TOP

おいしくクイックハーブ ヘルシー!おいしい!うれしい!

【おいしくクイックハーブ】では毎回1種類の「食べておいしいハーブ」をピックアップし、そのハーブの納得情報や育て方を解説します。メインは、《ベジ》《缶詰》《調味料》の月替わりテーマでトライする、簡単なおいしいハーブ料理。《やさしいハーブ ヒントレシピ》でも楽しいレシピをご紹介します。

葉に触れると爽やかな風 香りが命のミント

一番名前が知られていてレストランなどでよく使われるハーブながら、使い道は限定されがちなミント。ほんの一枝添えられているだけで、ハーブらしい姿とすばらしい香りで存在感を示すミントの魅力を再チェック!

【今月のおいしいハーブ】ミント類

学名:Mentha spp. / 分類:シソ科・ハッカ属 / 高さ:草丈20〜50cm / 多年草/開花期:8月〜9月 / 性質:耐寒性

すっきりとしたメントールの香りが特徴的なミント。葉と花の爽やかな香りと清涼感のある風味を生かし、料理や菓子のアクセントに使われます。フレッシュな生の葉が特に好まれるハーブです。葉にそっと触れるだけで鮮やかに広がる香りが最大の魅力。
ハーブティーは生葉と乾燥葉、それぞれのおいしさがあります。生葉のある季節には、ぜひフレッシュハーブティーを楽しみましょう。
品種によって葉の色や形、香りが多少異なりますが、どの種類にも消化促進と腸内ガスを減らす作用があります。さらにペパーミントには殺菌・坑ウイルス・発汗作用があることが知られています。

【缶詰料理レシピ1】サーディン缶詰とミントでエキゾチック「オイルサーディンとミントのエスニックオードブル」

オイルサーディンの缶詰を旨味の溶け込んだオイルごと使った、ミントの効いた簡単エスニックオードブル。缶を開けてから10分ほどで作れるスピード料理。ビールやワインのお伴にもぴったりです。

材料(2人分)

Herb&Spice
  • フレッシュハーブ スペアミント ……… 約2/3パック(約20枝/10g)
  • チリーペッパー ……… 少々
  • ブラックペッパーあらびき ……… 少々

フレッシュ(生)のハーブS&Bでも取り扱っています。
※スパイスはS&Bでも取り扱っています。

食材
  • 紫玉ねぎ ……… 小1/2個(100g)
  • プチトマト ……… 6個(80g)
  • セロリ ……… 小1本(50g)*葉も使う
  • オイルサーディン ……… 1缶(110g)
  • ナンプラー ……… 小さじ2
  • レモン ……… 1/2個

材料


作り方

材料の準備
  1. スペアミントはさっと水洗いし、枝から葉を はずす。
  2. 紫玉ねぎは皮をむき、薄切りにして約10分ほど水にさらす。プチトマトはへたをとり1/4に切る。セロリは、筋をとり、適当な大きさの薄切りにする。レモンは1/2個のうち、飾り用にくし形1個分を切りとっておき、残りは汁をしぼる。
手順
  1. オイルサーディンの缶を開け、準備2のレモン汁を混ぜ入れる。
  2. ボウルに準備した野菜類をすべて入れ、1のオイルサーディンを缶の汁ごと加える。
  3. ナンプラー、チリーペッパー、ブラックペッパーのあらびきを加えて、さっくりと混ぜ合わせる。

レシピメモ

  • 食べるときに、添えたレモンを好みでしぼってかけるとより爽やかな風味。
  • ナンプラー、チリーペッパー、ブラックペッパーは好みで量を加減しましょう。
  • 材料を和えて味付けした後は水が出やすいので、食べる直前に混ぜ合わせるのがコツです。
  • スペアミントの代わりに、ペパーミントを使うとより清涼感のある味になります。

玉ねぎをさっと水にさらす

野菜類を加え、オイルサーディンも混ぜる

ナンプラー、スパイスを加えて、さっくりと混ぜ合わせる


【ベジ料理レシピ2】缶詰の黄桃がミントでエレガントに変身「黄桃とペパーミントのデザートアイスクリーム」

市販のアイスクリームに缶詰の黄桃とペパーミントの葉を混ぜ入れただけの簡単デザート。トッピングにピンクペッパーを振ってコントラストを鮮やかにしました。バニラアイスクリームに甘酸っぱさとミントの風味が加わり、おしゃれなデザートになりました!

