アロマなキーワード 精油図鑑

ローズ・オットー
(Rose otto 水蒸気蒸留法)

ローズ・アブソリュート
(Rose abs. 揮発性有機溶剤抽出法)

学名

Rosa centifoliaセンティフォリア種
Rosa damascene ダマスク種

科名

バラ科

抽出部

抽出法

水蒸気蒸留法 ・ 有機溶剤抽出法

原産国

ブルガリア モロッコ トルコ
フランス チュニジア

ノート

ミドル

種類

低 木

主な化学組成成分

・アルコール類 60%

(シトロネロール ゲラニオール

フェニルエチルアルコールネロール)

・オキサイド類

(ローズオキサイド)

・ケトン類

(ダマセノン) (ダマスコン)

香りの表現

豪華で深みのある甘美な
フローラル調の香り

相性の良い精油

ベルガモット カモミール

クラリセージ ゼラニウム ジャスミン

ラベンダー パルマローザ

精油作用

鎮静 抗うつ 殺菌消毒 鎮痙 催淫
細胞成長促進 浄血 通経 生殖器系強壮


「肌と魂に良い」と古いことわざでも言われ続けてきたローズですが、アロマテラピー用には、オールドローズ品種のセンティフォリア種とダマスク種がよく知られています。ローズのエッセンシャルオイルは、伝統的にも、ストレスケア、スキンケア、生殖器系ケアに主に用いられています。
水蒸気蒸留法で採油されたものをローズ・オットー、揮発性溶剤抽出法で採油されたものをローズ・アブソリュートと呼んでいます。ローズ精油は微量しか取れないため非常に高価です。
ローズ・アブソリュートは濃い黄色で粘性があり、ローズ・オットーは無色で温度が下がると半固体化するという特徴があります。

 

安全情報としてローズ精油には通経作用があるので妊娠中は控えます。