home

今月のおいしいハーブ くらしに香りを!ハーブレシピ

【今月のおいしいハーブ】では、毎回1種類の「食べておいしいハーブ」をピックアップして、そのハーブの面白情報や育て方を解説。《10分レシピ》 では今月のハーブを使って簡単にできるおいしいレシピをご紹介します。《お楽しみ応用レシピ》ではクッキングだけでなく今月のハーブで作れる楽しいレシピをご紹介!毎月ひとつずつのおいしいハーブと親しくなれるページです。

食べてもっと健康「フェンネル」

古代から栽培・利用されてきたフェンネル。アニスに似た香りは、「ヨーロッパのもの?」 でも、インドなど、アジアの国でも使われています。漢方の胃腸薬にも配合されているフェンネルをもっとおいしく食べましょう!

今月のおいしいハーブ【フェンネル】

【英名】 Fennel 【学名】Foeniculum vulgare / 分類:セリ科・ウイキョウ属 / 高さ:草丈100cm〜200cm / 開花期:7月〜9月 / 多年草・耐寒性

古代ギリシアやローマでは古くから貴重なハーブとしてさまざまに利用されていたフェンネル。日本にもシルクロード、中国を経て、平安時代初期にはすでに伝来していたとされます。
繊細な羽状の葉が煙りたつように密生するフェンネルは、成長すると1.5〜2mほどの高さに育ち、黄色い小花がたくさん集まった傘のような形の花をたくさん咲かせます。茎、葉、花、根、種のすべてに甘いアニスの風味があります。

家庭栽培ではスィートフェンネルが一般的ですが、野菜としては、茎の根元が肥大するフローレンスフェンネルが出回っています。丸々とした根元を刻んでサラダに加えたり、大きく切ってスープやグラタンにするのもおいしい。
どちらのフェンネルも葉は細かく刻んでサラダや魚類の香り付けに。枝のまま、イサキなどの魚の腹の中に詰め、オーブン焼きにするのも定番。
種子はフェンネルシードと呼ばれスパイスとして知られています。パンやお菓子に焼きこんだり、リキュールの香り付けなどに使われます。シックな葉色が美しいブロンズフェンネルも同様に利用できます。
フェンネルには、健胃、利尿、去痰などの作用があるとされ、様々な生薬系の薬に配合されています。インド料理店で、レジのところに氷砂糖とともに皿に盛られているのはフェンネルの種。食後にかむと消化を促進し、口臭防止に役立つからです。種を含めて全草をハーブティーにできます。

【おいしい10分レシピ】フェンネル自慢のポテトサラダ

ごく普通のポテトサラダにフェンネルシード(種)とリーフ(葉)を混ぜ込んだら、エキゾチックな味のオードブル風サラダになりました!さやから出した枝豆と玉ねぎを時間差でゆでて、お鍋ひとつで調理できるのがアピールポイント。マヨネーズは使用しないのでカロリーも少なめです。

材料(4人分)

Herb&Spice
  • フェンネル(生) ……… 1〜2枝(約3g)をみじん切りで大さじ2
  • フェンネルシード ……… 小さじ1
  • マイユディジョンマスタード ……… 大さじ2
  • ピンクペッパー ……… 大さじ1

※スパイスはS&Bでも取り扱っています。

食材
  • じゃがいも(男爵いも) ……… 4個(約300g)
  • 枝豆 ……… さや付きで40個(約100g)*冷凍枝豆でもOK
  • 玉ねぎ ……… 1/2個(約130g)
  • オリーブオイル ……… 小さじ1
  • 酢(リンゴ酢、米酢、ワイン酢など) ……… 小さじ2
  • 塩 ……… 小さじ1

材料


作り方

材料の準備
  1. じゃがいもは皮をむいて芽をくり抜き、7mmの厚さにスライスする。玉ねぎは皮をむき、薄切りにする。枝豆はさやから出す。
  2. フェンネルシードは軽く色付くまで、焦がさないようにから煎りする。フェンネルの葉は、少々飾り用に刻まずに残し、残りをみじん切りにする。
手順
  1. 鍋に湯をわかし塩を加えて、じゃがいもと枝豆をいっしょにゆでる。
  2. 約10分後、1の鍋に薄切りにした玉ねぎを加え、さらに3分間ゆでる。
  3. 2の鍋を火からおろして水気を切り、再び弱火にかけて軽く水分を飛ばす(粉ふきいもの要領で)。
  4. 3が冷めてから、酢、オリーブオイル、ディジョンマスタードを加えてよく和える。最後にフェンネルシード、刻んだフェンネルの葉、ピンクペッパーを加えてさっくりと混ぜ合わせる。
  5. 器に盛りつけ、刻まずに取っておいたフェンネルの葉を飾る。

レシピメモ

  • オリーブオイル、酢の量は好みで加減を。和えたところで味見をして、塩味が薄ければ足しましょう。
  • じゃがいもをメークイーンにすれば、形が残りやすくさらっとしたポテトサラダになります。
  • 玉ねぎは風味を残したいので、さっと火を通す程度に。

