つぶやき

四季とスパイス&ハーブ

ピンク・緑・オレンジ・白 … これは、私の抱く春・夏・秋・冬の色のイメージです。桜が咲き乱れる春、青々と緑が茂る夏、山がオレンジ色に染まる秋、空気が澄んで真っ白な雪がちらつく冬。子どもの頃にはあまり意識することはありませんでしたが、大人になった今、日本の四季の素晴らしさをしみじみと感じるようになり、季節を感じられる場所を積極的に訪れるようになりました。
そして最近、各季節に、なぜかついついヘビーユースしてしまうスパイス&ハーブがあることに気づきました。カルダモン・バジル・シナモン・ローズマリー、これがここ数年の、私の春・夏・秋・冬のスパイス&ハーブです。もともと大好きなカルダモンですが、今年も、春の訪れを感じるようになった頃から、普段に増して登場するようになっています。

特に活用機会が多いのが、朝食時とティータイム。朝食では、バタートーストやフレンチトーストにカルダモンとグラニュー糖を振ったり、カフェオレの仕上げにカルダモンの香りを添えたり、ヨーグルトに混ぜたり。カルダモンを効かせた手ごねパン作りを楽しんだりも(北欧パン“プッラ”は、カルダモン好きさんにおすすめです!作り方はこちら )。

また、ティータイムには、コーヒー、紅茶にカルダモンをサッとひと振り。休日には、カットしたりんごやバナナなどのフルーツをフライパンでソテーしてカルダモンを振り、デザートとして楽しんだりもしています。

さわやかなカルダモンの香りは、春の陽気とともに、うきうきとした気持ちを高めてくれているのでしょうか。もうしばらく、カルダモンを手放せない日々が続きそうです。