home

今月のおいしいハーブ くらしに香りを!ハーブレシピ

【今月のおいしいハーブ】では、毎回1種類の「食べておいしいハーブ」をピックアップして、そのハーブの面白情報や育て方を解説。《10分レシピ》 では今月のハーブを使って簡単にできるおいしいレシピをご紹介します。《お楽しみ応用レシピ》ではクッキングだけでなく今月のハーブで作れる楽しいレシピをご紹介!毎月ひとつずつのおいしいハーブと親しくなれるページです。

太陽を求めて咲く明るくやさしい「カレンデュラ」

カレンデュラは別名ポットマリーゴールド。日本では「きんせんか」という名で、観賞用の花として親しまれています。実は素晴らしい力を秘めたハーブ、カレンデュラの魅力に迫ります!

今月のおいしいハーブ【カレンデュラ】

別名:ポットマリーゴールド / 学名:Calendula officinalis / 分類:キク科・キンセンカ属 / 高さ:草丈30cm〜50cm / 1年草/開花期:2月〜5月 / 性質:半耐寒性

日本ではキンセンカという名で親しまれているポットマリーゴールドは、早春から咲き始め、花期が長く育てやすいので花壇の花に最適。一重と八重花があり、花色も濃いオレンジから黄色がかった色合いまでバリエーションがあります。
ポットマリーゴールドという呼び名も一般的ですが、ヨーロッパではカレンデュラとも呼ばれ、古代ローマ時代から花や葉が料理や薬用に利用されてきました。ローション、クリーム、シャンプー、練り歯みがきなどに幅広く使われています。
ほんのり甘みのある花びらは生のままサラダに散らしたり、ケーキに焼き込んだりするときれいな色合いでおいしい!市販のケーキミックスを使ったり、ホットケーキのたねに混ぜ入れて焼くだけでも楽しめます。
花弁のティーには収れん、殺菌、消炎作用があり、消化不良などの症状を和らげるとされます。生でも乾燥でも利用可能。葉もハーブティーにできます。ティーはまた肌の調子を整えるスキンローションや、地肌を健康にするヘアリンスに用いることができます。
*妊娠中はティーの服用を避けましょう。

【おいしい10分レシピ】カレンデュラとオートミールのハーバルスープ

普段あまり料理に使うことのないカレンデュラとオートミールですが、どちらもくせの無い味と香り、しかも身体にとってもいいのでスープにしたらおいしいに違いない!と直感して作ってみたスープ。思ったとおり、優しい優しいお味で食べると身体も心も癒されるようです。

材料(たっぷり2人分)

Herb&Spice
  • カレンデュラ ……… 乾燥した花びらを1/2カップ(約5g)
  • フレッシュハーブ チャイブ ……… 1/2パック(約5g)
  • フレッシュハーブ チャービル ……… 1/3パック(約5g)

フレッシュ(生)のハーブS&Bでも取り扱っています。

食材
  • オートミール ……… 1/4カップ(約20g)
  • カリフラワー ……… 1/4個(約100g)
  • えのきだけ ……… 1/2束(約100g)
  • かぶ ……… 中1個(約150g)
  • コンソメ ……… 2個
  • 塩・こしょう ……… 少々
  • 水 ……… 4カップ

材料


作り方

材料の準備
  1. カリフラワーは小房に分ける。えのきだけは石づきを除いて1/3の長さに切る。かぶは皮をむいて1/8のくし形に切る。チャイブとチャービルは粗いみじん切りにする。
手順
  1. 鍋に4カップ分の湯を沸かしコンソメを割り入れてコンソメスープのベースを作る。
  2. 1に刻んだ野菜とオートミールを加えて5分間煮る。
  3. 2にカレンデュラを混ぜ入れる。
  4. 塩・こしょうで味を整えて盛り付け、チャイブとチャービルをトッピングする。

レシピメモ

  • コンソメは塩分が製品によって異なるので、量は加減しましょう。
  • スープの中に入れる材料は、旬の野菜やあり合わせの野菜でもかまいませんが、カレンデュラのきれいな色合いを活かすためには、淡色の色合いの野菜を用いた方がいいでしょう。
  • ベジタリアンのやさしい味わいながら、オートミールのタンパク質、炭水化物、ミネラル分を頂けるのがこのスープの魅力ですが、スープの中に鶏の胸肉などあっさりとした肉類を加えてもコクが増しておいしいでしょう。子供さんには、ソーセージやおとし卵を加えてあげると喜ばれるのでは?

