TOP

おいしくクイックハーブ ヘルシー!おいしい!うれしい!

【おいしくクイックハーブ】では毎回1種類の「食べておいしいハーブ」をピックアップし、そのハーブの納得情報や育て方を解説します。メインは、《ベジ》《缶詰》《調味料》の月替わりテーマでトライする、簡単なおいしいハーブ料理。《やさしいハーブ ヒントレシピ》でも楽しいレシピをご紹介します。

育てて使う入門はローズマリーから

育てやすくて、いろいろな使い道のあるローズマリーは、ハーブ生活を始めるときにぜひ選びたいハーブです。

【今月のおいしいハーブ】ローズマリー

別名:マンネンロウ / 学名:Rosmarinus officinalis / 分類:シソ科マンネンロウ属 / 高さ:樹高30cm~1.5m / 花期・不定期(秋~春が多い) / 性質:常緑小低木・半耐寒性

針葉樹のようなすがすがしい葉の独特の香りが豚肉、牛肉やラム肉などの肉料理やイワシやサバなどの魚料理に合います。トマト、ニンニクとも相性が良く、イタリア料理に欠かせません。ティーには強壮、循環促進、神経の調和作用がありますが、作用が強いので適量を短期間の飲用にしましょう。
葉には殺菌・抗酸化作用があり、外用にもできます。濃い浸出液をシャンプー後のリンスに使うと、ふけを防ぎ髪の毛を健康でつややかにするのに役立ちます。リンゴ酢につけたローズマリービネガーは、ドレッシングなどに最適ですが、薄めたものをヘアーリンスにしたり、お風呂に入れても効果的です。

【レシピ1】ローズマリー風味でツナ缶もイタリアンに「香ばしツナ缶の香味野菜サラダ」

いつも常備しているツナ缶。サラダや炒めものに使いますが、ツナの匂いが気になることがあります。今回のレシピは、ツナ缶をローズマリーと一緒にカリッとするまで炒めて味付けしたものをドレッシング代わりのトッピングにして、スライスした香味野菜にのせたものです。ツナの水っぽさがなくなって、香ばしくておいしい!

材料(4人分)

Herb&Spice
  • フレッシュハーブ ローズマリー ……… 3枝(10cm程度の枝先)
  • ブラックペッパー ……… 少々

フレッシュ(生)のハーブS&Bでも取り扱っています。
※スパイスはS&Bでも取り扱っています。

食材
  • ツナ缶 ……… オイル漬けの缶詰 約160g
  • セロリ ……… 1/2本(100g)
  • にんじん ……… 1/2本(100g)
  • 大根 ……… 1/4本(250g)
  • 玉ねぎ ……… 1個(130g)
  • レモン ……… 1/2個
  • しょうゆ ……… 小さじ1

材料


作り方

材料の準備
  1. セロリ、大根、にんじん はピーラーで皮をむいたあとで、さらにピーラーで薄くスライスする。それらを氷水にパリっとするまでつけて、ざるで水気を切った後、ペーパータオルでしっかりと水気をとる。
  2. 玉ねぎは皮をむいて薄くスライスする。レモンはあしらい用に数枚分薄切りにし、残りはそのままとっておく。
手順
  1. 最初にトッピングングを作る。フライパンにツナ缶をオイルごと入れてローズマリーを加え、ツナの表面がカリッとするまで炒める。最後にブラックペッパーとしょうゆで味付けをする。
  2. 1にスライスした玉ねぎを加えて、さっと炒め合わせ皿にとる。これでトッピングが完成。
  3. 準備しておいた野菜をふんわりと皿に盛り、2のトッピングをのせる。
  4. 薄切りのレモンをあしらい、残りのレモンを絞ってかける。

レシピメモ

  • ツナは少しカリッとするぐらいまで炒めるのがコツ。あとでドレッシング代わりにサラダのトッピングにするので、しょうゆとブラックペッパーで濃いめに味を付けましょう。
  • ピーラーでスライスした野菜は、氷水につけておく時間が長過ぎるとビタミン類が失われてしまうので、パリっとしたらすぐに取り出すのを忘れずに。
  • 盛り付けた野菜にトッピングとレモン汁をかけるのは、食べる直前にしましょう。早くからのせておくと野菜がしんなりとしてしまいます。

氷水にセロリをつける

ブラックペッパーを入れる

玉ねぎを加えて炒める

盛りつける


【レシピ2】ふんわり長芋のヘルシークリームソース風「さば味噌煮缶で長芋&マヨネーズグラタン」

さば味噌煮缶は、栄養価が高くておいしく、しかも安価なので、これも常備したい缶詰です。ざっとほぐしたさば味噌煮缶に、おろした長芋と、マヨネーズとねぎを混ぜ合わせた和風ホワイトソースをかけて、トースターでこんがり焼くと、ご飯に合う、ヘルシーグラタンのできあがり!熱々をいただきましょう。

材料(4人分)

Herb&Spice
  • フレッシュハーブ ローズマリー ……… 小さじ2(細かいみじん切り)
  • 七味唐からし ……… 少々
  • しょうが ……… 大さじ1(みじん切り)

