home

エンジョイハーブ お気に入りのハーバルライフを!

ハーブをとことんエンジョイするチャプター。香りのクラフトや、美容とスキンケア等もご紹介。《メリッサ&ローズマリーのハーバルDays》はいまいかずよさんのかわいいイラストでお届けします。《アロマな手作りギフト》では自分にもごほうびの癒し手作りギフトを。生活に即応用できる《ハーブでハウスキーピング》や、S&B商品をハーブでさらにグレードアップする《ハーブ・スパイスパワーアップ講座》に加え、スパイスをクローズアップして世界旅行のように魅力を楽しむ《スパイス世界紀行》も始まりました!

むっとする湿気&ニオイ解消アロマ

近年、日本の夏がさらにヒートアップしているようです。そこにじめじめと湿気も加わり、息苦しく感じるほど。そこで気になるお家のニオイを解消する見た目もさわやかな「アロマギフト」を作って贈りましょう。きっと喜んでいただけるでしょう!

アロマな手作りギフト

手作り室内芳香剤セット

お家のニオイをきれいにする消臭剤や芳香剤はたくさん市販されていますが、なかなかぴったりくるナチュラルな香りがなくて・・・。それなら、やっぱり手作り!すごくコスト安で、かわいいのができました。

材料(プレゼント1セット分)

  • 好みのハーブや花の精油3種類 ……… 各約50滴
  • ゲル状の保冷剤の中身 ……… 1個約130ml
  • レースやオーガンジーの布 ……… 適当な大きさで3枚
  • リボンやひも ……… 適当量

つくりかた

  1. きれいに洗った容器に保冷剤を入れる。
  2. ひと瓶ずつに精油を入れてよく混ぜ合わす。一種類でもミックスしてもいい。置き場所の用途に合うような香りを選ぶといい。
  3. 香りが飛んでしまうので、瓶にキャップをしてから、オーガンジーやレースの布をかぶせて、ひもやリボンで口にくくりつける。

使いかた

  • 置き場所を決めたらキャップをはずして、もう一度布のキャップをかぶせましょう。
  • 時間とともにビンの中の保冷剤の水分が蒸発して香りも薄くなりますが、水を足してしばらくおくとまた保冷剤がゲル状に復元されます。精油を加えて混ぜ合わせれば香りもリフレッシュできます。

ワンポイント

  • 今回は、レモングラス、ゼラニウム、ペパーミントの3種類の精油を使いました。精油50滴は保冷剤に対しての量。保冷剤の量に応じて加減しましょう。
  • 場所に合わせた香りのチョイス
    ・台所に・・・ミントや、レモン、オレンジ、グレープフルーツなどの柑橘系が良く合います。
    ・化粧室や玄関など匂いのこもりやすい所に・・・ミント、ローズマリー、パイン、レモングラス、ゼラニウムなどのさわやかな香りや、ヒノキ、ティートゥリー、クローブ、タイムなど抗菌作用の強い精油を。
    ・寝室・リビングルームなどくつろぎの場所に・・・ラベンダー、オレンジなどの優しい香りやパチョリ、イランイラン、ネロリ、ジャスミンなど南国の香りも。

保冷剤をビンに入れる

ビンに入った保冷剤にエッセンシャルオイルを混ぜる

オーガンジーのキャップをする


▲pagetop

車用サシェ、靴箱用サシェ

アロマのギフトの定番「サシェ」は、フランス語で「小さい袋」のことだそうです。サシェの中にはいい香りのハーブや花びらやスパイスを詰めます。今回のサシェは車や靴箱にぴったりの見てかわいい、香って素敵なサシェ。抗菌作用で知られるヒノキのチップをメインに、やはり抗菌パワーのタイムとクローブをミックスして白檀で上品さをプラスしてみました!

材料(プレゼント1セット分)

Herb&Spice
  • ヒノキチップ ……… 約80g
  • タイム(ドライ) ……… 大さじ4
  • クローブ ……… 大さじ4
  • 白檀チップ ……… 大さじ2
  • 精油 ……… ヒノキ、タイム、ローズマリーなど森林系のものを好みで加える。約20滴。
材料
  • フェルト布 ……… 25cm×12.5cmの大きさを2枚(ピンキングはさみで切り取る)
  • オーガンジー布 ……… 9cm×9cmのものを2枚
  • 飾り用リボン ……… 適当量
  • 飾り用モチーフ、ボタン、ビーズ、スパンコールなど ……… 適宜
  • 針・太めの糸
  • 手芸用または木工用ボンド

