納得のハーブ情報

レモンバームのアジアンまぜご飯

レモンバームのアジアンまぜご飯

レモンバームには、爽やかなレモンの香りにかすかに山椒を思わせる青葉の香りが混じったような、独特の香りがあり、さまざまな料理に合う可能性のあるハーブ。ただし、レモンバームは生のまま温かいご飯に混ぜ込むと、すぐに黒く変色してしまい、繊細な香りも失われてしまいます。それを防ぐためにさっと炒めて用いるのが最大のおすすめポイントです。ビタミンも繊維質も豊富なレモンバームをたくさん食べてくださいね!

レモンバームのアジアンまぜご飯

レモンバームのアジアンまぜご飯

作り方

  • 3合の米を洗い適量よりすこし少なめの水に浸しておく。ここにココナッツパウダー大さじ1とナンプラー大さじ1+1/2を混ぜ入れて、炊飯器で炊き上げる。

  • ご飯が炊きあがる少し前に、フライパンにサラダオイル(大さじ1)をしき、千切りにしたしょうが(約大さじ1)を炒めて香りを引き出し、すぐに刻んだセロリの茎(1/2本分)と粗い千切りにしたレモンバーム(2パック分約30g)を加えてさっと炒める。レモンバームの色が濃いグリーンに変わったらすぐに火を止めて、フライパンの中身を皿にとる。

  • 炊きあがったご飯に2をさっくりと混ぜ合わせて器に盛り、クコの実を散らし、レモンの輪切りと飾り用に取りおいたレモンバームの葉をあしらう。

レモンバームのハニーティー

レモンバームの生葉のティーが好きなのですが、採れた時期によるのか、青臭さが気になることがあります。何かおいしくいただける方法はありますか?

明るい緑葉に触れたら清冽なレモンの香り。「メランコリーを取り去るハーブ」と呼ばれるレモンバームは、ぜひ生のままハーブティーに!レモンバームのティーには気持ちを明るく引き上げる作用があるとされ、食後に飲めば消化を助け身体を温めてくれます。
レモンバームの生葉だけで入れたティーも美味しいのですが、少し青臭さが気になる場合は、レモンとはちみつを加えた、甘くよりレモニーなティーにアレンジしてはいかがでしょう。はちみつの殺菌力とレモンのクエン酸で疲労回復も期待できそう!

  • レモンバームの生葉軽くひとつかみ分をティーポットに入れ、はちみつ大さじ2~3を加えてスプーンでレモンバームによくまぶす。

  • 1に沸騰したお湯600ccを加え、ふたをして5分ほどおく。

  • 2のポットににレモン汁約1/4個分を加えて混ぜ合わせる。

  • カップに注ぎ、レモンのスライス1/2枚ずつとレモンバームの葉を浮かべる。

レモンバーム乾燥法

市販されているレモンバームのティー(乾燥葉)を買いましたが、あまりレモンの香りがしません。レモンバームはやはり生葉を使わないと、おいしいハーブティーにならないのでしょうか?

確かにレモンバームのえも言われぬフレッシュな香りは生葉ならではもので、その精油成分は乾燥させると失われがちです。でも、家庭で摘みたてのレモンバームを乾燥させれば、驚くほどいい香りのドライハーブになります。ぜひ、お試しください。

レモンバームの乾燥法

レモンバームのアジアンまぜご飯

  • 枝ごとさっと洗い、ペーパータオルなどでそっと水気をとる。

  • 枝から葉をはずし、紙箱にペーパータオルを敷いた上に並べ、直射日光を防ぐために薄紙をかぶせて室内の風通しのいい場所で5~7日程度乾燥させる。日の当たる場所でも大丈夫なので、早く乾く場所に置きましょう。

  • 葉がパリパリに乾き、指で砕くとパリっと砕けるぐらいになったら乾燥終了。ガラス瓶やセロファン袋などに密閉して冷暗所で保存。 *冷蔵庫なら、半年程度はいい状態で保存できます。この乾燥方法は、ミント、パセリ、チャービルなど、葉の柔らかいハーブに適しています。パセリ、チャービルは枝と葉を分けて両方乾燥させましょう。

レモンバームのフレッシュドライティー

家庭で乾燥させたレモンバームティーをおいしくいれるポイントを教えてください。

家庭で乾燥させたレモンバームには、市販のものとはひと味違った素晴らしい香気とフレッシュな風味があります。それを最大限に生かすためにこんないれかたをお試しください。見た目もフレッシュハーブティーのようできれいですよ。

フレッシュドライティー

作り方

  • あらかじめ温めておいたガラスのカップにレモンバームの乾燥葉を約大さじ1杯入れる

  • 1に沸騰したてのお湯を注ぎ、スプーンで一混ぜし、ソーサーを伏せた状態でふたをして3分から5分ほどおいて蒸らす。

  • ソーサーにカップをのせていただきましょう。

レモンバームのアジアンまぜご飯

乾燥させたレモンバームはハーブティー以外に利用できますか?

家庭で乾燥させたレモンバームなら、レモンと山椒が混ざったような爽やかな風味があります。すり鉢で天然塩とすり合せるだけで、ホームメードのレモンバームソルトができます。ガラス瓶に入れて冷蔵庫に保存し、かけ塩として、カルパッチョや豆腐、生野菜、ゆで卵などにかけて使いましょう。

写真は、アボカドと絹ごし豆腐を盛り合わせ、レモンバームソルトとオリーブオイルをかけたものです。アボカドと豆腐のまろやかな風味をレモンバームソルトが引き立てて、おいしいオードブルができました。