フレッシュ(生)のハーブS&Bでも取り扱っています。
※スパイスはS&Bでも取り扱っています。

食材
  • さば味噌煮缶 ……… 適当量。目安185g(固形分135g)
  • 長芋 ……… 10cm(直径6cm程度のもの)
  • 万能葱 ……… 大さじ2(小口切り)
  • ミニトマト ……… 10個
  • しめじ ……… 1パック(約100g)
  • マヨネーズ ……… 大さじ1

材料


作り方

材料の準備
  1. さば缶を開けて身だけを取り出し、細かくしすぎないよう粗くほぐす。
  2. しめじは石づきをとり、半分の長さに切る。 ミニトマトは、へたを取り、半分に切る。しょうがとねぎをみじん切りにする。ローズマリーはごく細かいみじん切りにする。
  3. 長芋は皮をむいてすりおろし、刻んだねぎとマヨネーズを加えて混ぜ合わせてソースを作る。
手順
  1. ほぐしたさば缶の中身とローズマリー、しょうがを混ぜる。
  2. 耐熱皿に1とミニトマト、しめじを入れ、軽く混ぜ合わせる。
  3. 2の上に長いものソースをかける。
  4. 250℃で余熱しておいたオーブンで約15分、ソースの表面が色付くまで焼く。
  5. 仕上げに七味唐からしをふりかける。

レシピメモ

  • ローズマリーは洗った後水分をよく拭き取り、乾いたまな板の上で、よく切れる包丁で手早く、細かいみじん切りにします。あくが出やすいので、準備の作業の最後にしましょう。
  • 味見をして、味が薄いようだったら、食べる前にソースの上から塩少々を振りかけて調えます。さば缶の味付けはそれぞれ違うので、加減しましょう。

切り方

すりおろした長芋に、ねぎとマヨネーズを入れる

さば缶とローズマリー、しょうがを混ぜる

1としめじ、ミニトマトを器に入れる

器の材料にすりおろした長芋をかける


▲pagetop

【やさしいハーブヒントレシピ】ローズマリーのラッキーチャームで賢くなる?「記憶力増強サシェ」

ローズマリーは古くからヨーロッパで、「記憶を司るハーブ」とされてきました。近年の研究で、ローズマリーの香りには実際に記憶力を高める作用があるらしいということが明らかになり、昔の人の知恵は素晴らしいと感心します。
ローズマリーの生葉には、精油とは違った新鮮でスピリチュアルな香りがあります。ネックレスのように身につけたら、仕事もはかどりそうな予感!

材料(4人分)

Herb&Spice
  • フレッシュハーブ ローズマリー ……… 適量

フレッシュ(生)のハーブS&Bでも取り扱っています。

食材
  • ひも ……… 約50cm
  • 手芸用ワイヤー ……… 適量

材料


作り方

  1. ローズマリーの枝先を数本絡め合わせて輪を作り、ワイヤーで留める。
  2. ひもを通してネックレスにする。

ローズマリーで輪を作る

ひもを通す


▲pagetop

ガーデニングに挑戦!

日本の夏の暑さにも冬の寒さにも比較的強いローズマリーは、
初心者でも育てやすいハーブ。お料理に美容にと、いろいろと使えます。

苗の選び方

ローズマリーには、立性、匍匐性、半匍匐性があります。 花色は濃いブルー、淡いブルー、ピンク、白などがあります。植える環境や庭のデザイン、利用目的を考えて苗の種類を選ぶといいでしょう。葉の香りも多少異なるので、料理に使う場合は、葉の香りをかいで、マイルドなものをセレクトしましょう。

植え付け

苗を植えるのが一番簡単。定植は、5月に入って遅霜の心配がなくなってから日当たりと水はけの良い場所に。
苗の定植時に有機配合肥料などの元肥を土に埋め込み、花の咲いた後に追肥をやる程度で十分です。乾燥にも強く育てやすいハーブですが、夏の暑さと湿気に弱いので、風通しのいい、とくに水はけのいい場所に植えるようにしましょう。
土の上に直接鉢を置く場合、鉢の中にアリが巣を作り、急に枯れてしまうことがあるので注意しましょう。

水やり

鉢植えの水やりは、土がすっかり乾いてから十分に。水のやり過ぎに注意しましょう。土に赤玉土やパーライトを混ぜて水はけをよくすると丈夫に育ちます。

夏越し

梅雨や秋の長雨の前に混み合った枝を剪定しましょう。木が大きくなってからの植え替えは、枯らす可能性が高くなります。

冬越し

暖かい地域ならば容易に冬越しができます。寒い地域での庭植の場合は、株元に腐葉土や敷きわらなどで防寒のマルチをすると安心です。寒さの厳しいところでは、鉢植えにして、鉢を日当たりのよい軒下に移動するといいでしょう。コンクリートやタイルの上に直接鉢をおかずに、木のすのこや段ボール、レンガなどを鉢の下に置いて、寒さで根が傷むのを防ぐ工夫も有効です。

収穫方法

葉を使う場合は、枝ごと切りとって、茎から葉を外して使います。柔らかい枝先は、そのまま使えます。
乾燥させる場合は、茎ごと乾燥させてから葉を外すと簡単です。

▲pagetop

【文・スタイリング・制作】榊田千佳子 【撮影】タケダトオル、榊田千佳子 【制作協力】吉田雅紀子