home

デリシャスハーブ 食卓に香りを!ハーブレシピ

6年目を迎えた「とっておきのハーブ生活」。ハーブ&スパイスを使ったおいしいメニュー・楽しいメニューをたくさんご紹介し、アーカイブのレシピもどんどん増えています。「ハーブが好きな人が集まるようなカフェをやれたらいいね!」スタッフのそんな夢を、今回から、バーチャルですがWeb上で実現してみました。さあ『とっておきカフェ』オープンです!ランチを食べに、ハーブティーでひと休みに、どうぞお立ち寄り下さい。

実りの秋の中華点心コース

とっておきのカフェ、今月はちょっと手の込んだ中華点心のプレートをメインに旬のきのこのとろーりスープとレモンバーム風味の杏仁豆腐。ランチというには贅沢なちょっとしたコース料理。でも、作ってみたら簡単で驚きのメニューです。

とっておきのCafeレシピ

月替わりでお届けする魅惑のセットメニュー。メインプレートに、スープまたはオードブル、プラスデザートで、季節感とハーブの香りをいっぱいにしたいと カフェスタッフ一同、がんばっています!

【CAFE RECIPE 1】中華点心プレート

秋はこっくりしたお料理が食べたくなります。いつも通りお野菜中心ながら、こくのある中華点心プレート。マスタードグリーンで巻いて食べる大根モチは感動のおいしさ。ネギトロロールはこれから居酒屋さんでもはやりそうなレシピです。ハーバルチャーハンは、チャーハンの基本なので是非トライを!



ここがKEY

途中まで作っておけて、パッと調理

レシピのポイント

  • 大根の甘味と干しあみエビの香ばしさ、ビタミンとカルシウムたっぷり。
  • 風邪予防にネギの素焼き。中にはマグロトロが。
  • ハーブがたっぷり、油ひかえめチャーハン。

A.大根もち

材料(4人分)

Herb&Spice
  • マスタードグリーン ……… 4枚
    *サラダ菜やグリーンリーフなどでもOK

フレッシュ(生)のハーブS&Bでも取り扱っています。

食材
  • 大根 ……… 300g
  • あみエビ ……… 10g
  • 上新粉 ……… 120g
  • 塩 ……… 小さじ1/2
  • ごま油 ……… 大さじ1

レンジをかけた後、粉をかける

まぜたところ

バットに入れてレンジにかける

作り方

材料の準備
  1. 大根を5mm×5mm×1.5cmほどのせん切りにする。マスタードグリーンは洗って水気をきる。
手順
  1. 大根のせん切りを耐熱容器に入れ、電子レンジにかける。(600Wで約5分)
  2. 1に上新粉、あみエビ、塩、お湯約2/3カップを混ぜ入れ、よく錬り混ぜ、ラップを敷いた耐熱バットに約1cmの厚さで敷きつめ、上からラップをぴったりと貼り付ける。
  3. 2を電子レンジにかけて火を通し(600Wで5分〜8分)、冷めたら切り分けておく。
  4. フライパンにごま油を敷き、3を両面こんがりと焼く。
  5. Bのネギトロロール、Cのチャーハン、マスタードグリーンの葉とともにプレートに盛りつける。

レシピメモ

  • 切り分けて焼いたものは冷蔵庫で2日ほど保存できます。それ以上保存する場合は焼いた後で、冷凍に。いずれも食べる前にごま油でこんがりと焼きましょう。
  • 初めから保存しておくつもりなら、焼き目を浅めにしておき、食べる前にこんがり焼き直しましょう。

白ネギトロロール

材料

ねぎに中身を入れる

焼く

材料(約8〜10個分)

Herb&Spice
  • 青シソ ……… 4〜5枚
食材
  • 白ネギ ……… 2本
  • ネギトロ用まぐろのたたき ……… 150g
  • 合わせみそ ……… 大さじ1

作り方

材料の準備
  1. 白ネギを5cmの長さに切り、中心の部分を箸で押して、ちくわ状になるように抜き取る。外側は斜め半分に切り、抜き取ったネギの中心の部分はみじん切りにする。
  2. 青シソはみじん切りにして、さっと水に放ちペーパータオルで水気を拭き取る。
手順
  1. ネギトロ用まぐろのたたきにネギと青シソのみじん切り、合わせみそを混ぜ入れ、詰めものを作る。
  2. 手順1で作ったネギの外側に、1の詰めものを手で詰め、直火でこんがりと焼く。

