home

エンジョイハーブ お気に入りのハーバルライフを!

『エンジョイハーブ』では、ハーブを使った香りのクラフト、ハーブ染め、美容とスキンケア等、ハーブをエンジョイするテクニックやアイディアを紹介します。今井和世さんのイラストでお届けする《ビューティーハーブレッスン》。プレゼントにぴったりのアロマなグッズを紹介する《アロマな手作りギフト》。ハーブ&スパイスレシピをグレードアップする《使いこなそうハーブ&スパイス》など盛りだくさん!

ラベンダーのアロマクラフト

6月といえば、ラベンダーの季節。ハーブのお花人気ナンバー1のラベンダーは、なんといっても香りが素晴らしく、お花はかわいくて、眺めているだけでも癒されますね。今月は手に入りやすいドライのラベンダーを使った簡単手作りギフトをご紹介します。

アロマな手作りギフト

【HERB RECIPE 1】バラのつぼみとラベンダーの香り箱

アロマクラフト(香りの手作り)をする時、まず考えるのはアロマな材料。今回はラベンダーをチョイスしました。次に探すのは、容器やリボンなどインスピレーションを与えてくれる材料です。今回手芸屋さんで見つけたオーガンジーを張ったワイヤーの箱に一目惚れ!すぐに残りの材料はバラのつぼみに決定しました。ラベンダーの青紫と、ケンティフォリアローズのやさしいピンクがしっくり。香りも絶妙なバランスです。



器にオアシスを入れる

バラを挿す

ラベンダー、クローブを挿す

材料

Herb&Spice
  • 茎付きラベンダー(ドライフラワー) ……… 20〜30本
  • バラのつぼみ(乾燥) ……… 30〜40個
  • クローブ(粒) ……… 20〜30個

フレッシュ(生)のハーブS&Bでも取り扱っています。

材料
  • オーガンジーとワイヤーの箱 ……… 1個
  • カラーオアシス ……… 箱に収めるぐらいの大きさを用意
  • ワイヤーリボン ……… 30〜40cm

*箱(容器)は手に入る気に入ったものを。かご、陶器、ガラスなど、素材は何でも。ふた有りでもふた無しでもかわいくできます。リボンはワイヤー入りのものが巻き付けやすく、ニュアンスもつけやすいので便利ですが、ワイヤーなしでももちろんOK。

*育てたラベンダーを使う場合は、つぼみがふくらんだ頃収穫して、花穂を小さな束にし、下向きにつり下げて乾燥させましょう。

つくりかた

材料の準備
  1. 容器に合わせてカラーオアシスをカットして中に入れる。ハーブを挿した後、ふたが閉まるように高さを調節。
手順
  1. 容器にセットしたカラーオアシスに、バラのつぼみを挿す。全体に挿してもいいし、中心部分、または周辺部分に挿してもいい。
  2. ラベンダーの花穂をちょうどいい長さに切り(または折る)、1で挿したバラの間に挿す。力を入れるとラベンダーの茎が折れてしまうので注意。
  3. バラとラベンダーの隙間にはめるような感じでクローブを挿す。短いのでオアシスにはささらないが気にしないで。エキゾチックな香りとナチュラルな雰囲気が加わる。

使いかた

  • 好きな場所に飾りましょう!
  • ふたをしてラッピングしたら素敵なアロマギフトに。
  • ラベンダーやバラのエッセンシャルオイルをクローブに垂らしてしみ込ませると、もっとゴージャスな香りになります。

【HERB RECIPE 2】ラベンダークッションの小物入れ

あまりにも簡単で、ご紹介するのも恥ずかしいぐらいのアイディアですが、これは意外に楽しいと思います。
おみやげにもらったイタリア製の陶器の小物入れに、ラベンダーの花をふんわりとクッションのように入れた上に、お気に入りのリングやイヤリングを置いて見せる収納に。
次にリングを付ける時、香りがほんのりついていますよ。



材料

  • ラベンダーの花 ……… 適量
  • お気に入りの容器

つくりかた

  1. お気に入りの容器にラベンダーの花を適量入れるだけ。

使いかた

  • アクセサリーなどの小物をプレゼントするときに、かわいい容器や箱にラベンダーの花を詰めてラッピングしてみましょう。
  • プレゼントの時には、小物が埋もれてしまわないように、薄紙などで包んで入れましょう。
  • ラベンダー以外にも、バラの花びら、ミント、ローズマリー、マリーゴールド、コーンフラワーなど色や香りが素敵なハーブをラッピングのクッションにしてみてはいかがですか。

