home

デリシャスハーブ 食卓に香りを!ハーブレシピ

6年目を迎えた「とっておきのハーブ生活」。ハーブ&スパイスを使ったおいしいメニュー・楽しいメニューをたくさんご紹介し、アーカイブのレシピもどんどん増えています。「ハーブが好きな人が集まるようなカフェをやれたらいいね!」スタッフのそんな夢を、今回から、バーチャルですがWeb上で実現してみました。さあ『とっておきカフェ』オープンです!ランチを食べに、ハーブティーでひと休みに、どうぞお立ち寄り下さい。

仲良く食べるほのぼのカフェディナー

同じ鍋をつつく、というのは冬の日本的コミュニケーションの決まり手。食事はお腹を満たすだけではなく、心も満たすもの。だから思いがけない演出とか、楽しい仕掛けも大切です。「わ〜っ!」と歓声のあがるブイヤーベース風カフェ鍋に、春気分満喫のイチゴサラダと意外な発想のリンゴシャーベット。異国風メニューの仕上げにハーブの香りを!!

とっておきのCafeレシピ

月替わりでお届けする魅惑のセットメニュー。メインプレートに、スープまたはオードブル、プラスデザートで、季節感とハーブの香りをいっぱいにしたいと カフェスタッフ一同、がんばっています!

【CAFE RECIPE 1】3ステップ・ブイヤベース風カフェ鍋

魚介類のおいしい季節、あったかい鍋はなによりもおいしいごちそうです。地中海地方の港町の漁師料理が始まりというブイヤベースを3段階で楽しむセルフ鍋にしました。プロセスを楽しみながら、おいしいスープを最後までいただく鍋です。



ここがKEY

プロセスを楽しむセルフ料理。

レシピのポイント

  • ローズマリーとタイムの香りでプロバンス風。
  • 鮮やかな黄色のサフランは体を温めるハーブ。
  • おいしいスープはリゾットで最後の一滴まで。

【ステップ1】ブイヤベースとして

材料(2人分)

Herb&Spice
  • ローリエ ……… 2枚(手に入るようであれば生で)
  • ローズマリー(生) ……… 5cmほどの枝先を2〜3本
  • タイム(生) ……… 5cmほどの枝先を4〜5本
  • サフラン ……… ひとつまみ
  • にんにく ……… 1片

フレッシュ(生)のハーブS&Bでも取り扱っています。

スパイスS&Bでも取り扱っています。

食材
  • トマト ……… 中(150g程度のもの)を3個
  • 玉ねぎ ……… 中(350g程度のもの)を1個
  • セロリ ……… 1本
  • 鯛 ……… 2切れ
  • エビ ……… から付のものを10尾(約200g)
  • スルメイカ ……… 1パイ(約160g)
  • ホタテ ……… 6個(約150g)
  • オリーブオイル ……… 大さじ2
  • 白ワイン ……… 1カップ
  • 水 ……… 1〜2カップ
  • 塩 ……… 小さじ1/2
  • こしょう ……… 少々

にんにくをつぶして香りを移す

炒めたトマト・玉ねぎに魚介を入れる

サフランをお湯で色だしして加える

作り方

材料の準備
  1. 玉ねぎとトマトは粗みじん切りに、セロリはざく切りにする。エビは尾をつけたままからをむき、背わたを取り除き、洗う。鯛はそのままで。ホタテは半分の厚さにそぎ切りにする。
  2. イカは軟骨を取り除き、ワタ(内臓)を取り出す(新鮮な場合はとっておく)。げそを取り出し食べやすく刻む。えんぺらは食べやすい大きさに、胴は7mm程度の輪切りにする。
  3. サフランは小皿に入れ、ひたひたの湯(約大さじ2)で戻しておく。
手順
  1. 鍋にオリーブオイルを入れ、皮をむいてつぶしたにんにくを入れて、いい香りがして少しきつね色になるまで揚げ煮にする(鍋を傾けてにんにくがオイルにひたるようにする)。
  2. 1に玉ねぎを入れ透き通るまで炒める。セロリ、トマトも入れ、塩小さじ1/2、こしょう少々、ハーブ類を加え、玉ねぎが柔らかくなるまで煮込む。
  3. エビ、イカ、ホタテ、鯛を入れ、白ワインと水(適当量)を加えて、魚介類に火が通るまで10〜15分間煮込む。最後の5分でもどしたサフランを加え、スープの味をみて塩・こしょうで味を調える。
  4. フォンデュ用コンロまたはカセットコンロで、3の鍋を弱火で温めながら食べる。

