home

エンジョイハーブ お気に入りのハーバルライフを!

ハーブをとことんエンジョイする提案でいっぱいのページです。香りのクラフト、ハーブ染め、ビューティーとスキンケアなどをご紹介。新シーズンは《メリッサ&ローズマリーのハーバルDays》がスタート。二人が見つけるハーブの楽しみにご期待を。いつものように作って飾って使って楽しい、生活に役立つ旬のハーブ情報をご提案します!

クリスタルサマーアクセサリー

ミントの仲間・ハッカから抽出したメントール分を多く含む結晶をハッカ脳と呼びます。ハッカ脳は食品にスッとした香りと刺激を加えるために使われるなど、さまざまに使われます。
夏になるとペパーミントやハッカの精油を利用することが増えますが、今回のアロマなギフトでは、ハッカ脳を使った、楽しい手作りギフトをご紹介します!

アロマな手作りギフト

今回のアロマな手作りギフトは、木の香りを生かしたプレゼント3種。効果はバッチリ!でも、作るのはささっと簡単なので、材料を多めに用意してたくさん作ってみんなに喜ばれちゃいましょう。

【レシピ1】ミントクリスタルペンダント

ハッカ脳、そのままの呼び名よりちょっとかわゆく、「ミントクリスタル」とも呼ばれています。6月号の「おいしいハーブ」のミントのコーナーを見てくださいね。まずは、このミントクリスタルを使ったかわいいペンダント。袋状になったところに結晶を入れます。結晶はそのうちに揮発してしまうので、また新たに加えましょう。

材料(1個分)

材料
  • ハッカ脳(ミントクリスタル) ……… ひとつまみ
  • 麻布 ……… 5cm×5cm程度の大きさ
  • ハトメ ……… 1〜2個
  • ガラスビーズ ……… 2〜3個
  • 飾り用の革 ……… 少々
  • 革ひも ……… 約90cm
  • 刺しゅう糸 ……… 太めのものを少々(5番)
  • 刺しゅう針
  • スタンプ

※ミントクリスタルはインターネットで「ミントクリスタル」をキーワードに検索するとネット購入できるショップが見つかります。


ハトメを留める

刺しゅう糸で縫う

革ひもを通す

つくりかた

材料の準備
  1. 麻布を好みの形に切る。袋状に縫い合わせるので、裏と表2枚用意する。この布に好みのスタンプを押し、模様を付ける。
  2. 飾りにする革も切り取る。
手順
  1. 上部の革ひもを通したい部分に、パンチで穴を開ける。飾り用の革にも穴を開ける。この穴にハトメを付ける。革も合わせてハトメを付けるとかわいい。
  2. スタンプを押した準備1の麻布を合わせ、上部の口が開くように、2本取りの刺繍糸で上から下に向けて縫い合わせる。縫い終わりにフリンジ(房飾り)を作るので、玉結びをしたあと1〜2cmほど房分を残す。
  3. ハトメの部分に革ひもを通し、刺しゅう糸でつないだビーズを重りになるように付ける。

*1と2の過程は、順番を入れ替えてもOK。やりやすい方法で作りましょう。

つかいかた

  • ペンダントにして、ほのかに香るミントのさわやかさを楽しみましょう。
  • 乗り物酔いのときや気分のすぐれないときに香りをかいでリフレッシュ!

▲pagetop

【レシピ2】ミントクリスタルブレスレット

ミントクリスタルをオーガンジーのリボンにのせて結び目にくるみ込んだだけの簡単ブレスレット。好みの色と柄のオーガンジーにリボンやビーズを飾り付けたら、とってもステキなブレスレットになりました!さわやかな香りのプレゼントに大喜びされるかも!

材料(1個分)

  • ハッカ脳(ミントクリスタル) ……… 少々
  • オーガンジーリボン ……… 3.5cm幅程度のものを約60cm
  • 飾り用のリボン ……… 約50cm
  • 大きいビーズ ……… 穴の大きいタイプを数個

*ビーズは必ずしも無くてもOK!


オーガンジーリボンにのせる

結晶を中に入れるように結ぶ

ヒモをからめる

つくりかた

  1. オーガンジーの布にハッカ脳(ミントクリスタル)をのせ、包み込むように4〜5箇所の結び目を作る。結び目の間にビーズを通す。
  2. 飾り用の細いリボンをからめる。
  3. 手首の大きさに合わせて結んでブレスレットにする。

つかいかた

  • 手首に結ぶと、手を動かしたときにいい香りが!