レシピメモ

  • ネギトロ用まぐろのたたきがない場合は、まぐろの刺身や、刺身用のさくを利用しましょう。赤身のまぐろに脂肪分を足すためには、詰めものを混ぜ合わせる時に小さじ1杯のサラダオイルを加えましょう。オリーブオイルでもOK!
  • 青ジソは刻むとアクがでるので、さっと水に放つときれいな色と風味が保てます。

ハーバルチャーハン

材料

卵をジュッと入れご飯を加える

具を加えて炒める

材料(2人分)

Herb&Spice
  • イタリアンパセリ ……… みじん切りを大さじ4
  • チャイブ ……… みじん切りを大さじ4

フレッシュ(生)のハーブS&Bでも取り扱っています。

食材

作り方

材料の準備
  1. イタリアンパセリとチャイブはみじん切りにする。ご飯を準備(冷たい場合は温めておく)。
  2. 卵は割りほぐし、ひとつまみの塩を加えて軽く混ぜる。
手順
  1. フライパンにサラダオイルをしき強火で十分に温めたら、卵をじゅっと流し入れさっと大きくかき混ぜたらすぐに温めておいたご飯を加え、卵と切り混ぜるようにさっさっと炒める。
  2. 1に引き続きハーブ類を加えて手早く炒め合わせ、最後にオイスターソースとこしょうで味を調える。

レシピメモ

  • フライパンを火にかけてから数分でできあがるので、すべての材料を手元に用意しておくことが肝心!強火で手早く調理しましょう。
  • 卵を割りほぐす時は、あまりかき混ぜ過ぎないようにする。かき混ぜ過ぎると、ふわっとした卵焼きにならない。
  • オイスターソースの塩分は商品によって異なるので、味見をして加減しましょう。

▲pagetop

【CAFE RECIPE 2】きのこトロ〜リ中華風スープ

年中手に入るきのこですが、旬は今!おいしいきのこをたっぷり使った中華風スープで秋を満喫しましょう。しょうがとセロリで味にアクセントがつき、きのこのおいしさも引き立ちます。きのこは手に入る種類何でもOKです。



ここがKEY

ひとつのお鍋でスピード調理

レシピのポイント

  • きのこの自然なとろみで片栗粉いらず。
  • セロリも煮るととろ〜り甘くなる。
  • コリアンダーのトッピングでエスニック風味。

材料(4人分)

Herb&Spice
  • コリアンダー(葉) ……… 枝葉をざくざく刻んで約1カップ
  • しょうが ……… 親指サイズを2片(約15g)

フレッシュ(生)のハーブS&Bでも取り扱っています。

食材
  • エノキ ……… 150g
  • エリンギ ……… 150g
  • シイタケ ……… 150g
  • セロリ ……… 180g
  • ごま油 ……… 大さじ1
  • 塩・こしょう ……… 少々
  • S&B鶏がらスープ ……… 少々
  • 酒 ……… 大さじ1
  • 水 ……… 約5カップ

材料

炒める。

鶏ガラスープを入れる。

作り方

材料の準備
  1. きのこ類は洗って石づきをとる。エノキは半分(または1/3)に切り、エリンギは薄切りにして7mm×4cm程度のせん切りに。シイタケは薄切りにする。
  2. セロリは軽く筋をとり、エリンギと同じぐらいの大きさのせん切りにする。しょうがはきれいに洗って、皮ごと薄切りにする。コリアンダーの枝葉はざく切りにする。固い枝の部分は取り置いて別の料理に使う。
手順
  1. 鍋にごま油をしき、3のしょうがを炒めて香りを引き出す。
  2. 1にきのこ類とセロリを加え、塩ひとつまみとこしょうを少々振り、しんなりするまで炒める。
  3. 2に水と酒を加え一煮立ちしたら、鶏がらスープをちょうどいい味になる量だけ味見をして加える。
  4. 器に盛ってコリアンダーの葉をトッピングする。

レシピメモ

  • しょうがは、皮の部分に香りと重要な薬効成分を含むので、皮をむかずに使いましょう。
  • きのこの量も好みで調節しましょう。
  • コリアンダーの枝の固い部分と根の部分は料理にいい風味を加えるので、必ずとっておきましょう。セロリの葉の部分も同様です。炒め物やスープに入れるとおいしい!

