ランチタイムは新作料理実験タイム

デンマークのボーンホルム島にきています。美しい岩と海の島。少し涼しい夏のはじまりだったのでラズベリーもブラックベリーもレッドカランツも8月の中旬になってやっと色づいたくらい。風の強い日々がつづいて若い林檎がぽとぽと落ちる。もうすぐ林檎の季節のはじまりです。この夏ひとつのハーブの野生の姿に出逢いました。本の世界で幾度も見聞きしていた‘レディースベッドストロー’すましたポートレイト写真は図鑑でみていたけれど野の姿に出逢えるとはおもってもいなかったからちょっと嬉しい出来事でした。いいにおいのする黄色い花をいっぱい摘んできた私を見て88歳のアニューがおしえてくれました。「これ、’Jomfru Marias Sengehaml’っていうのよ。バージンマリアのベッドストローっていう意味」デンマーク語でGul snerreという名前があること。そして英語名がレディースベッドストローだということがわかったときふわっと蜂蜜みたいな甘い香り、乾いていくあいだものこる黄色をながめていたらその時代から生き続けている野生の姿を見れたような気がした。

四角形

榊田千佳子