コンソメスープの中に材料全部を入れる

柔らかくなったところにカレンデュラを入れる

チャイブとチャービルのみじん切りをトッピングする


▲pagetop

【楽しい応用レシピ】カレンデュラと春菊のおひたし

食用菊が出回る季節になると、同じキク科同士の春菊と食用菊の花びらでおひたしを作ります。それならくせのない味のカレンデュラの花びらを使ってもいいのでは?とあるとき思い立って、生の花びらでおひたしを作ったら大成功!今回はきれいな色が残っているカレンデュラの乾燥花(ハーブティー用)を使いました。これなら年中使えて便利ですね。


材料(3〜4人分)

Herb&Spice
  • カレンデュラ ……… 乾燥した花びらを1カップ(約10g)
食材
  • 春菊 ……… 1束(約200g)
  • くるみ ……… 6個(約15g)
  • オリーブオイル ……… 大さじ1
  • 塩 ……… 少々
  • だししょうゆ ……… 適当量(めんつゆでもよい)

材料


作り方

材料の準備
  1. 春菊は水でよく洗って根元の部分を切り落とし、硬い部分は1cm程度に、柔らかい葉の部分は4cm程度のざく切りにする。
  2. くるみをアルミフォイルに乗せ、オーブントースターで軽くローストし粗く砕く。または砕いてから軽くローストしてもよい。
手順
  1. 鍋に水を入れて沸騰させ、塩とオリーブオイルを加える。カレンデュラを入れて5秒程ですくいあげる。
  2. 1に春菊の硬い部分をまず入れ、20秒ほど経ったところで柔らかい葉の部分を加える。
  3. 2が色よくゆであがったらざるに上げて冷水に浸し、すぐに軽く余分な水分を絞る。
  4. 3の春菊と1のカレンデュラをボウルに入れ、だしじょうゆまたはめんつゆなどを加えて、好みの味付けに和える。
  5. 器に盛りつけ、ローストしたくるみをトッピングに添える。

レシピメモ

  • 湯にオリーブオイル(他の食用油でもOK)を入れて湯がくことで、茹で汁の温度が上がり、より色よく茹であがります。また油分が加わることで、カロテンの体内への吸収がよくなるのもプラスポイント。
  • 春菊の茎の部分は硬いので、あらかじめ細かく刻み、湯に先に入れて湯がき、七分通り茹でたところに、柔らかい葉の部分を加えて、時間差で茹であげましょう。
  • くるみの代わりに、アーモンド、カシューナッツ、ピーナッツ、松の実など、他のナッツ類をトッピングしてもおいしく栄養価もアップします。

くるみをローストする

カレンデュラをさっとゆがく

湯にオリーブオイルを入れる

春菊を茎から入れる。後で葉も入れる


▲pagetop

ハーブおもしろ情報

【情報その1】名前の由来

ポットマリーゴールドのポットとは?

アメリカやイギリスで、葉、茎、花などを食用や香味料にする植物全般を「ポットハーブ」(pot herb またはpotherb)と呼びます。このことから、カレンデュラの別名であるポットマリーゴールドという呼び名も、食用になるマリーゴールドという意味を持っていると思われます。名前に「ポット」と付く場合は、「鉢植えに適した小型の」というような意味を持つ場合もありますので、あるいはそのような意味も含んでいるかも知れません。
どちらにしても、別の植物である秋に咲くマンジュギク属のフレンチマリーゴールドやアフリカンマリーゴールドと区別する目的もあると思います。
またマリーゴールドには、「聖母マリアの黄金」という意味もあるといわれています。

【情報その2】似ている名前の違う植物

秋のマリーゴールドとの違いは?

マリーゴールドには大きく分けて、食用ハーブとして使うキンセンカ属の「カレンデュラ(ポットマリーゴールド)」と、独特の香りがあり、主に観賞用にされるマンジュギク属(タゲテス属またはコウオウソウ属とされることもある)の「マリーゴールド」があります。どちらもキク科の植物ですが全くの別種です。ポットマリーゴールド(カレンデュラ)を単にマリーゴールドと呼ぶ人がいるので、時に混同されることがあるようです。
単にマリーゴールドという時は、南米原産のマンジュギク属のマリーゴールドを指します。マンジュギク属の「マリーゴールド」には、フレンチマリーゴールド、アフリカンマリーゴールド、ミントマリーゴールド、メキシカンマリーゴールド、レモンマリーゴールドなどがあります。

《マンジュギク属のマリーゴールドの利用例》
  • マンジュギク属のマリーゴールドの根から分泌する成分が、土中の線虫類を防ぐということから、コンパニオンプランツとして他の植物や野菜と一緒に植えられることがあります。
  • 花の色素としてカロテノイドを含んでいて、中でもルテイン(lutein)は天然着色料として利用されたり、最近は抗酸化作用がある健康食品として用いられています。

*写真はメキシカンタラゴンとも呼ばれるミントマリーゴールドです。タラゴンを甘くしたような香りがあり、料理の香りづけに使えます。レモンマリーゴールドも同様に使えます。

【情報その3】カレンダーみたいな花

カレンデュラの語源は?

学名の「Calendula officinalis」は、“薬用のカレンデュラ”という意味です。属名のCalendulaは、ラテン語で《月の最初の日、一ヶ月間》などの意味を持ち、「カレンダー」の語源でもある「calendae」が語源になっています。花期が長い事から来ているといわれています。
ポットマリーゴールドと呼ばれることも多いカレンデュラですが、秋咲きのマンジュギク属のマリーゴールドと区別する意味からも、カレンデュラと呼ぶのがよりふさわしいのではないでしょうか。

【情報その4】日本にもあったなんて!