【ステップ2】生卵を落としてガーリックトースト

トーストににんにくをこすりつける

鍋に卵を落として半熟に

半熟卵をトーストですくう

材料(2人分)

食材
  • にんにく ……… 1/2片
  • バゲット ……… 7mm程度の厚さのスライスを6枚〜8枚程度
  • 卵 ……… 2個

作り方

手順
  1. バケットはあらかじめスライスして1〜2時間広げておき、かるく乾燥させる。これをオーブンまたはトースターでこんがり焼く。
  2. 半分に切ったにんにくの切り口を、1のトーストしたバケットにすりつけて香りを移す。
  3. 鍋に卵を落として半熟に煮、2のトーストで半熟卵をすくって食べる。

【ステップ3】パルメザンチーズ入りリゾット

材料をすくいあげる

ごはんを加えて弱火で煮る

パルメザンチーズを加える

材料(2人分)

食材
  • イタリアンパセリ(生) ……… 粗みじん切りを大さじ2
  • ご飯 ……… ご飯茶碗に一杯(約150g)
  • パルメザンチーズ ……… 約大さじ2

フレッシュ(生)のハーブS&Bでも取り扱っています。

作り方

手順
  1. ステップ2で食した後の鍋に残った具をすくい上げる。
  2. 1にご飯を加え、弱火で柔らかくリゾット状になるまで煮る。さらにイタリアンパセリを加えてサッと混ぜあわせる。
  3. パルメザンチーズを振りかけて食べる。

▲pagetop

【CAFE RECIPE 2】新春のイチゴサラダ

イチゴが運ぶ春の香りをいっぱい味わえる甘酸っぱいサラダ。やわらかな風味のフレッシュハーブがイチゴと絶妙の組み合わせです。旬のグリーンピースの甘味とカブのやさしい辛みと歯触りもポイント。ゆで卵の黄色もおいしい色合いです。



ここがKEY

意外な組み合わせ。旬の素材のハーモニー

レシピのポイント

  • イチゴの甘さをハーブソルトでマイルドに。
  • イチゴの赤、野菜とハーブの緑、卵の黄色。
  • 目と香りと味で楽しむ春の味。

材料(2人分)

Herb&Spice
  • チャービル(生) ……… 約10g
  • ディル(生) ……… 約10g
  • ベビーリーフ(生) ……… 約20g(1袋)

フレッシュ(生)のハーブS&Bでも取り扱っています。

食材
  • イチゴ ……… 13個(トッピング用に5個、ドレッシング用に8個)
  • カブ ……… 1個
  • グリーンピース ……… さやから出して大さじ4程度
  • エンダイブ ……… 2〜3枚
  • ゆで卵 ……… 1個
  • 米酢 ……… 大さじ2
  • S&Bマジックソルト ……… 小さじ2
  • オリーブオイル ……… 大さじ4

ドレッシング材料

イチゴをピューレにする

ハーブをトッピング

作り方

材料の準備
  1. 野菜とハーブ、イチゴは洗い水気を切る。エンダイブは一口大にちぎる。
  2. カブは皮をむき、2〜3mmの厚さにスライスする。グリーンピースはさやから取り出し、塩を加えた湯で柔らかく茹でる。サラダのトッピング用のイチゴ5個はへたを取って5mm程度にスライスする。
  3. ゆで卵はからをむき、くし形切りにする。
手順
  1. ドレッシング用のイチゴ8個はへたをとり、ざるでつぶしてこす。そこに酢、マジックソルトを加えてよく溶かし混ぜ、オリーブオイルを加えてさらに混ぜてドレッシングにする。
  2. 器に野菜類、ベビーリーフをバランスよく盛り合わせ、ゆで卵も盛り付ける。トッピング用のイチゴを飾る。
  3. 最後にチャービルと、ディルをちぎってトッピングする。
  4. 食べる直前に1のイチゴドレッシングをかけて食べる。

レシピメモ

  • 野菜類、ハーブの水気はよく切るとおいしい。
  • イチゴの水気は、ペーパータオルなどでやさしく拭き取りましょう。
  • ドレッシングをかけたら、香りが新鮮なうちにいただきましょう!

