home

ヘルシーハーブクッキング 食べて元気なEveryDay

NEWシーズンのクッキングページは、《健康》の観点から構成しました。「とっておきのハーブカフェ」の楽しさはそのままに、身体と心もほっとするようなヘルシーなメニューをご紹介。各食材の栄養成分がわかるのも新しいポイント!【今月のおすすめティー】はハーブ&スパイスを使ったおいしくてユニークな飲み物がぞくぞく登場します。ときどき出てくる【ヘルシーハーブお弁当】にもご期待ください。

家でみんなで楽しむパーティー

「家飲み」などいう流行語もできるほど「家」指向が強まっている今、ホームパーティーは特別過ぎないのが好まれているようです。お迎えする側が準備でへとへと、なんていうのはもってのほか。主催者は場所とアイディアと食材を準備して、あとは笑顔でお迎え!というのがベストですね。そこで、手がかからなくて参加者も一緒に作れる楽しいハーバルメニューをご紹介します。

今月のヘルシーハーブクッキングレシピ

【HEALTHY RECIPE 1】ホットプレートピザ

手作りピザは食べたいけどオーブンがなくて・・・、という方やキッチンではなくて目の前で作って楽しみたいという方はぜひお試しください。もちろん同じレシピで、オーブンを使った本格的なピザも作ることができます!

ここがKEY

  • ホットプレートひとつで目の前で焼いて食べられる!

ヘルシーポイント

全粒粉
小麦粉よりも栄養価が高く食物繊維、鉄分、ミネラルが豊富。
ルッコラ
ビタミンC、鉄分豊富。解毒作用のグルコシノレート等も含む。
チーズ
カルシウム、タンパク質、脂肪、ビタミン、ミネラルなどバランスのよい栄養食品。
マッシュルーム
ビタミンB1, B2, Dなどのビタミン類と豊富な食物繊維。免疫力を高めるといわれる。
トマト
ビタミンC、ビタミンB2が豊富。リコピンで抗酸化作用、ペクチンで便秘解消を期待。
カニ
高タンパク低カロリー。タウリンは免疫力を高めアスタキサンチンは抗酸化力に期待。
ここがポイント

ピザの生地に全粒粉を加えたことで各種の栄養成分がとれ、トッピングの食材も含めるとバランスの取れた一品に。小麦の表皮、胚芽、胚乳のすべてを一緒に挽いて粉にしたものが全粒粉です。ルッコラのピリッとする辛味成分は血栓予防が期待できるアリルイソチオシアネートです。マッシュルームは加熱しすぎないように。

材料(直径20cm程度のピザ2枚分)

Herb&Spice
  • フレッシュハーブ ルッコラ ……… 1パック(約20g)
  • フレッシュハーブ バジル ……… 1/2パック(約10g)
  • バジルペースト ……… 大さじ6

フレッシュ(生)のハーブS&Bでも取り扱っています。

食材
《ピザ生地》
  • 強力粉(全粒粉) ……… 100g
  • 薄力粉 ……… 100g
  • 塩 ……… 小さじ1/2
  • さとうきび糖 ……… 大さじ1
  • ドライイースト ……… 小さじ1
  • オリーブオイル ……… 大さじ1
  • ぬるま湯 ……… 150cc
《トッピングA》
  • 玉ねぎ ……… 1/3個(約100g)
  • マッシュルーム ……… 10 個
  • カニむき身 ……… 100g
  • ピザ用チーズ ……… 100g
  • 市販のトマトソース ……… 大さじ6

*他にルッコラ(ハーブ材料に記載済み)

《トッピングB》
  • プチトマト ……… 10個
  • 生ハム ……… 10枚(70〜80g)
  • フレッシュモッツァレラチーズ ……… 1個

※他にバジルとバジルペースト(ハーブ材料に記載済み)

バジルペーストを手作りするならこちらを参考にしてください。→ バジルとイタリアンパセリのペースト

材料


作り方

材料の準備
  1. 強力粉と薄力粉は合わせてふるっておく。塩、さとうきび糖、ドライイースト、オリーブオイル、ぬるま湯を器に入れ、良く混ぜてイースト液を作っておく。
  2. 玉ねぎは皮をむいて薄切りにする。プチトマトはヘタをとって半分に切る。マッシュルームは薄切りにする。フレッシュモッツァレラチーズはちぎっておく。
手順
  1. ピザの台を作る。厚手のビニール袋に準備1のふるった粉を入れ、真ん中をくぼませたところに準備1のイースト液を少しずつ入れて手で混ぜ合わせる。さらにビニール袋の上からよくもんで練る。
  2. 生地がまとまってきたらボウルに移し、ラップをかけて1時間程おいて十分にふくらませる。この生地をガス抜きして2つに分け、伸ばしてピザの台を作る。
  3. ホットプレートを熱して2の台を焼く。中火で焼いて裏側の表面がかりっと焼けてきたら裏返し、一枚にAのトッピングを、もう一枚にBのトッピングを下記の順番で載せる。
    【A】ピザの生地→トマトソース→玉ねぎ→マッシュルーム→カニむき身→ピザ用ミックスチーズ
    焼けてから食べる直前にルッコラをのせる。
    【B】ピザの生地→バジルペースト→生ハム→プチトマト→フレッシュモッツァレラチーズ
    焼けてから食べる直前にバジルを散らす。
  4. ホットプレートのふたをして表面のチーズがとろりと溶けて、ピザの裏面がこんがりと焼けたら出来上がり。

