エンジョイハーブ お気に入りのハーバルライフを!

『エンジョイハーブ』では、ハーブを使った香りのクラフト、ハーブ染め、美容とスキンケア等、ハーブをエンジョイするテクニックやアイディアを紹介します。今井和世さんのイラストでお届けする《ビューティーハーブレッスン》。プレゼントにぴったりのアロマなグッズを紹介する《アロマな手作りギフト》。ハーブ&スパイスレシピをグレードアップする《使いこなそうハーブ&スパイス》など盛りだくさん!

Mrs.Melissa's ビューティーハーブレッスン

ハーブ大好きのミセス・メリッサが、楽しみながらヘルシーに美しくなる秘訣を伝授するビューティーハーブレッスンのコーナーです。そうそう、私ミセス・メリッサは夫と犬のハナが家族というハーブが大好主婦。ハーブを育てていろいろに使って楽しんでいます。今年もビューティーなハーブレシピをいっぱいお届けしますね!

BEAUTY HERB LESSON

お肌つるつるハーバルぬか袋

朝夕の空気がひんやりと感じる季節になりました。皆さんお肌の調子いかがですか?Mrs.Melissaのお肌は急にかさかさになって来た感じ。
こんなときはお風呂でスペシャルケアを!昔ながらのぬか袋をアレンジして、口に入れても安全なしっとり材料と、ハーブを組み合わせたパッティング用ハーバルボールで、しっとりお肌を取り戻しましょう。

ハーバルぬか袋(ハーバルボール)3種

タイの健康法でも使われるハーバルボールの日本バージョン。タイではツボを刺激しながら薬効を重視しますが、こちらは昔ながらの美肌用。パタパタとパッティングしたり、するするこすったり、しっとりお肌を願いながらお風呂でビューティータイムを。ハーブの香りとしっとり作用がプラスアルファです。

材料(1回分)

A.米ぬか&カモマイル
  • 米ぬか ……… 1カップ
  • ドライのカモマイルの花 ……… 大さじ3
  • ガーゼ布 ……… 約25cm角にカットして2枚
  • 輪ゴム ……… 1〜2本
B.おから&フェンネルシード
  • おから ……… 1カップ
  • フェンネルシード ……… 大さじ3
  • ガーゼ布 ……… 約25cm角にカットして2枚
  • 輪ゴム ……… 1〜2本

スパイスS&Bでも取り扱っています。

*おからは、購入してからすぐに使うのならば生のままで。後で使うのなら、クッキングペーパーの上などに広げて完全に乾燥させ、すり鉢でするかミキサーなどで粉状にしてからジッパー袋に入れて冷蔵庫で保存。

C.スキムミルク&ローズ
  • スキムミルク ……… 1カップ
  • ドライのバラの花びら ……… 大さじ3
  • ガーゼ布 ……… 約25cm角にカットして2枚
  • 輪ゴム ……… 1〜2本

作りかた

<材料の準備>
  1. おからは、生か乾燥させたものどちらでも、すり鉢やミキサー、フードプロセッサーなどで、なるべく細かくしておく。カモマイル、フェンネルシード、バラの花びらは、すり鉢などで粉状にしておく。
<手順>
  1. ガーゼ布を広げ、目が粗い場合は2重に重ねて米ぬか又はおから、あるいはスキムミルクを真ん中にのせる。
  2. ハーブの材料を、ブレンド例に従って1のガーゼの上に乗せ、輪ゴムでしっかりとくくる。材料を入れたボール状の部分は、成分がしみ出しやすいようにゆったり目にしておく。

使いかた

  1. お風呂で身体を洗った後、湯船で暖まりながら洗面器に入れたお湯の中にハーバルボールを一つ入れ、揉まずにお湯を含ませておきます。
  2. 洗い場で、ハーバルボールを身体にパッティングしたり、こすったりして中の成分を肌になじませましょう。
  3. 後は、ぬるま湯のシャワーで軽く洗い流して終了。

