home

今月のおいしいハーブ くらしに香りを!ハーブレシピ

【今月のおいしいハーブ】では、毎回1種類の「食べておいしいハーブ」をピックアップして、そのハーブの面白情報や育て方を解説。《10分レシピ》 では今月のハーブを使って簡単にできるおいしいレシピをご紹介します。《お楽しみ応用レシピ》ではクッキングだけでなく今月のハーブで作れる楽しいレシピをご紹介!毎月ひとつずつのおいしいハーブと親しくなれるページです。

やさしく慈しむようなハーブ「レモンバーム」

育てやすくて使いやすい、なのにバジルやローズマリーなどの人気ハーブに比べると少し影が薄いハーブがレモンバーム。でも実は隠れた魅力がたくさんあるのです!来春からぜひレモンバームを育てて使いましょう!

今月のおいしいハーブ【レモンバーム】

レモンバーム / 学名:Melissa Officinalis / 分類:シソ科・セイヨウヤマハッカ属 / 高さ:30cm〜60cm・多年草 / 開花期:6月〜7月 / 性質:耐寒性

春早くから芽吹き、晩夏まで柔らかい毛の生えた明るい緑色の葉を繁らせます。その名の通りレモンの香りがある葉をティーや料理に利用します。葉の香りは乾燥させると揮発性の成分が失われやすいので、なるべく生、または冷凍保存したものを使用しましょう。
料理にも生葉を利用しましょう。サラダやお菓子に添える他、細かく刻んでケーキやクッキーに焼き込みます。ドレッシングやソースに混ぜるのもおいしい。ティーで作るゼリーはさわやかな風味です。

枝葉には発汗作用があり、ティーを風邪の予防やひきはじめに飲むといいでしょう。また、メランコリーを取り去り、落ち込んだ気分を明るくしてくれるハーブといわれます。
黄色い斑入りのゴールデンレモンバームは美しく、寄せ植えにすると楽しい。一般的なレモンバームと同様に利用できます。

アロマセラピーでは、水蒸気蒸留したレモンバームの精油(メリッサ)を、うつ症状や不眠症の症状を軽減するために用います。精油の収油率がきわめて少ないため、精油の価格が高く、レモングラスの精油などが混ぜものに使われていることもあるので、品質には注意を払う必要があります。

【おいしい10分レシピ】レモンバームのアジアンまぜご飯

レモンバームをなるべくおいしくたくさん食べたい気持ちで思いついた一品。タイで食べたレモングラスとココナッツ味のご飯を思い出して作ったアジアンまぜご飯です。レモンバームは生のまま温かいご飯に混ぜ込むと、すぐに黒く変色してしまいます。それを防ぐためにさっと炒めてあるのが最大のチェックポイントです。こうすれば大好きなレモンバームをたくさん食べられて幸せ!

材料(4人分)

Herb&Spice
  • フレッシュハーブ レモンバーム ……… 2パック(約30g〜40g)
  • しょうが ……… 40g

フレッシュ(生)のハーブS&Bでも取り扱っています。

食材
  • 米 ……… 3合
  • ココナッツパウダー ……… 大さじ1
  • 李錦記ナンプラー ……… 大さじ1と1/2
  • セロリ ……… 1/2本(茎のみ。40g)
  • 菜館 クコの実 ……… 大さじ1
  • レモン ……… 輪切りを約2枚
  • サラダオイル ……… 大さじ1

材料


作り方

材料の準備
  1. レモンバームはさっと水洗いして枝先を少量、飾り用に取りおき、残りは枝から葉をはずしてざく切りにする。しょうがは皮ごと千切りにする。
  2. セロリは葉を取り(柔らかい葉は少し残す)、硬い筋をとってから粗いみじん切りにする。レモンは輪切りをさらに1/4に切る。
手順
  1. 米を洗い適量よりすこし少なめの水に浸しておく。ここにココナッツパウダーとナンプラーを混ぜ入れて、炊飯器で炊き上げる。
  2. フライパンにサラダオイルをしき、しょうがを炒めて香りを引き出し、すぐにセロリとレモンバームを加えてさっと炒める。レモンバームの色が濃いグリーンに変わったらすぐに火を止めて、フライパンの中身を皿にとる。
  3. 炊きあがったご飯に2をさっくりと混ぜ合わせて器に盛り、クコの実を散らし、レモンの輪切りと飾り用に取りおいたレモンバームの葉をあしらう。