▲pagetop

【CAFE RECIPE 3】杏仁豆腐

杏の果実の種の中の部分を杏仁(きょうにん)といい、通常乾燥した状態で売られています。本格的な杏仁豆腐に使われるのはこの杏仁を水とともにミキサーで粉砕した汁ですが、杏仁霜というパウダー状になったミックスが売られているので、利用しましょう。とっておきのカフェの特製杏仁豆腐は、さわやかなレモンバーム風味でひと味違ったおいしさです。



ここがKEY

レモンバームのティーをシロップに

レシピのポイント

  • 砂糖もサトウキビ糖などの自然なもので、栄養アップ。
  • 漢方にも使われる杏仁で気分爽快に。
  • アーモンドのような香りで幸せ気分。

材料(約3〜4分)

Herb&Spice
  • レモンバーム ……… 30g

フレッシュ(生)のハーブS&Bでも取り扱っています。

食材
  • お湯 ……… 1カップ(レモンバームシロップ用)
  • サトウキビ糖……… 1/2カップ(レモンバームシロップ用)
  • サトウキビ糖 ……… 大さじ2(杏仁豆腐用)
  • 牛乳……… 400cc
  • 杏仁霜 ……… 大さじ2
  • 粉ゼラチン ……… 5g
  • ブルーベリーなどのフルーツ ……… 適当量

ゼラチンをもどす。

レモンバームを煮出す。

ビンに入れる。

作り方

材料の準備
  1. 粉ゼラチンを小鉢などに入れ、大さじ2程度の水で約5分間ふやかす。
  2. レモンバームは洗って葉をはずす。枝先を4~5個トッピング用に残しておく。
手順
*レモンバームシロップ
  1. 小鍋に1カップの湯を沸かし、レモンバームの葉を入れてもう一度沸騰したら火を止めてふたをして10分ほどおく。
  2. 1をこして、サトウキビ糖1/2カップを加えて煮とかす。あら熱がとれたら冷蔵庫で冷やす。
*杏仁豆腐
  1. 小鍋に牛乳を入れ、杏仁霜とサトウキビ糖、ふやかしたゼラチンを加えすっかり煮とかす。少しとろみが出るまで5分ほど弱火で加熱する。
  2. 1のあら熱がとれたらガラス瓶に入れる。ボウルに水を張ったところに水道からちょろちょろと水を流して流水にしておき、ガラス瓶を入れてなるべく早く冷ます。
  3. 2が冷めたら、冷蔵庫に入れて3時間程度冷やして固める。
  4. 杏仁豆腐が固まったら器にすくって盛り、レモンバームシロップをかけてブルーベリーと残しておいたトッピング用のレモンバームの枝先をあしらう。

レシピメモ

  • ガラス瓶よりも平らなバットの方が早く冷めるし固まりやすい。ただし、すくったときに十分な厚みがあるような容器を選びましょう。
  • レモンバームシロップは盛りつける時にかけましょう。早くかけるとシロップが濁ってしまいがちです。

▲pagetop

【とっておきのハーブティー】桑の葉のハーブティー

7月号ガーデンニングハーブの「変わり種ハーブ図鑑」でピックアップした「桑」。今回は、桑の葉を粉状にして飲むハーブティーを詳しくご紹介します。

《桑の葉ってスゴイ!》

健康に有益なミネラル成分、毛細血管を強くするフラボノイド類、殺菌作用を持った精油成分を含みます。さらにカルシウムは牛乳の27倍、鉄は小松菜の15倍、デトックス作用のある亜鉛も豊富。

さらに…
桑葉にはデオキシノジリマイシン(1-deoxynojirimycin; DNJ)が含まれていることが近年の研究で明らかになりました。DNJ はブドウ糖の類似物質で、小腸で糖の吸収を抑制する作用を持つことから、血糖値の上昇が抑制されます。

7月号、桑の「変わり種ハーブ図鑑」はコチラ!→ ハーブ生活vol.4 ガーデニングハーブ

生葉

すりばちでする

材料(できあがり約4カップ)

  • 桑の乾燥葉 ……… 約20枚

作り方

  1. 桑の葉はビニール袋に入れたまま手でもんで細かくする。ここで大きな筋は取り除く。これをすり鉢で根気よくすり、細かい粉状にする。
    *ミキサーやミルを使うと簡単に粉状にできる。
  2. 目の細かいざるでこし、密閉容器に入れてなるべく冷蔵庫で保存する。
  3. カップに2の粉状の桑の葉を小さじ1入れ、約100ccの水を加えよくかき混ぜる。100回ほどかき混ぜるととろみがでて成分も引き出されます。氷を1個入れて飲むとけっこうおいしい!

レシピメモ

  • 上の飲み方の水をお湯にしてもOK。成分はもっと引き出されやすいと思われます。一方ビタミンは水の方が失われないと思われます。

▲pagetop

【文】榊田千佳子 【スタイリング】榊田千佳子 【撮影】タケダトオル、榊田千佳子 【料理アシスタント】吉田雅紀子、吉川和美