材料(2人分)

Herb&Spice
  • フレッシュハーブ ペパーミント ……… 約5枝
  • ピンクペッパー ……… ひとつまみ

フレッシュ(生)のハーブS&Bでも取り扱っています。
※スパイスはS&Bでも取り扱っています。

食材
  • アイスクリーム ……… 約1カップ
  • 黄桃 ……… 2切れ(約100g)
  • ラム酒 ……… 小さじ1

材料


作り方

材料の準備
  1. 缶詰の黄桃は一切れを飾り用の薄切りにする。残りの一切れは約1cmに刻む。
  2. ペパーミントは枝先を飾り用に2つとっておき、残りは枝からはずして粗く刻む。
手順
  1. アイスクリームをボウルに入れ、練って柔らかくする。
  2. 1に刻んだ黄桃、ペパーミント、ラム酒を入れ、軽く混ぜ合わせる。
  3. 2をもう一度冷凍庫に入れて固める。
  4. 3が適度に固まったら器に盛って、とっておいた黄桃の薄切りとミントの枝先をあしらう。その上からピンクペッパーをあしらう。

レシピメモ

  • アイスクリームはサラッとした食感のものが合います。
  • ラム酒の代わりに、ブランデーやキルシュでもいい。
  • ミントはペパーミント以外に、スペアミントもおいしい。
  • 果物は黄桃以外に生のマンゴーやパイナップルなど、南国系のフルーツがミントに合います。

黄桃を刻んだところ

ミントを刻んだところ

柔らかくしたアイスクリームに材料を混ぜる


▲pagetop

【やさしいハーブヒントレシピ】おなじみのウーロン茶に爽快なミントのフレーバー「ミントとウーロン茶の食後ティー」

ウーロン茶とペパーミントの生葉をいっしょに入れたフレーバーティー。ウーロン茶の味わいを損なわず、食後のお口もお腹もすっきりとさせてくれるティーです。ウーロン茶の脂肪を消化する作用と、ペパーミントの消化促進作用も役立ってくれそうです。

材料(2人分)

Herb&Spice
  • フレッシュハーブ ペパーミント ……… 約5〜10枝 *量は好みで増減しましょう。

フレッシュ(生)のハーブS&Bでも取り扱っています。

食材
  • ウーロン茶葉 ……… 小さじ2弱
  • 水 ……… 400cc

作り方

手順
  1. ペパーミントは水洗いし枝先を2つ、飾り用に取りおく。ティーポットまたは急須に熱湯を入れて温めておく。お湯をすて、ウーロン茶の茶葉とペパーミントの枝を入れる。
  2. 1のポットに沸騰したての熱湯を注ぎ、すぐにふたをしてウーロン茶の茶葉が開くまで3分ほどおく。
  3. 温めたカップにそそぎ、取りおいたミントの葉を飾る。

レシピメモ

  • 生葉に替えて乾燥葉のペパーミントを使う場合は、小さじ1杯程度のドライペパーミントを使います。
  • アイスで飲む場合はお湯の量を少な目にし、蒸らす時間も5〜7分にして、しっかりと味をひき出しておき、グラスに入れた氷の上に一気に注ぎましょう。

材料

葉っぱが開いたところ


▲pagetop

納得のハーブ情報

【情報その1】ミントの種類

ミントにはたくさんの種類があると聞きました。
どんな種類があって、どのように選んだらいいのでしょうか?

