デリシャスハーブ 食卓に香りを!ハーブレシピ

ハーブの香りと風味を生かした料理やお菓子など、ハーブクッキングのベーシックから「ひと味違う」応用テクニックまで、わかりやすいレシピ付きでお届けします。《元気なハーブレシピ》では、医食同源のコンセプトで、身体にいい食材とハーブ&スパイスを組み合わせたシンプルレシピを。もっと簡単なヘルシーレシピや手ごたえのあるレシピのコーナーも。毎月の《癒しのハーブドリンク》にも注目を!

秋の果物とハーブ&スパイス

実りの秋。夏バテから回復して食欲も満点です。秋は果物がおいしい季節。そのままガブリもおいしいけれど、ひと工夫で素敵な一品に。ハーブとスパイスでアクセントを付けると果物の風味が引き立つようです。

10分クッキング

食べるのは大好きだけど、それほど時間をかけられない、後かたづけも簡単にしたい。そんな時は、とっておきの10分クッキング。今回も、省けるところはどんどん省いて、簡単でおいしいお料理を創作しました!

【HERB RECIPE 1】柿と蕪の和えもの in Kaki Case

鮮やかな柿の実と白い蕪(かぶら)がさわやかな色合いの和えもの。柿の甘さと、みずみずしい蕪の香り、ごまの風味。歯触りの組み合わせが新鮮。 目でも味覚でも秋を感じて。

柿と蕪の和えもの

ここがKEYPOINT!

柿の実の器で秋気分満喫。料亭でいただくような雰囲気に。

レシピのポイント

  • 柿の甘味と塩味だけ
  • クセのないオイルで
  • ワインに合う

材料(2人分)

食材
  • 白炒りごま ……… 小さじ1
  • 柿 ……… 2個
    *身は1個分を和えものに使う。残りの1個分は身をくり抜いた外側だけ使う。
  • 蕪(かぶら) ……… 1〜2個(小さかったら2個)
  • 塩 ……… 少々
  • サラダオイル ……… 小さじ1/2
    *あれば、白いごま油(太白ごま油)やグレープシードオイル

作り方

柿は熟れすぎていないものを

器の底に穴が開かないように、ていねいに

サラダオイルで柿と蕪を和える

<材料の準備>
  1. 柿はふたになる上部をカットし中身をスプーンなどでくり抜く(穴をあけないようにていねいに)。
    くり抜いた身(1ケ分)は1cm角のさいの目に切る。
  2. 蕪は皮をむいて1cm角に切り、塩をふって軽くもんで5分ほどおいてから水分を軽く絞る。
<手順>
  1. 材料の準備1の柿の身と2の蕪、サラダオイルを混ぜ合わせ味見をし、塩加減が足りなければ、塩をふってなじませる。蕪の甘味を感じる程度の塩加減がいい。
  2. 和えたものを1の柿の器に盛り、煎りごまを振りかける。

レシピメモ

  • 柿は程良く熟れて、柔らかすぎないものを。すこし硬めがおいしい。
  • 中身の残った1個分の身は、デザートにして食べて。または器には入りきれないが、蕪の量を倍に増やして和えておいてもOK。

【HERB RECIPE 2】ハーブ風味のぶどう入りパンケーキ

ブドウの季節になりました。こくのある甘さの巨峰やマスカット、デラウェア。お菓子にも使われる秋の味覚をハーブと一緒にホットケーキに焼き込んでみたら、オドロキのデザートに。

ハーブ風味のぶどう入りパンケーキ

ここがKEYPOINT!

市販のホットケーキミックスにブドウとハーブを入れて焼くだけ!

