ハーブダイアリー

img_04_04

リースの季節

まだまだ寒い季節が続きます。12月~1月は、アロマセラピーとスパイスハーブを 組み合わせた講習会を企画しました。1つ目は「ホットワイン講座」です。アロマセラピーとは、エッセンシャルオイルを利用する療法ですが、ホットワイン作りの原材料、シナモン、クローブ、カルダモンはスパイスとして大変おなじみですね。ワインにオレンジやレモンの輪切りを加えるのですがこちらも同じくエッセンシャルオイルの材料です。アロマテラピーとスパイス、ハーブのお勉強を一緒に行うと、原材料の香り、精油の香り、そして完成品のホットワインの香りと香りの世界のバリエーションが広がります。さらに太田胃酸にもナツメグ、シナモン、フェンネルなどが芳香健胃薬として使用されていることなどを講習会で説明すると、ホットワインも胃腸に優しそうな気がしてまいりました。沢山香りを嗅いでしまうと当然お腹も空いてしまいます。講習会の最後にはハーブやスパイスを効かせたアミューズと組み合わせて、最後に受講生の皆さんと一緒に楽しくいただきます。いつの間にか心もからだもぽかぽかと温まり、会話も楽しく弾むのです。

リースの季節

材料(5~6人分)

  • ・赤ワイン・・・750ml
  • ・水・・・100ml
  • ・シナモンスティック・・・2本(砕く)
  • ・クローブ(ホール)・・・8個
  • ・カルダモン(ホール)・・・2個
  • ・レモンスライス・・・1/2個分
  • ・オレンジスライス ・・・ 1/2個
  • ・はちみつ・・・お好みで。目安は、大さじ4~5。
抹茶に練り梅を加える 
少量のお湯を加えて練り合わせる

作り方

  • 鍋にAの全ての材料を入れて、弱火で沸騰直前まで温めて、火を止める。30分~1時間置くと、ワインにより風味が付く。
  • 冷めてしまったら、再度温め直していただく。
レシピメモ
  • ・スパイスは、ホールが無ければ、パウダーでも作ることができます。
  • ・アルコールが適度に飛んで、飲みやすいカクテルに仕上がります。
  • ・アルコールが弱い方は、こちらに、オレンジジュースやリンゴジュースを加えても  美味しくいただけます。 アルコールが強い方は、こちらに、ブランデーやラム酒を  加えてお召し上がり下さい。

第二弾は、「冷え、むくみ解消のスパイスチャイ作り」、こちらの原料もシナモン、クローブ カルダモンと同じスパイスを利用しますが、冷え、むくみのメカニズムやアロママッサージでの 冷え、むくみに良い精油も一緒に勉強します。一般的に冷え、むくみに良い精油は、からだを温めるものを利用しますので、スパイス系+ローズマリーやジュニパーなどが最高です。アロマテラピーのケアとスパイスハーブのコラボレーションは、相乗効果ばっちりですので是非お試しください。

リースの季節

材料(5~6人分)

材料

  • ・シナモンスティック・・・2本(砕く)
  • ・クローブ(ホール)・・・6粒
  • ・カルダモン(ホール)・・・4~5粒
  • ・ジンジャー(パウダー)・・・小さじ1/2
  • ・牛乳・・・800ml
  • ・紅茶(茶葉が細かいもの)・・・小さじ4
  • ・ハチミツ(砂糖、黒糖など)・・・お好みで
抹茶に練り梅を加える 
少量のお湯を加えて練り合わせる
抹茶に練り梅を加える 
少量のお湯を加えて練り合わせる

作り方

  • 鍋に全てのスパイスを入れて、弱火にかける。
  • 水が沸騰したら紅茶を入れてかき混ぜ、火を止めて蓋をして5分置く。
  • 牛乳を加えて再び弱火にかけ、スプーンでかき混ぜる。周囲にプツプツと細かな泡がたってきたら火を止めて、茶こしを通してティーポットに注ぐ。
  • カップに注ぎ分けて出来上がり。甘みはお好みで。
レシピメモ
  • ・スパイスは、ホールがなければパウダーでも作ることができます。
  • ・ジンジャーは、生の生姜を数枚スライスして加えても美味しくできます。
  • ・牛乳は、必ず紅茶の茶葉が開いてから入れます。
  • “フルーツの香り入り”など香りが加えられたフレーバーティーは不向き

ホットワインもスパイスチャイも、からだを温め、免疫力を高め、殺菌、抗菌作用も得られるので、感染症の予防にもぴったりだと思います。良い香りと美味しさは素晴らしい妙薬と言えるのではないでしょうか。毎日の生活を快適に、楽しく豊かにさせる“香り”の世界は、本当に素晴らしいなあと思います。