【ハーブでハウスキーピング】ハーブで消臭・抗菌

梅雨時は湿気が多いせいか臭いが気になります。市販の消臭剤を使うより、天然のエッセンシャルオイル(精油)の抗菌・消臭作用を利用したいもの。簡単で楽しいアイディアをご紹介します。

保冷材で消臭剤

【Recipe1】保冷剤で芳香・消臭剤

最近デパートなどで冷菓子やケーキを買うと、保冷剤が付いてきます。取っておくとかなりの数になるのではないでしょうか。この保冷剤、単に水をプラスチックの袋に入れたものを凍らるだけのタイプもありますが、ほとんどは高分子吸収体に水を含ませてゲル状にしたものです。
袋から取り出した高分子吸収体のゲルをガラスの容器に入れ、そこにエッセンシャルオイルを混ぜ入れると香りが長い間保たれ、とてもいい芳香・消臭剤になります(写真は、ふたのできるワイヤーの箱に色紙を敷き、その上にガラスの小皿にゲルを入れたものを置いたアイディア)。

おすすめ精油

好きな香りをどれでもどうぞ!

  • レモン・ライム・グレープフルーツ・オレンジ・ベルガモットなどの柑橘系
  • ラベンダー・ローズなどの花の精油
  • ローズマリー・ミント・レモングラス・パイン・ヒノキなどのハーバル、森林系の香り
ポイント
  • 精油の混ざったゲルを、お子さんやペットが口にしないように十分に注意しましょう。
  • ゲルは少しずつ水分が蒸発して最後には小さな固まりになってしまいます。これに水を足すとまたゲル状に戻すことができます。でも違う種類のエッセンシャルオイルを混ぜ込む場合は、新しい保冷剤を使った方がいいでしょう。

トイレットペーパーの芯にアロマ

【Recipe2】トイレットペーパーにアロマ

トイレットペーパーに香料がしみ込ませてあるものが市販されていますが、普通のペーパーでも、芯の部分に精油をしみ込ませれば、簡単にアロマなトイレットペーパーになります。お好きな香りの精油を選んで下さい。
コロコロとペーパーのロールを引き出すたびに香りが広がって、意外に効果的!

ポイント
  • トイレの香りにはすっきりした柑橘系や、森林系の香りがいいでしょう。
  • またティートゥリーやタイムなど、抗菌力の高い精油の香りもトイレにはぴったり。

くつの中敷きに和紙

【Recipe3】くつの中敷きに和紙のアロマ

汗で蒸れがちなスニーカーの中敷きに、しっかりした和紙(またはボール紙)を切り抜いて中敷きを作り、エッセンシャルオイルをしみ込ませて使います。

ポイント
  • ティートゥリー、ローズマリー、ミント、ユーカリ、レモングラスなど、抗菌力があり、さわやかな香りのものがいいでしょう。
使いかた

紙製の中敷きなので、基本的に使い捨て。新しい香りを付ける時は新しい中敷きに換えましょう。

【使いこなそうハーブ&スパイスパワーアップ講座】フォションドレッシングを使って

マイユのディジョネーズは、フランスのブルゴーニュ地方の中心、ディジョンに本拠地を構えるフランスの代表的なマスタードやビネガーのブランド、「マイユMAILLE」が産み出した、なめらかな食感と酸味と辛味が絶妙なバランスのクリーミーなマスタードスプレッドです。これ一つだけで、サンドイッチやサラダがおいしく変身!このディジョネーズを使い、クイックピザを作ったら素敵なカフェメニューになりました。

【応用レシピ】ディジョネーズのクイックピザ

デジョンマスタードのぴりっとした辛みとマヨネーズの酸味がマイルドに溶けあったクリーミーなデジョネーズ。バゲットや食パンに、ハムやソーセージ、玉ねぎ、ピーマンなどあり合わせの材料を薄切りにしてのせ、デジョネーズをたっぷりのせて焼くだけで、風味豊かなピザ風オードブルに変身!