▲pagetop

【レシピ3】ミントクリスタル携帯ストラップ

電話をしているときにミントのいい香りがしたら・・・、というアイディアから生まれた携帯ストラップ。ワイヤー入りのオーガンジーリボンにハッカ脳(ミントクリスタル)をのせ、細くよじって包み込むのがポイント。

材料(1個分)

  • ハッカ脳(ミントクリスタル) ……… 少々
  • ワイヤー入りオーガンジーリボン ……… 2.5cm〜3.5cm程度の幅のものを約20cm。
  • 細いひも ……… 携帯電話に通せる太さで、しっかりした強いひも。
  • 飾り用のチャームまたはビーズ ……… 数個

*リボンは、ワイヤー入りのタイプでないと、中身がこぼれてしまうので、ワイヤー入りを使いましょう。


ハッカ脳(ミントクリスタル)をのせる

リボンをよじって包み込む

まるめて結ぶ

つくりかた

  1. オーガンジーリボンにハッカ脳をのせて、リボンをよじるようにして包み込む。
  2. そのまま1を二重に丸めて形を作り、結びあわせる。
  3. 2の結び目に細いひもを通し、チャームまたはビーズを通す。

つかいかた

  • 携帯電話に結びつけて使いましょう。

▲pagetop

【蔵出しハーブ情報局】アロマディフューザーいろいろ

最近アロマディフューザーが人気です。精油を室内に香らせる装置をディフューザーというのですが、そのしくみや形はさまざま。とってもシンプルなものからLEDのライトや音までついたものまであり、選ぶのに迷ってしまいます。

タイプ1:ランプタイプ

一番ポピュラーなのが、ランプタイプ。明かりとして部屋のアクセントになり、上部にセットされた皿の部分に精油を垂らすと、ランプの温かさで精油が温められていい香りに。
もともとはキャンドルを使った「アロマバーナー」でしたが、火を使う危険性を避けるため、電気式のものが主流になっています。
部屋の中にほんのり香りを漂わせるにはこのタイプが一番!ランプの胴の部分にレリーフの透かしがあるものや、レース状になっているところから明かりがもれるものもあり、バリエーションも豊富です。


タイプ2:リングタイプ

意外と便利なのが、素焼きの陶器でできているリングタイプのもの。電球を使用するランプの、電球の部分にかぶせるようにして使います。リングは中に精油を垂らせるようになっていて、電球にかぶせると熱せられていい香りが漂います。電球で直接温められるので、香りが早く広がる特長もあります。


タイプ3:加湿器タイプ

冬場一番人気になるのが、加湿器タイプ。本体に水を注入し、精油を加えて使います。精油を直接給水タンクに入れるタイプと、蒸気の吹き出し口のそばに精油を入れておく容器が付いているものがあります。このタイプは、蒸気と共に部屋の中に香りが行き渡るので効果的です。
また、風邪やインフルエンザの多い季節には、ユーカリ、ティートゥリー、タイムなど、殺菌力の強い精油を使うことでウイルスを増殖させない利点も期待できます。


*市販の一般的な加湿器の中に直接精油をいれると、装置が壊れてしまうおそれがあるので、注意しましょう。

*その他、超音波で精油を拡散させるタイプ、車のシガーライターに接続するタイプなど、まだまだいろいろあります。

▲pagetop

【使いこなそうハーブ&スパイスパワーアップ講座】「フォションブルーチーズドレッシング」を使って

繊細なブルーチーズの風味とクリームのコクがおいしいフォションのブルーチーズドレッシング。生野菜にかけただけで本格的なブルーチーズのサラダに。
このドレッシングを使ってブルーチーズのリゾットを作ってみたら、驚きのおいしさと手軽さ!ちょっとお腹が空いたときにでもお試し下さい。10分もあれば完成です。

【応用レシピ】ブルーチーズドレッシングリゾット

ミルクでことこと煮たご飯に、ドレッシングを加えてさっと煮ただけなのに、ブルーチーズの香りが程良く効いて、レストランのお味に。粗挽きにした黒こしょうとタイムが、風味をぴりっと引き締めます。アツアツでいただきましょう。

材料

材料(2人分)

Herb&Spice

スパイスS&Bでも取り扱っています。
フレッシュ(生)のハーブS&Bでも取り扱っています。

材料

ご飯を牛乳で煮る

ドレッシングを加えて煮る

タイムを加える

作り方

  1. ご飯を炊いておき、タイムは洗って葉をはずす。
  2. 鍋にごはんと牛乳を入れ、ときどきかき混ぜながら弱火から中火で2〜3分間煮る。
  3. 2にフォションブルーチーズドレッシングとブラックペッパーあらびきを加え、さらに弱火で2〜3分間煮る。
  4. 3の鍋底が焦げ付かないように注意しながら、ぐつぐつとしてくるまで煮、最後にタイムを加え味見をして塩少々で味を調える。

ワンポイント

  • リゾットはかき混ぜすぎるとのり状になってしまうので注意しましょう。
  • ぐつぐつとしてくるまで煮た方がおいしい!
  • タイムを加えた後は煮すぎないように。

▲pagetop

【文】榊田千佳子 【制作・スタイリング】吉田雅紀子、榊田千佳子【撮影】タケダトオル、榊田千佳子 【料理アシスタント】吉田雅紀子、吉川和美