A. ミントにはたくさんの種類があります。香りと風味の好みで選びましょう。
写真は左から、スイスリコラミント、ハッカ、アップルミント、ブラックペパーミント、レモンミント、オーデコロンミントです。

メントールNo.1 - ハッカ

メントールNo.1は日本原産のミント、ハッカ(薄荷)です。乾燥したハッカの荷がたいへん軽いために薄荷と呼ばれたそうです。ペパーミント類にもメントールが多く含まれます。ハッカはパパーミントよりも甘みがあり、すきっと目の覚めるような香りはハッカならではのもの。真夏の花が咲く頃が香りもピークになります。

マイルド - アップルミント

この中で香りが一番マイルドなのがアップルミント。やわらかで優しい香りで、ハーブ全体が柔らかい毛で覆われているのが特徴です。優しい姿ですが、ミントの中で一番丈夫で虫も付きにくい種類です。
アップルミントが斑入りになった種類がパイナップルミントです。マイルドタイプは他に、スペアミントが代表的。スペアミントは料理に使いやすいミントです。

ワイルドNo.1 - ブラックペパーミント

紫がかった茎にしっかりとした厚みの葉をつけるミント。メントールの含有量も多く、ピリッとした香りが特徴。品種名ではキャンディーミントもブラックペパーミントの仲間です。

姿は優しく刺激は強い - ホワイトペパーミント

茎が緑色で葉が薄いタイプのペパーミントはホワイトペパーミントと呼ばれます。スイスリコラミントはこの仲間です。ホワイト系はスッキリと雑味のない香りですが、ブラック系と比べると性質が弱く高温期に枯れてしまったりします。

エレガント - オーデコロンミント

ハーブティーや料理にはどちらかというと合わないようですが、ラベンダーに似たすばらしい香りのするミントがオーデコロンミント。メントールも少なく、優しく香水のような香りです。お風呂に入れたり、ポプリやサシェ(香りの小袋)にしたりして使います。ジンジャーミントもエレガント派ではないでしょうか。

*注意事項

含まれている成分から、「ペニーローヤルミント」をハーブティーとして飲むこと、または料理に使う事は避けてください。かわいい姿をガーデンプランツとして楽しみましょう。

【情報その2】ミントの花

ミントの花はどんな花ですか?

ほとんどのミントの花は、6月の終わりごろから8月頃に花を咲かせます。花は写真のスペアミントの花のように、てっぺんに穂状の白やピンク、淡い紫色の花を咲かせます。ペパーミント、アップルミントなどもこのタイプです。オーデコロンミントのように、穂状ではなく丸い花を咲かせる種類もあります。または、ハッカやペニーローヤルミント、ジンジャーミントのように、枝別れして葉腋に輪状に咲くものもあります。

【情報その3】挿し木

ミントは挿し木で増やせますか?その方法は?

A. ミント類はおそらく最も挿し木で増やしやすいハーブだと思います。ミントの小枝をコップの水にさしておくだけで、3日ほどしたら発根してきます。十分に発根したら、植木鉢やプランターに植えましょう。
ミントは種類だけでなく、株それぞれの個体にも香りの差があります。好みの香りのミントが見つかったら挿し木用に小枝をいただいて、挿し木にしましょう。

【情報その4】乾燥のさせ方

ミントが繁って来たので、収穫して乾燥させようと思います。効果的に乾燥させるコツは?

ミントは乾燥しても香りが失われにくいので、乾燥保存に適したハーブです。ただし太い茎の部分に水分を多く含むため、枝ごと乾燥させると茎の部分がなかなか乾燥しません。そうして長期間乾燥させていると、せっかくカリッと乾いた葉の部分も色や香りが失われてしまいがちです。

《ミントの乾燥保存》
  1. ミントを収穫したら、まずさっと水で洗って汚れを落とし、ふきんなどで水気をとる。
  2. 茎から葉をはずし、紙箱やざるの上に並べて日の当たらない風通しのいい室内で乾燥させる。
  3. かりかりに葉が乾いたら、ガラス瓶やセロファン袋に入れて冷暗所で保存しましょう。