フェンネルシードを煎る

材料をいっしょにゆでる

玉ねぎのスライスを加える


▲pagetop

【楽しい応用レシピ】フェンネル湯

フェンネルは大きく育つので、一株でも使い切れないぐらいの葉がとれます。花が咲いて実を結ぶ頃、菖蒲湯の代わりに、「フェンネル湯」いかがですか?
フェンネルの野原にいるような甘く野性味のある香りにつつまれ、とてもリラックスします。フェンネルの葉に含まれる成分で身体も温まり、デトックスも期待できそう。お肌もしっとりとします。


材料(フェンネル湯1回分)

Herb&Spice
  • フェンネルの枝、葉、花 ……… 適当量

フレッシュ(生)のハーブS&Bでも取り扱っています。

食材
  • 輪ゴム ……… 1個
  • リボン ……… 適当量

材料


作り方

手順
  1. 刈り取ったフェンネルは、枯れた枝などを取り除き、小束にして輪ゴムでくくり、その上からリボンでくくる。
  2. お湯を張った湯船に浮かべる。

レシピメモ

  • フェンネル以外でも、ローズマリー、ミント、ローレル、マートル、チェリーセージなどでも同様にフレッシュなハーブバスを楽しめます。
  • 香りはよくても肌への刺激が強いものもありますので、はっきりと肌への安全性の確認できるハーブを使いましょう。

掃除して輪ゴムとリボンでくくる

お湯を張った湯船に浮かべる


▲pagetop

ハーブおもしろ情報

【情報その1】花

フェンネルの花は小さなフェンネルの花が集まったように見えますが、どれがひとつの花なのでしょうか?

A. フェンネルは多くのセリ科の植物の花と同様に、傘状に花が集まって咲く、傘形花序(さんけいかじょ)という咲き方をします。花軸(かじく)が短くて、一点から放射状に花柄(かへい)が伸びているように見える花のことです。 小さなフェンネルがたくさん咲いているようで、かわいいですね!

【情報その2】種

フェンネルの種子が実りましたが、どの時期に収穫すればいいのでしょうか?
どのように乾燥させたらいいですか?

A. 花の基が膨らんできて、それがふっくらと緑になり少し黄色みがかり、やがて筋が見えるようになったら収穫し時です。茶色っぽくなるまでおいておくと、実の中がすかすかになってしまっていて、香りも薄れがちです。家庭でとるものは小さな種も未熟な種も混じりますが、利用には問題ありません。
花ごと切り取って写真のように網などにさして乾燥させるか、紙箱に並べる、紙袋に入れるなどして、室内で乾燥させましょう。乾燥させている間にも、多少追熟します。
ちなみにフェンネルの種は正確には「果実」です。

【情報その3】フェンネルシードのマウスリフレッシャー

インド料理店のレジスターのところによく置かれているフェンネルシードは、
消化を助けると聞きましたが、家庭でも作れますか?

A. インド料理店では小皿に氷砂糖の細かい粒といっしょに盛られていて、口に含んで噛み砕くとさわやかな甘みと、ちょっとしびれるような刺激があります。このシードには、口臭を防ぎ消化を助ける作用があります。
食後に口内をさっぱりさせたいなら、自家製のフェンネルシードのマウスリフレッシャーがいいですね!
作り方は簡単。フェンネルシードを軽くフライパンでから煎りして冷ましたものに、砕いた黒砂糖(氷砂糖でもOK)を混ぜ合わせるだけ!
もちろん砂糖なしのほうがダイエットにはベターです。

▲pagetop

種まき/苗の植え付け

大きく生長するので地植の方がいいですが、容器栽培にする場合はなるべく大きくて深いものを用意しましょう。移植を嫌うので直まきにするか、小苗の時に移植しましょう。

土/植え場所

よく肥えた土に植えると、根をしっかり張って健康に育ちます。
密生すると株が弱り、アゲハの幼虫やカメムシなどの害虫が発生することがあります。日当たりと風通しのいいところに植えることがポイント。

水やり

しっかり根を張ったフェンネルは、頻繁に水やりをしなくても大丈夫。暑さにも寒さにも耐える強いハーブです。

夏越し

乾燥し過ぎに気をつけましょう。

冬越し

冬季は地上部が枯れるので、秋に古い枝葉は刈りとっておきます。

◎フローレンスフェンネルの育て方

フローレンスフェンネルの根元に土寄せして、白くやわらかく肥大させるとおいしく食べられます。肥料も適宜与えましょう。多年草ですが、根元から切り取ってしまうので一年草として扱われることも多い種類です。

収穫方法

  • 枝葉は随時切り取って利用。セリ科の植物は、外側の葉から収穫していくのが基本です。
  • 種子は完熟前に茎ごと切り取って紙袋などに入れて追熟・乾燥させます。または、網やざるの目に茎を差し込むようにして乾燥させます。下に紙を敷いておけば、こぼれ落ちた種子も拾い集められます。
▲pagetop

【文・スタイリング・制作】榊田千佳子【撮影】タケダトオル、榊田千佳子【制作協力】吉川和美