日本のキンセンカと同じ植物?

日本で「キンセンカ」と呼ばれるカレンデュラ。キンセンカは金盞花と表されます。「盞(さかづき)の形をした金色の花」という意味があるそうです。日本には江戸時代頃に中国から渡来したと言われています。花が春から数ヶ月に渡って咲くことから「長春花」とも呼ばれていたそうです。
一般的にはお仏壇の花、お供え花としての印象がありますが、それも昔は仏壇に供える花を庭先で育てることが多く、花期が長く花持ちもいいキンセンカは便利だったからではないかと思われます。
ちなみに花言葉は、「悲嘆」「悲しい別れ」など。明るいかわいい花なのになぜでしょうか?お仏壇の花という日本での使われ方に合っているのが不思議です。

【情報その5】やさしい手作りカレンデュラローション

カレンデュラのローションの作り方と使い方は?

殺菌作用、抗真菌作用、炎症を鎮め傷を治す作用などが知られるカレンデュラは、ティーとして飲んでも外用としても役立つハーブです。欧米ではカレンデュラのスキンケア用品(ローション、クリーム、シャンプー,リンスなど)が市販されています。手作りも簡単なので、お試しください。

《ポットマリーゴールドのローション》

作り方は簡単です。
カップに入れた大さじ2の生の花びら、乾燥花なら大さじ1に約100ccの沸騰した湯を注いでかき混ぜ、ふたをして冷めるまで置いて茶こしで濾しとる。
次にその浸出液に小さじ1のハチミツを加えて良く溶かすだけです。

できあがったら、消毒したガラス瓶に移して冷蔵庫で保存します(3〜4日)。または製氷皿でアイスキューブにしてジッパー袋などに入れて冷凍保存します。使用時に1個ずつ解凍して使います。洗顔後にコットンで肌につけ、後水で軽くすすぎましょう。
*肌に合わない場合は、使用を中止してください。

▲pagetop

種まき/植え付け

一年草で、早春から開花するため、種をまく時は秋まきにしたほうが長く花を楽しめます。
苗は秋から早春にかけてプランターや鉢に苗を植え付け、寒さが和らぐ3月頃までは軒下で育てると早春から花を楽しめます。
密植すると風通しが悪くなって病気にかかりやすくなるので、風通しと日当りのいいところに置いておきます。油かすなどの窒素肥料が多いと、葉が茂りすぎてうどん粉病にかかりやすいようです。

土作り/水やり/肥料

肥えた湿り気のある土で、水はけのいい場所に植えましょう。水やりは土の跳ね返りに気をつけながら(葉や花につくと病気にかかりやすい)、乾いたらたっぷりと与えましょう。
乾燥するとハダニがつくことがあるので、時々じょうろなどで葉水をかけるといいでしょう。
肥料は植え付け時に土に有機配合肥料の元肥を混ぜ込み、花期には薄めた液肥を与えるといいでしょう。窒素分が多い肥料は花付きが悪くなるので、窒素・リン酸・カリのバランスが同等程度の肥料を使うようにしましょう。

日当り/夏越し

カレンデュラは日当りを好みます。日当たりが悪いと花付きが悪くなり、うどん粉病などにかかりやすくなります。
一年草で早春から晩春にかけて開花・結実するので、夏には枯れてしまっている事がほとんどです。

冬越し

霜に当たると葉が傷んで黄色くなるので、寒さの厳しい地方では日当たりの良い軒下やベランダで管理しましょう。市販の苗を地植えにする場合、寒さの厳しい季節は軒下で管理し、暖かくなってから定植するのをおすすめします。

その他の栽培ポイント

  • 苗が15cmほどに育ったところで中心の茎を摘芯すると、よく枝分かれし花付きが良くなります。
  • 開花後は次々と休みなく花を咲かせます。雨や水やりで花がらが濡れて腐ると株を傷めるので、種を採る分だけ残して、花が咲いた後はなるべく早く花がらを取り除くのが長期間花を咲かせるコツ。
  • 花のつかなくなった枝は切り取りましょう。新芽の成長が促されます。
  • 繁殖は種まきで。花後にできた種を採っておいてまきましょう。

収穫方法

花は、開花して2〜3日以内の充実した状態のものを頭花のみ切り取ります。
葉は使用の都度摘むか、剪定を兼ねて、枝ごと切り取って使います。


保存方法

生の花と葉は、冷蔵庫の野菜室で数日間保存できます。

乾燥

葉は肉厚なため、乾燥にはあまり適しません。花は花びらをむしってペーパータオルの上などに広げ、室内の乾燥した場所におけば、速やかに乾燥できます。カラカラに乾いたら、ガラス瓶やジッパー袋に入れて涼しくて日の当たらない場所(冷蔵庫がベスト)で保存しましょう。日の当たる場所におくと、すぐに退色してしまいます。

▲pagetop

【文・スタイリング・制作】榊田千佳子【撮影】タケダトオル、榊田千佳子 【料理アシスタント】吉田雅紀子・吉川和美