*ワンポイント*

  • しっとり材料は他にもオートミール、アーモンドプードルなども効果的。
  • ハーブも、レモンバーム、ローズゼラニウム、ラベンダー、ローズマリー、セージ、パセリなど、肌にいいものならどれでもOK。すぐに使うなら、生のハーブを刻んだり、すりつぶしたりして使うのが一番。後で使う場合は乾燥ハーブ(ドライハーブ)を使用。
  • 作ったハーブボールや残ったしっとり材料は、酸化や劣化を防ぐため、密封して冷蔵庫で保存しましょう。生のしっとり材料やハーブを使った場合は、すぐに使用しましょう。

*注意事項*

お肌に異常を感じたら使用を中止しましょう。

【ハーブ&スパイスパワーアップ講座】「キムチ雑炊の素」を使って

秋冬になると食べたくなるあったかメニューの一つが雑炊。いかにも日本らしい秋冬のメニューです。S&Bの「キムチ雑炊の素」は、ごはんと玉子ですぐ出来る雑炊の素です。白菜キムチと唐辛子の旨みと辛みを活かした「鍋の最後に食べる雑炊」の味わいがお楽しみ頂けます。雑炊の素シリーズとして、他に「かに雑炊の素」「さけ雑炊の素」があります。健康感もあって気軽に作って食べられるS&Bの雑炊の素シリーズで、温かい秋冬を過ごしましょう。

SPICE&HERBシリーズ「キムチの素」

キムチ煮込みうどん&即席キムチ漬け

S&Bの「キムチ雑炊の素」を使って、即できて本格的なお味のキムチ煮込みうどんをつくります。冷蔵庫にある、あり合わせの野菜を薄切りにしてさっと煮て、うどんを加えて軽く煮込むだけ。味の決め手は、ごま油で焼いた半熟目玉焼き。チャイブをあしらうとおしゃれな印象に。柔らかな香味もプラスされます。即席キムチ漬けも超簡単でおいしい!

キムチ煮込みうどん&即席キムチ漬け

材料(1人分)
A)キムチ煮込みうどん
  • S&B「キムチ雑炊の素」 ……… 一袋
  • 水 ……… 250cc
  • 白菜 ……… 約50g
  • 大根 ……… 約50g
  • うどん ……… 1玉
  • チャイブ ……… 約10本
  • 卵 ……… 1個
  • ごま油 ……… 大さじ1
B)即席キムチ漬け
作りかた
<材料の準備>
  1. 煮込みうどん用の白菜と大根はごく薄い薄切りにする。
  2. キムチ漬け用のキュウリ、白菜、大根も薄切りにする(大きさ・形は、好みに応じて)。
  3. チャイブは飾り用に2〜3本を残し、2〜3センチの長さに切る。
<手順>
A)キムチ煮込みうどん
  1. 鍋に水を入れ、「キムチ雑炊の素」と白菜、大根を入れ、中火で2〜3分煮る。
  2. フライパンにごま油をしき、卵を割り入れて半熟の目玉焼きを作る。
  3. 1の鍋にうどんを入れ約3分間煮込む。
  4. 器に煮込んだうどんを盛り、目玉焼きを乗せチャイブをトッピングする。
B)即席キムチ漬け
  1. 厚手のジッパ−付き保存用袋に薄切りにしたキュウリ、白菜、大根を入れ、「キムチ雑炊の素」を加えて袋の上からよく揉み込む。

レシピメモ

  • 卵はうどんの中におとして半熟に煮る方法が普通ですが、中で崩れたり見かけが悪くなったりしがち。目玉焼きにすれば、きれいでおいしくて新鮮な印象に!
  • 煮込んでから長くおくと、うどんがスープを吸ってしまうので、材料をすべて用意してさっと調理して食べましょう。野菜も少ししゃきっと歯触りがあるぐらいがおいしい。
  • 即席キムチ漬けは、30分ぐらいでおいしく食べられるが、1~2時間おくともっと馴染んでおいしい。残ったら袋のまま冷蔵庫で保存。翌日は、くたっと柔らかくなって、これもおいしい!

【文】榊田千佳子、エスビー食品 【イラスト】いまいかずよ【スタイリング】榊田千佳子 【撮影】タケダトオル、榊田千佳子 【料理アシスタント】吉田雅紀子、吉川和美