レシピメモ

  • 材料は好みのものを何でも。いろいろと組み合わせてみましょう。
  • 1枚の半分にAを、もう半分にBを載せてハーフ&ハーフにしても楽しい。
  • ピザの焼き上がりにオリーブオイルを少量ふりかけてもおいしい!

寝かして膨らんだところ

伸ばす

返した上にソースを塗る

トッピングをのせる


▲pagetop

【HEALTHY RECIPE 2】パーティーピンチョス3種

パーティーでは会話と笑顔がなによりのごちそう。だからぱっとつまんで食べられるフィンガーフードはいつでも大人気。材料を下準備しておいて、串にさすのはお客様に手伝ってもらっても楽しいのでは?もちろん楽しいおしゃべり付きで。

ここがKEY

  • 素材の組み合わせ、刺し方、ソースが相まったおいしさとルックス。

ヘルシーポイント

かぼちゃ
免疫力を高めるカロテンは油と一緒の調理を。ビタミンEも豊富。
オレガノ
強い殺菌作用。消化・吸収を助ける。
チャービル
ビタミン類が豊富で消化を助ける。デトックスも期待。
うずら卵
鶏卵より高い栄養成分。レチノール、ビタミンB12、各種ミネラル。
赤かぶの漬物
ビタミンC、乳酸菌、食物繊維など。腸内細菌のバランスを整える。
エビ
高タンパク・低脂肪・低カロリー。タウリンは体力強化、アスタキサンチンは抗酸化力に期待。
ここがポイント

食べやすいピンチョスという形で、数多くの食材をバランスよく食べることによってお酒(アルコール)の代謝を高め、胃腸の働きを助ける。

材料(5人分)

Herb&Spice
  • フレッシュハーブ レモンバーム ……… 2〜3枝
  • フレッシュハーブ チャービル ……… 2〜3枝
  • フレッシュハーブ オレガノ ……… 2〜3枝
  • ニンニク ……… 1かけ

フレッシュ(生)のハーブS&Bでも取り扱っています。

食材
《ピンチョスA》
  • うずら卵 ……… 5個
  • 赤かぶ漬けもの ……… 50g
  • しょうゆ ……… 大さじ1
  • オリーブオイル ……… 大さじ3
《ピンチョスB》
  • エビ(中) ……… 5尾
  • グリーンオリーブ ……… 5個
  • マヨネーズ ……… 大さじ3
  • レモン汁 ……… 大さじ1
《ピンチョスC》
  • かぼちゃ ……… 30g
  • ベルキューブチーズ ……… 5個
  • オリーブオイル ……… 大さじ3
  • にんにく ……… 1片
  • アンチョビ ……… 4枚
  • グリーンオリーブ(またはブラックオリーブ) ……… 6〜7個

材料


作り方

手順
《ピンチョスA》
  1. ソースを作る。レモンバームの一部の葉をみじん切りにして(約大さじ1)、しょうゆ、オリーブオイルと混ぜ合わせてソースにする。
  2. うずらの卵はゆでて殻をむく。赤かぶの漬けものは5mm厚にスライスし、5cm×2cm程度の大きさに切る。
  3. うずらの卵にレモンバームの葉を1枚巻き付けてから、スライスした赤かぶの漬けもので包んで串をさす。
《ピンチョスB》
  1. ソースを作る。チャービルの一部の葉をみじん切りにして(約大さじ1)、マヨネーズとレモン汁と混ぜ合わせてソースにする。
  2. エビは背わたを取り尾を残して皮をむき、串を刺してから2分間蒸す。
  3. 蒸し上がったエビの上にオリーブをさし、エビとオリーブの間にチャービルの葉をはさむ。
《ピンチョスC》
  1. ソースを作る。ニンニクとオレガノ、オリーブはそれぞれみじん切りにする。フライパンにオリーブオイルを入れ、ニンニクのみじん切りを入れて弱火にかけ、きつね色になっていい香りがするまでフライパンをゆすりながら熱する。そこに刻んだアンチョビとオリーブを加えてさっと火を通し、最後にオレガノを加えてさっと混ぜ合わせる。
  2. かぼちゃは皮付きのまま2cm×2cmの立方体にカットし、串に刺して5分間蒸す。
  3. かぼちゃが冷めたら、オレガノの葉をはさみながらベルキューブチーズを上にさす。

レシピメモ

  • 材料は好みのものを何でも。生ものを使う場合は、長時間室温に置かないようにしましょう。
  • オレガノは細かく刻むと味がマイルドになります。
  • ピンチョス材料の下準備を前日にしておくと、パーティー当日はさすだけ!