レシピメモ

  • ココナッツパウダーの代わりに、ココナッツシュレッドをすり鉢ですって細かくして使ってもOK。つぶつぶな食感でおいしい。パウダーより少し多めに入れましょう。
  • クコの実はいっしょに炊き込むとやわらかくなるので、具を混ぜ合わせる時につぶれてしまいがち。盛り付けた後から散らしましょう。
  • 今回の料理では、レモンバームの香りを生かすために使いませんでしたが、セロリの葉はビタミン豊富で香りも素晴らしいので捨てずにとっておきましょう。コリアンダーの葉(パクチー)が必要なレシピの時に代用に使うことができます。アジアンな香りづけにぴったり。
  • しょうがは皮の下に精油分を多く含みます。ぜひ皮ごと使いましょう。

炊飯器に材料を入れる

フライパンにしょうがを入れて炒める

レモンバームを入れて炒める


▲pagetop

【楽しい応用レシピ】フェイシャルスチーム

レモンバームの香りをかぐと不安な心が軽くなり、明るく前向きな気分が戻ってくると言われます。それはレモンバームの葉に含まれる精油分の働きです。またレモンバームの精油分は肌の調子を整え、アレルギーの抑制にもいいとされます。ところがメリッサと呼ばれるレモンバームの精油は大変高価な上、混ぜ物をされたものも少くなく、フレッシュなレモンバームとは随分香りが違うように感じます。
ならばレモンバームはぜひフレッシュ(生)のハーブを利用したいものです。フェイシャルスチームならレモンバームの精油分を蒸気と一緒に吸入する事ができ、またお肌にもハーブミスト(霧)として当てることができるので、簡単で安価でありながらこの上ない贅沢ですね!


材料(1回分)

Herb&Spice
  • レモンバーム ……… 1パック(約15g~20g)

フレッシュ(生)のハーブS&Bでも取り扱っています。

食材
  • 熱湯 ……… 約1リットル

作り方

材料の準備
  1. レモンバームはさっと水洗いして硬い茎を取り除く。ボウルに入れやすくするためなので茎はあってもかまいません。
  2. ボウル(または洗面器)とタオルを用意する。お湯を沸かす。
  3. 洗顔し、髪の毛をヘアバンドなどでまとめておく。
手順
  1. テーブルの上にボウルをのせ、レモンバームの葉を入れてから沸騰したお湯を注ぐ。
  2. すぐに1のボウルに顔をかざし、蒸気を逃がさないように、タオルを頭の上からかけてテントのようにする。
  3. そのまま5〜10分ほどゆったりとレモンバームの香りを楽しみ、蒸気を顔に当てる。顔のほてりが冷めたら化粧水やハーブウオーターなどで肌を整える。

レシピメモ

  • レモンバームは虫食いでも問題ありません。
  • フェイシャルスチームをしたあとのレモンバームが浸っている水にもレモンバームの成分が溶けこんでいます。冷めてから顔にぱしゃぱしゃとかけるのもいいでしょう。そのあとは最後に水でさっと洗い流しましょう。お風呂に入れてもOK。
*注意事項
  • 熱湯の扱いに注意しましょう。
  • 蒸気の上に顔をかざすときは、熱すぎないように距離を調節しましょう。

レモンバームの準備

虫食いでも大丈夫


▲pagetop

ハーブおもしろ情報

【情報その1】ハチミツ漬け

レモンバームをハチミツ漬けにしてみたいのですが、コツを教えてください。

  1. レモンバームは生のものを使ってください。さっと水で洗ったら水気をペーパータオルなどでしっかりとって葉を枝からはずしておきます。これが重要です。
  2. 清潔な乾いたガラスビンを用意し、1のレモンバームの葉をビンの口の辺りまで入れ、葉を押し込むようにしながらハチミツをビンの口まで注ぎます。
    1の葉をそのまますぐにガラスビンに入れてはちみつを注いでもいいのですが、2~3時間ペーパータオルの上などに広げて乾かしておくと、ハチミツが水っぽくならなくていいようです。
  3. 2のビンにふたをして常温で三日間程おいた後、中のレモンバームを取り出します。取り出したレモンバームは食べてもOK。

これでレモンバームの香りと成分が溶け込んだおいしいハチミツができあがり!普通のハチミツほど日持ちがしないので、早めに使いましょう。お湯で薄めて飲んだり、ヨーグルトにかけたり、紅茶に入れたりして味わいましょう。

【情報その2】レモンバームとハイビスカスのティー

レモンバームをフレッシュハーブティーとして飲みたいのですが、ブレンドしておいしいハーブは何でしょうか?

