home

ガーデニングハーブ かんたん!ハーブガーデニング

ハーブを気楽に育てて使って楽しむ【ガーデニングハーブ】。京都の榊田ガーデンからのブログ風《ハーブダイアリー》ではガーデン観察や日々のハーブ暮らしをごらん下さい。《変わり種ハーブ図鑑》では「これハーブだったの?」という植物や名傍役のハーブをご紹介。《ガーデニング基礎講座》では初心者も楽しめる園芸の基礎と便利なアイディアを解説。《季節のガーデニングここをcheck!》では季節ごとのハーブ仕事のポイントをアドバイスいたします。新コーナー《知ってる?ハーブQUIZ》も加わりました。

花盛りのハーブガーデン

ハーブは「使って楽しむ」のが一番の魅力。花はそのおまけのようなものと思っています。とは言えハーブの花は可憐なものが多く、花盛りのこの季節がやっぱり待ち遠しい!変わり種ハーブ図鑑ではバラを取り上げ、「おいしいバラ」の特集です。

ハーブダイアリー

冬枯れの庭が少しずつ緑で染まり、そのボリュームが日ごとに増し、あちこちで咲き始めたハーブの花が一気に庭を華やかにします。ひとつずつ近くで眺めると新しい発見も!

《ホワイトなのにレッドキャンピオン》

ナデシコ科の「レッドキャンピオン」はサクラソウに似た愛らしい野草で、ヨーロッパからアジアに分布するそうです。私の庭では強健なアップルミントに埋もれるようにして咲いています。レッドというよりはピンクの小花をたくさん咲かせますが、あれ?中に白いキャンピオンが!でもこれは「ホワイトキャンピオン」ではないのです。レッドキャンピオンがホワイトキャンピオンと交雑してできた・・・。あれ?じゃ、いったい何?
とにかく、レッドもホワイトも雌雄異株で、これは雄!なんてぶつぶつつぶやきながら眺めているのです。よく見ると白にピンクの斑入りで、かわいい!

《フレンチタイムでダジャレ》

フレンチタイムは、コモンタイムの栽培品種(園芸品種)で、お料理に使いやすい甘くてぴりっとした香りがします。花もコモンタイムよりピンクがかっていて魅力的。鼻(ハナ)を近づけて花(ハナ)の香りをかごうとしたらミツ(バチ)と(ハチ)合わせしてしまいました。


《ペインテッドセージ(ブルー)》

セージの仲間で観賞用の「ペインテッドセージ」。その名の通り先端にブラシで青紫の絵の具を付けたように鮮やかに色づいています。これは、実は「苞」と呼ばれる部分で、花は下の方に小さく控えめについています。苞がピンクや白に色づくペインテッドセージもあり、一緒に植えるととっても華やか。一年草なのでワンシーズンのみですが種から育てるのも簡単。


《いつでもチェリーセージ》

チェリーセージは花期のなが~い花。4月頃から咲き始め、11月頃まで咲き続けてガーデンの彩りに多大な役目を果たしてくれます。葉の香りも素晴らしい!後ろのほうにちらっと見えるのは、チェリーセージの近縁種で、白と赤のツートーンの花の咲く種類。切り花として、エディブルフラワーとしていつでも助けてくれる頼りになるハーブです。

▲pagetop

【ちょっと変り種ハーブ図鑑】バラ

【英名】Rose【学名】Rosa species / バラ科・バラ属 / 高さ10〜2m / 落葉性低木またはつる性 / 開花期:主に5〜6月、または四季咲き性 / 性質:耐寒性

バラには多くの種類がありますが、現代のバラの品種の多くは、花をより豪華に美しくする品種改良の過程でその素晴らしい香気を失ってしまいました。もちろん見て愛でるだけでも幸せな気分になるバラの花ですが、できれば、香りのいい種類を育ててハーブとしても利用したいものです。
香りと薬効の高いものは、原種に近いバラやオールドローズですが、花の香りが良くて無農薬で育てたものなら、ハーブとしていろいろに利用可能です。花弁には収れん、消炎、強壮作用があり、ハーブティーやローションにされます。また花弁から採られる精油はすばらしい香りで高級香水に使われます。
バラの精油は、アロマセラピーでも重要です。女性としての自信を与えるような幸福感を与える香りで、実際に女性ホルモンのバランスを調える働きもあるようです。また、精油を水蒸気蒸留するときに得られる「ローズウォーター」は、最高の化粧水になります。

変わり種情報その1:貴重な一さじ/天国の香り‘バラのジャム’

