アロマなキーワード精油図鑑

ギリシャ神話に登場する大神ゼウスは、ニンフ(妖精)の姉妹によって育てられます。姉が乳で、妹メリッサが蜜蜂の蜜で養ったことからそのニンフの 名前から命名されたと言われています。
アロマテラピーでは、慢性的なストレス症状に最も有効な精油として知られ、ストレスによる過敏性皮膚炎、過敏性腸症候群、うつ状態、アレルギーなど に適しています。甘い紅茶のような香りは、子供から高齢者迄、男女を問わず広く親しまれています。

フェイシャル用のブレンドオイルとして利用し香りの心理作用と皮膚に対しての作用を発揮させると良いでしょう。相性の良い精油は、ゼラニウム、 ラベンダー、フランキンセンスなどです。残念ながら組成成分の中ではアルデヒド類を多く含むために精油の酸化が早いという特徴があります。
早めに使い切るように心がけましょう。

英名 Melissa
別名 レモンバーム
学名 Melissa officinails
科名 シソ科
主産地 フランス、中央から南部ヨーロッパ
抽出法 水蒸気蒸留法
抽出部位 花と葉
ノート ミドルノート

心に対する作用

抗うつ、鎮静
ストレスが関係する頭痛、パニック、不安症、緊張

体に対する作用

抗アレルギー、血圧降下、鎮静、鎮痙、強壮
神経系に関係した消化器系トラブル、神経系に関係した
呼吸器系トラブル

皮膚に対する作用

皮膚の炎症、湿疹、虫刺され、アレルギー全般

★注意事項

若干の皮膚刺激性があるため濃度・使用量に注意しましょう。