花付、花持ちナンバーワン!エントランスやガーデンの秋の顔に。


チェリーセージ


メキシカンブッシュセージ

チェリーセージの花のクレープ

チェリーセージの花はエディブルフラワーとして食べられると聞きましたが、どれくらいの量を食べてもいいのでしょうか?おすすめの食べ方を教えてください。

チェリーセージの花は食べられるとされています。ただし、あくまでも観賞用セージの花ですので、たくさん食べるというより、お菓子やサラダ、飲み物にあしらって、彩りと風味を楽しむ程度がいいのではないでしょうか。
コモンセージとコモンセージの仲間の花は、食用として広く認められているので、安心して使ってください。

チェリーセージの花は、ほんのりした甘味と、香水のような華やかな香りが魅力です。カスタードクリームをはさんだクレープにあしらった例を参考にしてみてくださいね!