コンテナで楽しむハーブ

植え込み方

園芸店で苗を購入して植え込む、基本形の植え込み方です。
白い鉢にちょっと珍しいバジルを5種植え込みました。

材料

ハーブの苗、鉢、鉢底ネット、鉢底用石、培養土(花の土)、配合肥料

材料

手順

  • 鉢底からの虫の侵入を防ぎます。

  • 水はけを良くします。鉢底用の石、赤玉土の大玉、ひゅうが土が一般的。

  • 花を楽しむハーブを植えるときは「花の土」。
    葉を育てて使うハーブのときは「野菜の土」が適しています。
    今回のハーブは、どちらを使ってもOKです。
    そのままでも大丈夫ですが、赤玉土の小玉や、腐葉土をミックスして水はけを良くするとベター。軽量の培養土を使いました。

  • 有機配合肥料を使います。チッソ・リン酸・カリの比率が同程度の肥料がいいでしょう。

    肥料を入れた後、苗に直接肥料が触れないように、「間土」をいれます。ポットを置いた時、鉢の縁 から2cmほど下になるところまで土を入れます。

  • 配置したポットの間に土を入れます。鉢をゆすって、土をすきまに行き渡らせます。 今回は鉢の手前に赤紫の色がポイントとなるルビンバジルを植え、後方に草丈が高めのホーリーバジル(トゥルシー)を植えました。
    他のバジルは草姿が似ているので、特に順番を気にせずに植え込みます。

    さらに土を足して、手で押さえて苗を安定させます。

  • 植え終わったら、少ない水量または、シャワーのノズルを 上に向けて、たっぷりと水やりをします。