レモングラスとナンプラーで“煮込んで”東南アジア肉団子と春雨のタイ風スープ・レモングラス風味

“レモングラス蒸し焼きのたね”で作った、調味済みひき肉ミックスを“煮込んで”、あっというまにできるタイ風スープ。レモングラスの葉をスープにたくさん入れて、東南アジアフレイバーにしましょう。

(約4人分)
ハーブ&スパイス
食材
作り方
材料の準備
  • とっておきのハーブレシピ2の手順1で作った“調味済みひき肉ミックス”を団子状に丸めひき肉団子を作る。
  • 春雨を熱湯でもどし、食べやすい長さに切る。キャベツを一口大に切る。レモングラスは約5cmの長さにカットする。豆腐は1cm厚さの短冊切りにする。
手順
  • 鍋に6カップ(1200ml)の水を入れ、沸騰したら、手順1のひき肉団子を入れて湯がく。肉団子の中まで火が通ったら、器に取り出し、アクと油をすくい取る。
  • ひき肉団子を取り出した鍋の中にレモングラスを入れ、キャベツと春雨、鶏がらスープの素を入れて約5分間煮る。キャベツが柔らかくなったら、豆腐を入れ味見して、魚醤(ナンプラー)とさとうきび糖で味を調える。
  • 器に盛って、コリアンダーの葉(またはセロリの葉)をあしらい、好みであらびきのチリーペッパーを少々散らす。
レシピメモ
  • ・ドライ(乾燥)のレモングラスも使えます。フレッシュのレモングラスもドライのレモングラスも、細かく切りすぎると、スープを食べるときじゃまになるので、長めに切って入れましょう。器に盛る時に、多すぎるようなら取り出して。
  • ・砂糖を隠し味に加えることで、コクが加わります。