アロマなキーワード精油図鑑

ベンゾインは安息香とも呼ばれます。ジャワ・スマトラ島など東南アジアが原産で、ミルラと同様に木の樹脂から精油を採取しますが、溶剤抽出法で採られます。非常に粘度が高いため、アルコールなどで希釈されているものが多いです。バニラのような甘い芳香を持ちます。この濃厚な温かみのある甘い香りが心を穏やかにすることから「安息」の香りといわれるのです。値段も比較的廉価です。
ベンゾインの精神面への働きは、深い悲しみや孤独、悩みを感じている時、その状態から脱出するための手助けとなってくれます。皮膚に対しても優れた作用があり、ひび、あかぎれのように荒れた状態やかゆみがある場合、オイル塗布やクリームなどでこまめにケアすると効果的です。呼吸器系に対しても働きかけ、風邪や気管支炎などの症状の改善に役立ちます。粘性が高いので、芳香浴などでは香りが広がりにくいかもしれません。クリームなどに加えて、胸元に塗布してもよいでしょう。
ブレンドには、甘い香りを活かせるものが合います。柑橘系のオレンジ、レモン、またはすっきりしたジュニパーやサイプレスも良いでしょう。ハーブ系ではラベンダーやメリッサなどもおすすめです。フローラル系にもよく合います。子供向けには、ラベンダーとカモミールローマンに安息香を加えるのがおすすめです。

ベンゾイン(安息香)
英名 Benzoin
学名 Styrax benzoin(スマトラ)/Styrax tonkiensis(シャム)
スチラクス ベンゾイン スチラクス トンキエンシス
科名 エゴノキ科
種類 高木
主産地 スマトラ、シャム、ジャワ、アジア熱帯地方
抽出法 揮発性溶剤抽出法
抽出部位 樹脂
ノート ベースノート
組成成分 マトラ安息香:ケイ皮酸エステル、バニリン
シャム安息香: 安息香酸エステル、バニリン

心に対する作用

鎮静、抗うつ、甘くやさしい気分にする、
神経の緊張やストレス軽減

からだに対する作用

抗炎症、消毒、止血
呼吸器系トラブル(気管支炎、咳、咽頭炎、声枯れ)

皮膚に対する作用

抗炎症、瘢痕形成、ひび、乾燥した皮膚、
あかぎれ、傷、皮膚の炎症、しもやけ

★注意事項

毒性・刺激ないが、過敏に反応する人もいる。