バラのジャムはなんといっても、作っているときの香りが命です。摘みたてのバラを鍋で煮ている間中、家の中はエデンの園のような香りに包まれます。もちろん出来上がったジャムの味もパラダイスの味。毎年一瓶か二瓶しか作れませんが、バラに感謝しつつまたこんな素晴らしい植物が存在することに感謝しながら。

《バラのジャム》の作り方“NEWレシピ”
【材料】
  • バラの花弁 ……… 100g
  • グラニュー糖 ……… 70g〜150グラム(好みの甘さととろみに応じて)
  • レモン汁 ……… 1個分
  • 水 ……… レモン汁でもんだあと、必要に応じて少量
【作り方】
  1. レモン汁でバラの花びらをよくもんでおく(水分がでてくるまで。約5分間)。
  2. ホーローまたはガラス製、ステンレスの小鍋に1のレモン汁でもんだバラの花びらを入れる。花びらがひたひたに浸かるくらいが適当だが、水が足りない時は足す。
  3. 2を中火にかけ煮たったら弱火にし、軽くふたをして柔らかくなるまで5分間ほど煮る。
  4. 3にグラニュー糖とレモン汁を加え、時々かき混ぜながら中火〜弱火で5〜10分程度少しとろみがつくまで煮る。
  5. できあがったら、ガラス瓶に入れ、冷めたらふたをして冷蔵庫で保存。冷蔵庫で1〜2週間(糖度による)。冷凍庫で数ヶ月以上保存可能。

変わり種情報その2:バラの名前

植物のラテン語名や英名は、その植物の性質を表す場合が多いのですが、バラも同様です。
このページのトップのバラ画像はガリカローズです。またこの「ちょっと変わり種ハーブ図鑑」コーナーの最初に載っているバラと、右側のピンクのバラのアップは、どちらもセンティフォリアローズです。

アポセカリーローズ

R.gallica officinalis【英名】Apothecary's Rose

ガリカローズの栽培品種。英名のアポセカリ=Apothecaryとは、古い言い方で「薬剤師」という意味です。その名の通り、古代から薬として使われている種類。

センティフォリアローズ

Rosa × centifolia【英名】Centifolia Rose / Cabbage Rose

ガリカローズと他のバラのハイブリッド。英名のキャベジローズとは、中心に向かって包み込むように重なる花弁の花が、まるでキャベツのようだからという意味。ラテン語名のセンティフォリアとは、「100の葉(花弁を指す)」という意味。これも花弁の多さから来ている名前です。さわやかな香りが好まれ、精油は香水原料にされます。

ダマスクローズ

Rosa x damascena【英名】Damask Rose

ガリカローズと他のバラのハイブリッド。英名のダマスクローズとは、シリアの都市「ダマスカスのバラ」という意味です。素晴らしい香りで精油は香水原料にされます。

ドッグローズ

Rosa canina【英名】Dog Rose

英語では、「ありふれた」というような意味あいで「Dog」という言葉を使います。その名のとおりヨーロッパなどに自生する野バラです。果実はローズヒップと呼ばれ、ビタミンCたっぷりのティーになります。

スイートブライア(エグランタイン・ローズ)

Rosa rubiginosa【英名】Sweetbiar

ドッグローズと同様に、ヨーロッパに自生する野バラです。英名のbriarとは、「チクチクする」という意味があり実際、枝に細かく鋭いとげがたくさん生えています。葉に芳香があるのが特徴。果実はローズヒップティーにできます。

変わり種情報その3:赤いバラソースのチキンソテー

メキシコを舞台にした「赤いバラソースの伝説」という小説があります。映画にもなっているこの作品には、バラ以外にもミントなどのハーブや、たくさんのおいしそうな食べ物が登場します。
邦題になっている「赤いバラソース」とは、主人公のティタが口に出してはいけない思いを愛する人に伝えるために、バラ、アニス、にんにく、栗、ピターヤサボテンなどを石臼でひきつぶしたソースで、蒸したウズラにかけて供されたものです。
その赤いバラソースを、原題の邦訳『チョコラーテのためのお湯のように』のイメージと合わせて創作したのが、この「赤いバラソース」です。皮の下にオレガノとにんにくを挟み込んで焼いたチキンにかけました。バラ、チョコレート、にんにくは、食べる媚薬として知られる素材。意外なおいしさをお試しください。

《赤いバラソース》の作り方
【材料】
  • バラのジャム ……… 大さじ2
  • ビターチョコレート ……… 2片
  • オリーブオイル ……… 小さじ1
  • 赤ワイン ……… 大さじ1
  • バルサミコ酢 ……… 小さじ2
  • ワインビネガー ……… 大さじ1
  • 塩・こしょう ……… 少々
【作り方】
  1. 小鍋にバラのジャム、チョコレート、オリーブオイルを入れて弱火で煮溶かした中に、赤ワイン、バルサミコ酢、ワインビネガー、塩・こしょうを加えてよく混ぜ溶かす。
  2. 焼いたチキン(骨無しもも肉)を食べやすく切って皿に盛り、1のソースを温めてかける。