材料(2人分)

Herb&Spice

フレッシュ(生)のハーブS&Bでも取り扱っています。

食材
  • バゲット ……… 約1〜1.5cmの斜め切りを4枚
  • タマネギ ……… 小1個(約50g)
  • ミディトマト ……… 中1個(約100g)
  • ソーセージ ……… 4本(約70g)

材料

バゲットを切る

ディジョネーズをのせる

作り方

材料の準備
  1. バゲットを斜めにスライスする。タマネギはごく薄く、トマトは約8枚の薄切りに。ソーセージは縦に3枚のスライスにする。
  2. バジルはそのまま、イタリアンパセリは茎を除いて葉だけにする。タイムは茎から葉をしごき取る。
手順
  1. バゲットを並べ、それぞれにディジョネーズを薄く塗る。
  2. それぞれにバジル、タマネギ、イタリアンパセリ、トマト、ソーセージを適量のせる。
  3. 2の上にディジョネーズをたっぷりのせ(約大さじ1ずつ)、タイムの葉を散らす。
  4. トースターにアルミフォイルを敷いて2分ほど焼き、ピザの上にアルミフォイルをのせてさらに約3分焼き、最後にアルミフォイルをはずして2〜4分焼く。上にのせたディジョネーズがぐつぐつとして、軽く焼き目が付くぐらいまで様子を見ながら焼く。

レシピメモ

  • トースターの能力に応じて、調理時間を調整しましょう。
  • ハーブは他に、マジョラム、セージ、ローズマリー、ルッコラ、チャービル、チャイブなど。
    マジョラム、セージ、ローズマリーなど香りの強いハーブは細かく刻んで少量加え、香りのマイルドなルッコラ、チャービル、チャイブなどは小さく刻まなくてもOK!

【文】榊田千佳子、エスビー食品【スタイリング】榊田千佳子 【撮影】タケダトオル、榊田千佳子 【料理アシスタント】吉田雅紀子、吉川和美

つぶやき

先日、自分たちの30周年<三十路>を記念して、10年来の友人たちとホームパティーをしました。

その際、何か喜ばれるプレゼントを・・・と、オリジナルの調合で作った『七味唐辛子』と『スパイス&ハーブソルト』をオリジナルラベル付きで用意してみました。

七味には“唐辛子”などの7種類のスパイス&ハーブに、“柚子”をプラス。ソルトは、これからの時期おすすめのハーブ“バジル”を主体に、風味豊かな“オニオン”を強めに効かせて・・・。私好みのオリジナルスパイス&ハーブブレンドを私のウンチク付きでご提供!

10年前は“料理”には全く興味がなかった友人たちですが、今では、自宅でハーブを育てて料理に使ったり、料理レシピ検索を楽しんだり・・・とそれぞれのスタイルで毎日の食事を楽しむような生活を送っていて・・・今回のスパイス&ハーブのプレゼントはとっても喜んでもらえましたっ!

私たちの生活に欠かせない“食事”、それを楽しむって本当にステキだなぁとシミジミ。

単にみんなとワイワイするだけでも幸せな気分になりますが、そこにおいしい料理があり、ちょっとしたスパイス&ハーブの話題があると、とってもウキウキ気分になります。

次のイベント予定はスパイス&ハーブで香るバーベキュー!
みんなで、フライパンで作るパエリアやスパイシータンドリーチキンなどのメニューを作る予定です。
春から秋にかけて、行楽が楽しい季節。そんな行楽の中でも人気のバーベキューで、みなさんも是非スパイス&ハーブを香らせてみてください。

山田かず美(エスビー食品)のつぶやき

スタッフプロフィール

総監修・執筆
榊田千佳子
監修・執筆
鈴木理恵
写真
タケダトオル
 
榊田千佳子
イラスト
いまいかずよ
Webデザイン
有限会社デザインゲート
制作ディレクション
株式会社サイバーエージェント

来月号のお知らせ

暑さも本格的になる7月、とっておきカフェでは、さっぱりとした和風のメニューを用意しました。さっぱりとしながら、栄養もしっかりです。育てるハーブは夏のハーブの人気No.1のバジル特集。エンジョイハーブは、涼やかな夏のアロマグッズのコレクションです。

エスビー食品株式会社

〒174-8651 東京都板橋区宮本町38-8
本ホームページの掲載記事・画像、イラスト等の無断転載を禁じます