つくりかた

  1. ヒノキチップは半分に分け、それぞれをビニール袋に入れる。この袋のそれぞれに、タイム大さじ2、クローブ大さじ2、白檀大さじ1を入れ、精油を10滴ずつ加えてよく振り混ぜる。
  2. フェルト布は縦に2つ折りにして使う。表にくるところに適当な大きさの窓を切り抜く。
  3. 窓の周囲にボンドを塗り、オーガンジー布を貼付ける。こちらが出来上がった時に裏面になる。
  4. フェルト布を縦に二つ折りにし、両わきを2本どりの糸で並縫いする(大きめのステッチで)。
  5. 窓枠の周囲に飾り用のリボン(レースやひもでもOK)をボンドで貼付ける。花のモチーフやボタン、ビーズなどを飾りのポイントに付けるとよりかわいい!
  6. 袋の口から2で混ぜておいた中身を一袋ずつ入れ、口を縦につぶすように折り2本どりの糸で並縫いして閉じる。

使いかた

  • 靴箱の中にころりと置く。
  • 車の中に置くまたは下げる。
  • クローゼットや押し入れの中にも。

ワンポイント

  • 中に詰めるハーブは好みの香りのものを使いましょう。清涼感のある香りのほうが、飽きなくていいでしょう。
    ヒノキ&ペパーミント、ヒノキ&ローズマリーもおすすめ!ヒノキチップの代わりにスギチップも使えます。
  • 【※注意】サシェを車のダッシュボードなどに直接置くと、精油成分によってプラスチックが変質する恐れがあるので、座席に置くか、吊るすようにしましょう。

窓枠にオーガンジー布をボンドで貼り付ける

2方を縫って袋状にした袋の口から材料を入れる

縫って口を閉じる


▲pagetop

【ハーブでハウスキーピング】暑い季節の抗菌・消臭対策

地球温暖化でますます暑くなる夏。日本は湿気が多いのでなおさら暑く感じます。でも、ハーブの力を借りたら、きっと少しでも快適に過ごせるはず!
ハーブのアロマの抗菌パワーや消臭パワーを生かして、いい香りのさわやかサマーにしましょう!

【レシピ1】抗菌・消臭ボックス

玄関のニオイは、その家の第一印象を決めてしまいます。夏場はなんとなくムウっとしがち。ワンルームマンションなどでは靴箱がなかったりするのでなおさら。それならばプラスチックのケースに靴を閉じ込めてしまえばいいのでは?乾燥剤と抗菌アロマもプラスして箱から出す時にはリフレッシュされている仕組み。

■材料(ボックス1個分)
  • 精油 ……… ティートゥリー、ペパーミント、タイム、ユーカリなどの抗菌・消臭作用の知られる精油1種類または数種類を組み合わせて。
  • プラスチック製のシューズボックス(または道具入れ) ……… 1個
  • 乾燥剤シート(乾燥させて再使用できるタイプのもの) ……… 適当な大きさのものを
  • ペーパータオル ……… 適宜
■つくりかた
  • 乾燥剤シートを容器のふたの裏側に両面テープではる。
  • ペーパータオルに精油を5滴程(靴片方につき)しみ込ませて詰め、容器のふたを閉める。

箱のふたに乾燥剤を貼る

ペーパータオルに精油を染み込ませる

靴の中にペーパータオルを詰める

■使い方
  • 外から帰ってきたらまず靴をきれいに拭きます。そして、精油をペーパータオルにしみ込ませて靴に詰め込み、箱の中にしまいます。靴が雨などで濡れている場合は、乾いてからしまいましょう。
  • 乾燥剤シートは、インジケーターの色が変わったら天日に干して乾燥させて再使用しましょう。
  • 靴は一日履いたらボックスの中で乾燥・消臭を兼ねて休ませてローテーションで履くと、いつもさわやかな状態で履け長持ちもします。

【レシピ2】洋服ダンスにアロマ扇風機

焼き肉屋さんの前を通ったとき、換気扇から吹き出す風を浴びて洋服が臭くなってしまったのをヒントに思いついたアイディアです。扇風機に薄い和紙を取り付け、その和紙にさわやかな香りの精油、抗菌作用の強い精油をしみ込ませて送風し、一気にクローゼットのニオイを良くするという新しいアロマ技。どうぞお試しください。

■材料(ボックス1個分)
  • 精油 ……… ティートゥリー、ペパーミント、タイム、ユーカリなどの抗菌・消臭作用の知られる精油に、レモン、グレープフルーツ、ライムなどの柑橘系の精油をプラス。
  • 薄い和紙(または目の粗い軽い布) ……… 扇風機に合わせて適当な大きさを用意。
  • 水引や紐 ……… 適当量
■つくりかた
  • 和紙を扇風機の大きさにあわせて切る。
  • 1の和紙の上部数カ所に水引を挿しこみ、扇風機のカバーにしっかりと結びつける。残った水引が扇風機の羽根に当たらないようにカットする。
  • いい香りを振りまきたい場所に持って行って送風する。

