納得のハーブ情報

葉の乾燥方法

セージの葉を乾燥させてみたいのですが、きれいに仕上げるコツはありますか。

Answer
セージの葉は比較的水分が少ないので、乾燥させやすいハーブです。よく「小束にして吊るす」という方法が紹介されていますが、湿気の多い日本では束の芯が乾きにくく、カビや変色の原因となることも。 セージを収穫したら、さっと洗って水気をふき取った後にザルや紙箱にペーパータオルを敷いた上に広げて、室内のなるべく風通しのいい場所で乾燥させましょう。薄紙をかぶせて日の当たるところに置くのも一案。とにかく速やかに乾燥させるのが肝心です。カリカリに乾燥したらセロファン袋やガラスビンなどに入れて冷暗所で保存しましょう。

葉の乾燥方法葉の乾燥方法

セージのグリセリン美容液

セージの葉をグリセリン液に漬け込んで、美容液を作れると聞きました。作り方と使い方を教えてください。

Answer
グリセリンに摘みたてのハーブを漬けこんでグリセリン美容液を作ります。 希釈しない状態ならば常温保存できるので、そのまま化粧室に置いて、化粧水などに添加して使うと簡単。冬にむけてボディー肌の保湿をしっかりとして、しっとりバリアを作っておきたいものですね。
【材料(100mlのガラス瓶1個)】
・フレッシュハーブ セージ・・・ 約15枚
・植物性グリセリン ・・・ 100ml
・ガラス瓶 ・・・ 1個
*グリセリンは、石油由来の原料から合成されたものが主流でしたが、最近ではパーム油脂などを原料とした植物系のグリセリンも出まわるようになりました。できればそちらを使いたいところです。

【作り方】
1.セージは洗って水分をよく拭き取る。使用するガラス瓶はよく洗って、熱湯またはアルコールで消毒しておく。
2.ガラス瓶に用意したセージの葉を入れグリセリンを注ぐ。グリセリンから葉が出ないように中に入れる。
3.時々振り混ぜながら、常温の日の当たらない場所に約1ヶ月間おく。
【使い方】
ローズウォーターやラベンダーウォーターなどのフローラルウォーター、手持ちの化粧水やボディー用ローション、乳液、ヘアートリートメントなどに5%~7%の割合で混ぜ合わせて使います。5mlに対し5滴ぐらい混ぜると5%程度になります。竹ぐしなどを利用して滴下しましょう。
※注意 ・グリセリンは10%以上の濃度で使うと、反対に肌の水分を奪いやすくなることがあります。希釈して使いましょう。 ・原液は可燃性なので、火気の近くに置かないようにしましょう。 ・肌に付ける前にパッチテストをしましょう。肌に合わない場合は使用を中止してください。

セージのグリセリン美容液セージのグリセリン美容液

セージの歯磨き粉

セージの葉はに殺菌力があり、歯磨きに使えると聞きました。歯磨き粉のようなものは作れますか。

Answer
セージを使ってナチュラルな手作り歯磨き粉を作るのは簡単です。ヨーロッパで昔から歯磨きに使われていたというセージを使った手づくり歯磨き粉を作ってみましょう。セージを主体に、清涼感のあるペパーミントをブレンドしました。基材は自然塩と重曹ですので、優しくナチュラルに歯磨きができます。
【ナチュラルな手作り歯磨き粉の材料と作り方】
ドライのセージ2、ドライのペパーミント1、自然塩1、重曹(食品用)1/2を数字の割合で用意し、すり鉢や乳鉢で、なるべく細かくなるまですりつぶせばできあがり。
【使い方】
歯ブラシを濡らして、ナチュラル歯磨き粉をふりかけて使います。 *濡れた歯ブラシを容器に入れて粉を付けるのはやめましょう。

セージの歯磨き粉セージの歯磨き粉

葉のメタリックオブジェ

セージの葉の美しい葉脈が好きです。なにかセージの葉を使ったクラフトができないでしょうか。

Answer
セージの葉や厚みのある他のハーブの葉に、アクリル絵の具を塗り付けて乾燥させれば、素敵なオブジェになります。この写真では、キャンドルと一緒にアレンジしました。
作り方は簡単。葉脈がはっきりして厚みのあるハーブの葉(セージ、アップルゼラニウム、ローズゼラニウム、ミントなど)に、ゴールド、シルバー、ブロンズなどのアクリル絵の具を薄めず両面に塗ります。グリーン、赤、オレンジなどの色ものせるとおもしろいでしょう。そのままクッキングシートの上などで乾燥させます。
※キャンドルとアレンジする場合は、キャンドルの灯りが反射してきれいなので、メタリック系のカラーを塗りましょう。
*注意 お皿に水が張ってあるので比較的安全ですが、回りに紙製のものやカーテンなど燃えやすいものがないように注意。子供やペットの手の届かないところに置きましょう。

葉のメタリックオブジェ葉のメタリックオブジェ