▲pagetop

【CAFE RECIPE 3】りんごシャーベット

あまりにあまりに簡単なシャーベット、でも本格的。アーモンドのリキュール「アマレット」の香りがリンゴにやさしくなじんでおいしい!ペパーミントとシナモンのアクセントで後味もすっきり。



ここがKEY

りんごに風味を付けて凍らせるだけのシャーベット

レシピのポイント

  • りんごは薄くスライスして歯触りをよくして。
  • 皮の赤さがアクセント。
  • 砂糖とアマレットで柔らかく凍る。

材料(2人分)

Herb&Spice
  • ペパーミント(生) ……… 葉だけを、大さじ1
  • シナモンパウダー ……… 小さじ1

フレッシュ(生)のハーブS&Bでも取り扱っています。

スパイスS&Bでも取り扱っています。

食材
  • リンゴ ……… 1/2個
  • レモン ……… 1/2個
  • アマレット ……… 大さじ2
  • 砂糖きび糖 ……… 大さじ2

リンゴをスライスする

砂糖・アマレット・レモン汁をかける

冷凍したものを叩いて砕く

作り方

材料の準備
  1. リンゴはよく洗い、皮付きのままごく薄くスライスする。
手順
  1. 冷凍用ジッパー袋にスライスしたリンゴ、アマレット、砂糖きび糖を入れ、レモンをしぼり入れる。
  2. 1を冷凍し、凍ったらすりこぎなどで粗く砕く。
  3. 2を器に盛って、ペパーミントの葉を添えシナモンを少量振りかける。

レシピメモ

  • リンゴに味を付けたところで味見をして足りなかったら、砂糖、アマレットを足す。
  • すりこぎで砕くときは、砕きすぎないように注意しましょう。

▲pagetop

【とっておきのハーブティー】しょうが紅茶

まだまだ風邪の心配な季節。風邪予防に役立ち身体を温めるしょうがをたっぷり摂りたいものです。紅茶にしょうがを入れるしょうが紅茶(ジンジャーティー)が効果的です。紅茶に含まれるカテキンやタンニンも風邪予防や風邪の引き初めにいいと言われます。皮付きしょうがのスライスを、黒砂糖で煮たしょうがの砂糖煮を作っておけばいつでも使えて便利ですが、生のしょうがの強力パワーを即効で使えるしょうが紅茶も試してみてはいかがでしょう。はちみつには喉を潤し、炎症を鎮める働きがあります。

しょうがをすりおろす

お湯を注いでむらす

しょうがのスライスを浮かべる

材料(カップ3杯分)

  • 紅茶 ……… 大さじ1
  • しょうが ……… すりおろしたものを大さじ1
  • はちみつ ……… 大さじ2程度

作り方

  1. ティーポットとカップはあらかじめお湯で温めておく。
  2. ポットに紅茶の茶葉と皮付きのまますりおろしたしょうがを入れ、沸騰したての熱湯を注ぎ、ふたをして10分ほどおく。(ポットカバーをすると冷めなくてより効果的)
  3. カップに2を注ぎ、好みでミルクとはちみつを混ぜてゆっくりと飲みましょう。しょうがのスライスを浮かべるとおいしさが増します。

レシピメモ

  • ミルクは飲む直前に入れましょう。先に耐熱性のカップにミルクをいれ、レンジ等で温めてからしょうが紅茶をそそぐと、より熱々で飲めます。
  • しょうがは皮の下の部分に重要な精油分を含むので、洗ったあと皮はむかずにすりおろすことが肝心です。

▲pagetop

【文】榊田千佳子 【スタイリング】榊田千佳子 【撮影】タケダトオル、榊田千佳子 【料理アシスタント】吉田雅紀子、吉川和美