和紙に精油を付ける

扇風機に付ける

扇風機をまわして香りを拡散させる

■使い方
  • クローゼット、台所、玄関、リビングルーム、寝室など、いい香りをさせたい場所に持って行って送風させます。短時間で部屋中いい香りになります!使用の度に新しく精油を付け直しましょう。広い場所を香らせる場合は、扇風機の首を振ると効果的。
  • 魚を焼いた後の台所には、換気をしながらレモンやペパーミントの香りを。
  • 寝室にはラベンダーやジャスミンなど落ち着く香りを。
▲pagetop

【使いこなそうハーブ&スパイスパワーアップ講座】パスタソース「S&Bカルボナーラ」を使って

ゆであがったパスタに絡めるだけで本格的なカルボナーラ風味になるパスタソース「S&Bカルボナーラ」。そのソースを卵液と混ぜ合わせて、炒めた具材をとじるように流し込むイタリアンなお味の具沢山オムレツ。簡単でこくのある風味のオムレツが作れて、とっても便利。

【応用レシピ】イタリアンオムレツカルボナーラ風味

ボリュームがあり、ソーセージや野菜がたっぷり入っているのでランチやディナーのメインディッシュにもなるカラフルなオムレツ。具材から出るおいしいエキスが、パスタソースと混ざり合い、大人から子供までみんなに好まれる優しい味になりました。

材料

ソーセージを焼きブロッコリー、じゃがいも、しいたけ、玉ねぎを加えて炒める

卵を溶きソースを加える

イタリアンパセリ、マジョラム、プチトマトを加える

材料(4人分)

材料
  • S&Bフレッシュハーブイタリアンパセリ ……… 10g(1パック)
  • S&Bフレッシュハーブマジョラム ……… 10グラム(5枝ほど)
  • S&Bカルボナーラ ……… 1袋
  • 卵 ……… 4個
  • ソーセージ ……… 100g(4〜5本)
  • しいたけ ……… 30g(2〜3個)
  • 玉ねぎ ……… 100g(中1/2個)
  • ブロッコリー ……… 50g(約1/4個)
  • じゃがいも ……… 100g(中1個)
  • トマト ……… 120g(中1個)
  • 塩・こしょう ……… 少々
  • オリーブオイル ……… 大さじ2

作り方

  1. 玉ねぎ、じゃがいも、しいたけ、厚めに皮をむいたブロッコリーの茎は、すべて1cm角程度に切る。ブロッコリーのつぼみの部分は小房に分ける。以上の具材は一緒のボウルに入れておく。
  2. イタリアンパセリは、固い茎をのぞき、葉をざく切りに。マジョラムは茎から葉をしごき取る。トマトは皮ごとざく切りにする。以上の材料は一緒にしておく。 ソーセージは5mm厚さの小口切りにする。
  3. フライパンにオリーブオイル大さじ1をしき、ソーセージを入れてこんがりと焼き色がつくまで炒める。そこに1の野菜類を加え、塩・こしょう少々を振って具材に軽く火が通るまで炒め、いったん皿に取り出す。
  4. ボウルに卵を割り入れてほぐし、パスタソースを加えてさらによく混ぜ合わせる。そこに2のハーブとトマトを混ぜ入れる。
  5. 洗ったフライパンを中火で熱し、十分熱くなったらオリーブオイル大さじ1をしき、炒めておいた具材を戻し入れ軽くならしておく。そこに2の卵液をじゅっと流し込み、ふたをして弱火で卵液に7〜8分火が通るまで蒸し焼きにする。
    途中フライ返しで底の焼き色をチェックし、もし焦げ付きそうだったらオムレツをフライ返しで持ち上げるようにして水を大さじ2程度加えふたをして焼き上げる。

ワンポイント

  • 水分と具材の多い柔らかいオムレツなので、大きなフライパンで焼くと皿に取り出す時に崩れてしまうことがあるので慎重に。
  • 卵液に7〜8分通り火が通ったぐらいがおいしいのですが、火が強いと先に底がこげてしまうので最初中火で、それから弱火に落としてじっくりと焼き上げましょう。
  • おしゃれなフライパンで作り、フライパンごとテーブルにのせるのも一案。または耐熱容器に流し込みオーブンで焼くとふんわりとした食感に仕上がり、いっそう本格的に焼き上がります。

▲pagetop

【文】榊田千佳子、エスビー食品 【イラスト】いまいかずよ 【スタイリング】榊田千佳子 【撮影】タケダトオル、榊田千佳子 【料理アシスタント】吉田雅紀子、吉川和美