【情報その5】ミントのおしぼり

ミントの食用以外の利用法を教えてください。

ミントの香りを生かして、冷たく爽やかなおしぼりのアイディアはいかがでしょう。作り方は簡単です。

  1. ミントはおしぼりの大きさよりも少し短くカットして、水で洗う。
  2. おしぼりを水にひたしてから、ちょうどいい固さにしぼる。
  3. 1のミントを2のおしぼりに巻き込む。枝先は外に少し出しておきましょう。あとはビニール袋などに入れて冷蔵庫で冷やしておくだけです。

暑い日は冷やしおしぼりもいいのですが、ホットおしぼりも簡単に用意できます。ミントをおしぼりに巻き込んだ後ラップフィルムに包んで電子レンジに軽くかけると、熱々のミントおしぼりになり、また違った魅力!すぐに香りと色が失われるので、使用する直前にチン!しましょう。

【情報その6】ミントのドリンク

ハーブティー以外にミントを飲み物に使いたいのですが、簡単に利用できるものはありますか?

A. 暑い季節には、清涼感のあるミントの冷たいドリンクがいいですね。まずは定番「モヒート」をマスターしましょう。
ミントのモヒートはキューバのハバナが発祥のモヒート。ミントの清涼感を最高に味わえるクールドリンクです。ラム酒なしでノンアルコールにしてもおいしい飲みものになります。作り方は簡単です。

《ミントのモヒート》
■材料(200mlのグラス1杯分)
  • スペアミントの生葉(ペパーミントでもいい) ……… 約30枚
  • さとうきび糖 ……… 約大さじ1
  • ライム ……… 1/3個
  • ラム酒 ……… 25ml
  • ソーダ ……… 約100ml
  • 氷 ……… 適量
■作り方
  1. ミントの葉をグラスに入れ、さとうきび糖を加えてスプーンや小さいすりこぎで混ぜながらつぶす。
  2. 1にライムを搾り入れ、ラム酒と氷を加える。ノンアルコールにする場合はラム酒を省く。
  3. .最後にソーダを注ぎ入れてよくかき混ぜ、ミントの葉をあしらう。

*ライムの代わりにレモンでもOK。砂糖の量やソーダの量は好みで加減しましょう。

【情報その7】緑茶とミントのアイスティー

ミントが苦手な人でも好きになるようなミントティーはありますか?

それならば、緑茶を入れたところにペパーミントやスペアミントの葉を少量加えた、ミントフレーバーのアイスティーをお試しください。緑茶の渋みにミントの香りが意外にぴったり。ホットでもおいしいティーです。
作り方は簡単です。ポットやピッチャーに緑茶適量とミントの葉を好みの量入れ、沸騰してから少し冷ました熱湯を注ぐ。すぐにふたをして3分ほど待つ。ホットはこれでできあがり。
アイスティーにするときは、緑茶を多めに入れて、濃い目のティーをいれ、グラスいっぱいに入れた氷の上から注いで一気に冷たくします。仕上げにミントの葉をあしらってできあがり。


▲pagetop

ガーデニングに挑戦!

初心者でも育てやすい元気なハーブ。

種まき・植え付け

種まきは可能ですが、発芽して育った苗は香りに個体差が大きいようです(つまり、香りのいいものも悪いものも生えてくる)。またミント同士はたいへん交雑しやすいという難点も。初めは、苗を買ってきて育てるほうがいいでしょう。

挿し木

水を入れたコップに挿しておくだけで、1週間ほどで発根します。発根したら土に植え替えるだけ。挿し木でどんどん増やせます。

元気すぎて、はびこるのに注意!

強健なので土壌を選ばず、日当たりのいい場所でも半日陰でも良く育ちますが、反面はびこりやすいので、ガーデンが広くない場合、地植えはあまり勧められません。
地植えにする場合は、花壇のように場所を限って植えたり、農業用ビニールなどで土中に仕切りをするなどの工夫が必要。鉢植えやプランターで育てるのが安心です。 ただし・・・、ランナーで増え広がる性質上、鉢やプランターではのびのび育たないのも現実。環境に合わせて育て方を選びましょう。

▲pagetop

【文・スタイリング・制作】榊田千佳子 【撮影】タケダトオル、榊田千佳子 【制作協力】吉田雅紀子、吉川和美