アロマな毎日

涼をとるアロマ一覧

涼をとるアロマは、嗅いで涼しげ、重くなく、爽快感のある香りがおすすめです。
夏の季節に 使い回しのきく精油を表にまとめましたので参考になさってみてください。

精油名 香り表現 精油作用/用途 使用注意事項
ペパーミント 清涼感溢れる爽やかなミントの香り。
嗅ぐだけで体感温度が2℃下がるとか。
デオドラント、消化促進、鎮痛、集中力増進 妊娠、授乳期には使用できません。
メリッサ レモンとハチミツをあわせた紅茶の
ような香り。暑さのストレスを緩和します。
リラックス、鎮静 疲労回復、健胃作用
ティートリー すっきりとした爽やかなグリーン系の香り。
暑さでぼんやりした頭もすっきりします。
呼吸器系強壮、虫除け 去痰、筋肉痛、肩こり緩和、集中力増進 授乳期には使用できません。
ローズマリー 鼻に抜けるような爽快なハーブの香り。
疲れを払拭し、元気を与えます。
筋肉痛、肩こり緩和、疲労・倦怠感の回復、 集中力増進、消化促進 高血圧症、癲癇、妊娠、授乳期には 使用できません。
レモングラス フレッシュなレモンの香りは気分転換にぴったり。
クールな気分をキープします。
消化器系強壮、気分高揚、リフレッシュ  虫除け 皮膚刺激性があるので多量に使用しない。
サイプレス 森林浴系気分のウッディな香り。
汗を抑え、デオドラントに役立ちます。
収斂、デオドラント 疲労回復、精神安定、むくみ軽減
フランキンセンス 樹脂系の落ち着いたお香の香り。精神を
研ぎ澄まし、気分一新に役立ちます。
皮膚活性、収斂 精神安定、スキンケア
ラベンダー フローラルハーブの優しい香り。リラックスと回復に役立ちます。 皮膚活性、リラックス
疲労回復、安眠誘導、スキンケア
ゼラニウム グリーンハーバル系のフレッシュな香り。
心とからだのバランスを整えます。
精神安定、疲労回復 虫除け、スキンケア

アロマ実践

涼を感じながら心身を整えましょう。アロマが不調を払拭し、元気を取り戻してくれるはずです。

涼をとるレシピ1

涼をとるアロマスプレー

涼を取りながら暑さによる疲労、倦怠感を払拭します。ハンディサイズで作成して いつでもどこでも気分良くシュッと香りをまといます。涼を取ることと、自身に必要な要素をプラスしてみましょう。紫外線が強い季節です。光毒性のある柑橘系精油を身につけないほうがよいでしょう。

【材料(1回分)】
  • ・無水エタノール・・・5ml
  • ・精油・・・全部で10滴
  • ・精製水・・・45ml
  • ・計量ビーカー・・・50ml
  • ・50mlスプレー容器・・・1本
【レシピ例】
  • ・清涼感と疲労回復・・・ペパーミント3滴+フランキンセンス3滴+サイプレス4滴
  • ・爽快感と消化機能向上・・・ペパーミント4滴+ローズマリー4滴+メリッサ2滴
  • ・清涼感と虫除け・・・ペパーミント3滴+ゼラニウム5滴+レモングラス2滴
【作り方】
  1. 1.無水エタノール5mlをビーカーで計量し、スプレー容器に入れます。
  2. 2.好みの精油を全部で10滴になるようにスプレー容器に滴下し、よく振り混ぜ合わせます。
  3. 3.精製水45mlを計量し、2を加え、さらによく振り混ぜ合わせて完成です。
【使用方法】
  • ・ いつでも携帯して、気分を変えたいとき、涼をとりたいときに、シュっと一拭き首筋や胸元、 膝下などに顔を避けてスプレーをします。ミントがひんやり爽快感を与えてくれます。
  • ・ 作成した涼アロマスプレーは、大体1ヶ月以内に使い切るように心掛けましょう。

涼をとるレシピ2

涼をとるバスグッズ

シャワーや沐浴の頻度が高まる時期ですね。シャンプー、リンス、ボディーソープなどに涼アロマを加えてみましょう。シャンプー、リンスは無香料のものを購入します。

【材料】
  • ・シャンプー基剤(無香料)・・・200ml
  • ・リンス基剤(無香料)・・・200ml
  • ・ボディーソープ基剤(無香料)・・・200ml
  • ・精油・・・それぞれの基剤に対し10~15滴
【レシピ例】
  • ・頭皮爽快、育毛増進(シャンプー、リンスに)・・・ペパーミント5滴+ティートリー5滴+サイプレス5滴
  • ・疲労回復、スキンケア(ボディーソープに)・・・ペパーミント2滴+ラベンダー5滴+ティートリー3滴
  • ・気分リフレッシュに(ボディーソープに)・・・ペパーミント2滴+スイートオレンジ6滴+ゼラニウム2滴
【作り方】
  1. 基剤用のシャンプー、リンス、ボディーソープは、無香料で添加物の少ないものを選びます。
    200mlの基剤に対して、好みの精油を10~15滴加え、よく振り混ぜて完成です。とても簡単。
【使用方法】
  1. ・ シャンプー、リンス、ボディーソープは、良く泡立てて、皮脂汚れを落としましょう。
  2. ・ ミントが加わるとスッキリ爽快です。

涼をとるレシピ3

涼をとるデオドラントボディパウダー

爽やかな香りのボディーパウダーは、ニオイのエチケットに役立ちます。作り方も簡単ですので、 是非多めに作りおきしてください。

【材料】
  • ・コーンスターチ、カオリン、ベビーパウダー、シッカロールなどのパウダー・・・50g
  • ・50g蓋の閉まる容器・・・1本
  • ・精油・・・10滴
【レシピ例】
  • ・足、わきの下のデオドラント・・・ペパーミント3滴+サイプレス4滴+ティートリー3滴
  • ・首筋、デコルテ、膝裏デオドラント・・・ペパーミント3滴+ラベンダー4滴+メリッサ2滴
  • ・お子さん、ペットのブラッシング用デオドラント・・・ティートリー3滴+ラベンダー7滴
【作り方】
  1. 1.パウダーを保管する容器に50g計量します。
  2. 2.好みの精油を10滴加えます。
  3. 3.よくパウダーと精油を混ぜ合わせて完成です。
【使用方法】
  • ・ お風呂上がりにデコルテ、首筋、胸部、わきの下にパウダーを塗布します。汗を押させてさらさらなお肌になり ます。 
  • ・ 外出前に足の指間、足裏にパウダーを擦り込んでからストッキングや靴下を履くと足が蒸れません。
  • ・ ワンチャンに、パウダーを振りかけてブラッシングを行うとニオイやダニを抑制し、くし通りがなめらかになり ます。
  • ・ベビーパウダーとして使用される場合は、ラベンダーのみを加えます。おむつかぶれ、あせもの予防に 役立ちます。

アロマは、涼をとりながら、さまざまな機能を発揮して、暑い毎日を快適なものに変えてくれますよ。どうぞご活用ください。