A. レモンバームはくせのない、どちらかというとあまりインパクトのない味なので、どんなフレッシュッハーブとも合うと思います。レモンバームのハーブティーは消化を助け、心身の緊張を和らげてくれるといわれます。マイルドなハーブで副作用なども無いとされますので、たっぷり飲んでも大丈夫。薬理作用が強く、ティーには少量にしたほうがいいローズマリー、セージ、タイムなどのハーブと組み合わせるのもいいでしょう。
私のおすすめは、ハイビスカス(ローゼル)のティーを入れる時にレモンバームを加えるアイディア。ハイビスカスの酸味もやわらぎ、レモンバームの青臭さもなくなります。レモンバームの風味があまり好きでない方にはぴったりです。ハイビスカスに含まれるクエン酸で疲労回復にも役立ちそうです。

【情報その3】レモンバームのハーブバス

レモンバームがたくさん茂ってきました。簡単に使える方法はありますか?多少虫に食われていても大丈夫ですか?

A. レモンバームの簡単で効果的な利用法は、最盛期に生葉を株元から刈りとってシャワーでさっと洗ってからお風呂に浮かべるだけのハーブバスでしょう。レモンバームの精油分が蒸気となって立ちこめる中でのお風呂は、生のレモンバームならではの贅沢!心身ともにリラックスできそうです。レモンバームは保湿、肌の調子を整えるなどの作用も知られるので、香りとスキンケアの両方がいっぺんにできますね。虫食いでも大丈夫ですよ。

【情報その4】レモンバームウオーター

レモンバームをピッチャーの水に入れておくとおいしいと聞きました。作り方のコツはありますか?

A. レモンバームウォーターを作るには、なるべく晴れた日の午前中にレモンバームを摘み取りましょう。
作り方は、さっと洗って枝ごとミネラルウォーターのボトルに入れて冷蔵庫で1〜2時間冷やすだけ。レモンバームの繊細でさわやかな香りが移ったレモンバームウォーターのできあがり!ハーブティーのような薬効は少ないけれど、香りはむしろ強くて、青くさみがなくておいしい!他のハーブでも同様に楽しめます。その日のうちに飲んでしまいましょう。

▲pagetop

【育て方】

種まき/植え付け

種から育てるのもいいですが、性質が強く枯らすことが少ないので、香りのいい苗を購入して鉢植えか地植で育ててみるのをおすすめします。

土作り/水やり/肥料

柔らかい肥えた土が理想ですが、植えっぱなしでも結構元気。葉が柔らかく大きいため、真夏にはたっぷりと水やりを。肥料は多すぎると葉が大きくなりすぎ、香りも劣る傾向にあります。

日当り/夏越し

日差しが強い時間帯に水やりをすると葉が日焼けを起こしてしまいがち。暑い季節は半日陰になる場所で育てると安心です。反対に日当りが悪く湿気が多いとうどんこ病にかかりやすくなります。風通しがいいと健康に育ちます。

冬越し

寒さには強いので、冬期の保護は必要なし。むしろ寒さに十分当てることで春の萌芽の勢いが良くなります。

その他の栽培ポイント

夏に白からクリーム色の花を咲かせた後、地上部は枯れてしまいますが、根元から刈り込めば、すぐに新しい芽が出てきて葉を繁らせます。このように真冬を除き、年中収穫できるので便利!


【収穫方法】

生葉を使う場合は、その都度必要なだけ枝ごと切り取ります。枝先だけを摘まずに根際近くから切り取りましょう。そのあとまた新芽が出てきます。


【保存方法】

冷蔵

一度水にそっとつけて水揚げしてから、ペーパータオルで包みビニール袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保存。温度が低すぎると葉が黒く変色してしまいます。

乾燥

乾燥保存するなら花が咲き始める時期が最適期。株元から刈りとった後、葉は枝からはずし、ざるなどに広げてなるべく早く乾かします。短期間なら香りの失われにくい冷凍保存もおすすめ。

▲pagetop

【文・スタイリング・制作】榊田千佳子【撮影】タケダトオル、榊田千佳子【制作協力】吉田雅紀子、吉川和美