【ピンチョスA】レモンバームを挟み、うずら卵に赤かぶを巻く

【ピンチョスC】オリーブオイルでにんにくを色付け、アンチョビとオリーブを入れる

【ピンチョスC】かぼちゃを蒸す


▲pagetop

【HEALTHY RECIPE 3】プリンのパフェケーキ

以前にカステラとカスタードクリームでパフェケーキを作った事があります。簡単なデザートなのに、カスタードクリームを上手につくるのがちょっと難しい。それなら、カスタードクリームに似たプリンを利用してみたら?そんなアイディアが大成功でした!今回は自家製のバラジャムを使いましたが、イチゴジャムやラズベリージャムなど、お好きなジャムでOKです。

ここがKEY

  • 火はいっさい使わない。市販の材料にハーブ&スパイスでひと工夫。

材料(直径5〜6cm高さ6〜7cmの容器3個分)

Herb&Spice
  • シナモンパウダー ……… 小さじ1/2
  • カルダモンパウダー ……… 小さじ1/2

※スパイスはS&Bでも取り扱っています。

食材
  • カステラ ……… 3切れ(80g)
  • プリン ……… 200gカップの1/3個分(70g)
  • 生クリーム ……… 100ml
  • グラニュー糖 ……… 小さじ1
  • ホワイトチョコ ……… 1/3枚(約15g)
  • バラのジャム ……… 大さじ3〜4
  • バラの花びら ……… 3枚
  • 粉砂糖 ……… 少々

材料


作り方

材料の準備
  1. ホワイトチョコは割り砕いて湯煎にかけて溶かす。
  2. 生クリームに砂糖を加えて泡立て、シナモンパウダーとカルダモンパウダーを混ぜ入れる。
手順
  1. 器にカステラをちぎっていれる。
  2. 続いて準備2の生クリーム、バラジャム、カステラ、プリン、バラジャム、準備2の生クリーム、ホワイトチョコの順でのせていく。順番を変えてもかまわない。
  3. 最後にバラの花びらをのせ、茶こしで粉砂糖を振りかけて出来上がり。

レシピメモ

  • プリンとカステラはなるべく甘みの少ないものを選びましょう。
  • 材料を重ねる順番は好みで変えてもOK! 画像にも一番上がホワイトチョコのものと、生クリームのものがあります。ホワイトチョコなしでもOKです。
  • バラジャムはラズベリー、ブルーベリー、ストロベリーなど、他のジャムを使ってもOK。甘すぎる場合は、ラム酒や、お湯で薄めて使いましょう。
  • 天国の香り「バラのジャム」作り方はこちらで紹介しています。→ バラのジャム

湯せんでチョコレートを溶かす

層にしていく


▲pagetop

【とっておきのハーブティー】ローズの香りのチャイ

スパイス類の入った熱いチャイは、寒い季節の定番ドリンク。スパイスだけでもおいしいけれど、バラのつぼみを加えて香りをプラスしたら、ますますエキゾチックな雰囲気になりました。

材料

スパイスを煮込む

紅茶をいれる。あとでローズバッズも入れる

牛乳を加えてひと煮立ちさせる

茶こしでこす

材料(2人分)

  • 紅茶 ……… ティーバッグを2個
  • シナモンスティック ……… 1本
  • クローブ(ホール) ……… 4〜5個
  • カルダモン(ホール) ……… 2〜3粒
  • ローズバッズ(バラのつぼみ) ……… 約10個
  • 牛乳 ……… 200cc
  • 水 ……… 200cc

作り方

  1. 小鍋に水を入れ、砕いたシナモン、クローブ、殻から出したカルダモンの種を殻とともに入れ、煮たったら5分程、弱火で煮る。
  2. 1に紅茶のティーバッグとローズバッズ8個程度を入れて5分間煮る。
  3. 1に牛乳を入れ、一度煮立ったら火を止め、茶こしでこしてカップに入れる。残りのローズバッズを浮かせる。

レシピメモ

  • 十分にスパイス類から香りを引き出してから紅茶を入れる。牛乳を加えたら煮立てないように気をつける。
▲pagetop

【文】榊田千佳子 【スタイリング】榊田千佳子 【撮影】タケダトオル、榊田千佳子 【料理アシスタント】吉田雅紀子、吉川和美