アロマな毎日

材料

お好みのエッセンシャルオイル
(オレンジ、レモン、グレープフルーツなどの柑橘系やヒノキ、サイプレス、ティートリー、ローズマリーのような森林系で揮発性の高い精油が、香りが拡散しやすくオススメです)

レシピ例

消化器系を整え前向きにする

レモン、オレンジ、グレープフルーツなど好みの柑橘系精油
・・・5滴

気分を整え安定させる

ヒノキ、サイプレスなどの森林系精油
・・・5滴
集中力を増進させる
・・・ローズマリー2滴+レモン3滴

使い方

・市販の電気式芳香拡散器の上皿に温湯(50度)を張り、好みの精油を1回につき1~5滴滴下します。
できれば精油をそのまま拡散できるディフーザータイプが一番お勧めです。
ルームフレッシュナー(他サイトへリンク)を作成してトイレに置いても良いですね。

材料

好みの精油
(香りが30分~1時間程度持続するラベンダー、カモミール、ゼラニウム、イランイラン、フランキンセンスなどのミドル系ノートの精油がお勧めです。)
岩塩、重曹など およそ30g

レシピ例

ココロのバランスを整える

ゼラニウム フランキンセンス ラベンダーなど全部で
・・・1~5滴

疲れを癒し、身体の回復に役立てる

ラベンダー、カモミール フランキンセンスなど全部で
・・・1~5滴
デトックス
・・・ゼラニウム2滴+ジュニパーベリー3滴

作り方

  • エッセンシャルオイルはそのまま1~5滴を浴槽に滴下します。岩塩や重曹は、お好みで最大30gまでを浴槽に入れます。
    岩塩は血行促進、重曹は発泡してカラダの汚れを取りやすくします。

使い方

カラダを清潔に洗ってから、沐浴直前に、エッセンシャルオイルを浴槽に滴下し、よくかき混ぜて入浴します。
岩塩や重曹もお好みで入れてみてください。

材料 20g容器分量

竹ヒゴ(百円ショップで購入可能)
焼き鳥の串で竹製の薄手のものが代用可能
30mlくらいの容量があるガラス製細口瓶
(化粧水の瓶などでも良い、口が細い方が香りが揮発しにくいので良い)
無水エタノール 20ml
好みのエッセンシャルオイル20滴

レシピ例

精神安定、瞑想用
・・・フランキンセンス7滴+サイプレス13滴
気分リフレッシュ
・・・グレープフルーツ10滴+オレンジ・スイート10滴
幸福感、女性らしさ
・・・イランイラン5滴+オレンジ10滴+ゼラニウム5滴

作り方

無水エタノールをガラス製容器に入れ、好みの精油を20滴滴下し、よく混ぜ合わせます。

瓶の口が塞がるように竹ヒゴを放射状にガラス製容器に差し入れます。

瓶の口に隙間が出来てしまったら脱脂綿でふさぎます。

風、カーテンなどで倒れないような場所に置いて完成です。

香りが漂う空間で、深く深呼吸をして、一日の疲れを溜めないように頭を空っぽにするのも良いですし、
気持ちをうまく切り替えてみるのも良いですね。
香りによる脳への刷り込みのため香りと一緒にプラス思考を持つことが大切です。
アロマでココロとカラダを整えて緊張、ストレスに負けない状態をキープしましょう。
次第にアロマがあるだけで上手く自分をコントロール出来るようになります。