こちらのバックナンバーもご覧下さい。→ 「ハーバルクリスピーチキン」

変わり種情報その4:クリスタライズドローズ

クリスタライズドローズというのは、バラの花びらの砂糖がけのこと。バラの花びらに、はけや筆で卵白を塗り、グラニュー糖をまぶして乾燥させるホームメードのスイーツです。きらきらと光ってきれいで、食べると砂糖の甘さの中からバラの風味が感じられます。
ビンに入れて冷蔵庫に保管すれば,長期間の保存が可能です。アイスクリーム、ケーキ、クッキーに添えたり、紅茶やアイスティー、ジュースなどに浮かべたりしてそのかわいさと風味を味わいましょう。

《クリスタライズドローズ》の作り方
【材料と作り方】
  1. グラニュー糖はすり鉢で軽くすり、細かい粒子にする。バラの花びらは洗って水気をていねいにふきとり、小皿に並べる。
  2. 卵白1/2個分は軽く溶く。筆に卵白を含ませて1の花びらにまんべんなく塗る。
  3. 卵白を塗ったバラが乾かないうちに、1のグラニュー糖を振りかけてコーティングする。
  4. 片面が砂糖でコーティングされた花びらを1枚ずつ裏返し、同様に卵白を塗ってグラニュー糖をふりかけてコーティングする。
  5. 4を風通しのいい場所において途中裏返しながら、2日ほど乾燥させる。
  6. かりっと乾いたら、乾燥剤とともにガラス瓶などに入れ冷蔵庫で保存する(きれいに乾いていれば1ヶ月程度保存可能)。

変わり種情報その5:バラパウダーとヨーグルト

優雅なイメージのバラの花ですが、ビタミン類、食物繊維、ポリフェノールなど、その栄養価も意外に高いことで最近注目されています。
農薬や殺虫剤、殺菌剤を使っていないバラならどれも食べて安全なのですが、味はそれぞれのバラによって微妙に異なります。甘みのある柔らかい花びらもあれば、食感が硬めで渋みや苦みのあるものも。薬剤を使用していない安全なバラなら、食べて味のチェックをしてみましょう。
気に入った味や色味のものを生のままサラダに散らしたり、ジャムにしたりするのがバラの風味を味わうには一番ですが、乾燥させたバラの花びらを料理に利用するならいつでも使えて便利!

《バラパウダー》の作り方
【材料と作り方】

花びらをバラしてざるや紙箱などに並べてカリカリになるまで乾燥させたら、ミキサーやミルなどで細かい粉状にしてガラス瓶に入れて密閉し、冷蔵保存しましょう。

【使い方】
  • 食べる:ヨーグルト(はちみつをかけて)やアイスクリームに混ぜ込んでデザートに。
  • 食べる:ケーキやクッキーに混ぜ込んで焼く。
  • 食べる:はちみつと混ぜてトーストに。
  • お肌に:ヨーグルトに混ぜ込んでフェイシャルマスクに。
▲pagetop

知ってる?ハーブQUIZ!

新シーズンからはじまる「知ってる?ハーブQUIZ!」は、ハーブの意外な姿や花、使い道などから、クイズを出して、答えを考えていただくコーナーです。まずはまとめて問題をご覧になって、答えを考えてくださいね!

【QUIZ 1】このハーブの和名と英名はなんでしょう?

  • 和名はこの花の形からきています。
  • 和名はこのハーブが何科か、と関係あります。
  • 英名はトウモロコシ畑に自生していたことから。

【QUIZ 2】いったいなんのしっぽ?いえいえ、何のハーブの新芽でしょう?

  • 緑葉が一般的ですが、こんなシックな色のものも。
  • このあと羽状に葉が開いていきます。
  • 魚介類の料理に合う甘い風味。

【QUIZ 3】何というハーブの種でしょうか?

  • ぴりっと辛みのある葉と花。
  • 鮮やかなオレンジや黄色の花。
  • 種は2〜3個ずつ付く。
【QUIZ 1】の答え

] 和名:ヤグルマギク(矢車菊)、英名:コーンフラワーでした。

【QUIZ 2】の答え

ブロンズフェンネルでした。緑のスイートフェンネルと比較するとこう。

【QUIZ 3】の答え

ナスタチウムの種でした。

▲pagetop

【文・スタイリング・制作】榊田千佳子 【撮影】榊田千佳子 【制作協力】吉川和美