レシピのポイント

  • バターで焼く
  • ヨーグルトソース
  • 熱々でも冷めても

材料(直径8cm程度のものを6枚分)

herb&Spice
  • チャービル ……… みじん切りを大さじ1
  • フェンネルシード ……… できれば生の未熟な種子大さじ1

フレッシュ(生)のハーブS&Bでも取り扱っています。
スパイスS&Bでも取り扱っています。

食材
  • ホットケーキの素 ……… 200g
  • 卵 ……… 1個
  • 牛乳 ……… 150cc
  • バター ……… 小さじ2
<ヨーグルトソース>
  • 無糖ヨーグルト ……… 大さじ3
  • メープルシロップ ……… 大さじ3

作り方

巨峰の皮をむいて種を取り除く

ホットケーキのタネを流し巨峰をのせる

途中で返し、色よく焼き上げる

<材料の準備>
  1. チャービルは洗って水気をとり、みじん切りに。巨峰は皮をむき、種があったら取り除いておく。
    フェンネルシードは乾燥スパイスの場合はフライパンでから煎りして、すり鉢で軽く砕く。生の未熟な種子は洗って水気をふき取り、一粒ずつバラバラにはずす。
  2. ヨーグルトとメープルシロップを混ぜてソースを作っておく。
<手順>
  1. ホットケーキのタネを作る。市販のホットケーキミックスに示されている作り方で作り、半分に分ける。
  2. 1で分けた片方のタネにチャービルを混ぜ、もう片方のタネにフェンネルシードを混ぜる。
  3. フライパンにバター小さじ1を入れ弱火で溶かし、2のチャービルを混ぜたタネを、直径8〜10cmのホットケーキ3枚分になるように丸く流し入れる。
  4. 3に、皮をむいておいた巨峰を一枚に付き5〜6個ずつのせ、弱めの中火で焼く。途中で返して、両面をこんがりと色よく焼く。
    同様に、2のフェンネルシードを混ぜたタネを3、4の要領で色よく焼く。
  5. 計6枚を皿に盛り、ヨーグルトソースを添える。

レシピメモ

  • バターは焦げやすいので、ぬるい程度のフライパンに入れて溶かす。熱したフライパンに入れると瞬時に焦げてしまう。
  • バニラアイスクリームを添えてもおいしい!
  • ブドウの甘味と水分のおかげでしっとりと焼き上がる。冷めてもおいしい。

【HERB RECIPE 3】豚肉のすりおろしリンゴ煮ローズマリーとタイム風味

リンゴは酸が豚肉を柔らかくし、甘味をプラスする相性ぴったりの食材。ローズマリーとタイムの風味で味を引き締める。

おっとさんのスタミナ焼きうどん

ここがKEYPOINT!

すりおろしリンゴと薄切りリンゴのダブルで煮込む

レシピのポイント

  • 食物繊維たっぷり
  • リンゴは皮ごとすりおろす
  • ハーブのトッピング

材料(2〜3人分)

herb&Spice
  • ローズマリー ……… 10cm程度のものを4枝
  • タイム ……… 10cm程度のものを4枝
  • にんにく ……… 2片

フレッシュ(生)のハーブS&Bでも取り扱っています。

食材
  • 豚肉 ……… ロースとんかつ用4枚(約350g)
  • リンゴ ……… 2個(1個約250g)
  • レモン ……… 1/2個
  • 玉ねぎ ……… 1個(約300g)
  • 塩 ……… 小さじ2
  • こしょう ……… 少々
  • オリーブオイル ……… 大さじ2

作り方

りんごをすりおろす

にんにくとハーブの香りを移したオイルで焼く

すりおろしリンゴと玉ねぎを加えて煮込む

リンゴのスライスを加えて煮る

<材料の準備>
  1. 豚肉は筋を切って脂身を取り除き、塩・こしょうで下味を付ける。
  2. リンゴはよく洗って、1個と半分を皮ごとすりおろし、レモン汁を混ぜ込んでおく。残りの半分のリンゴを3mm程度の薄切りにして、レモン汁をかけておく。
  3. にんにくは皮をむいて芽を取り除き、薄切りに。玉ねぎは薄切りに。
<手順>
  1. ハーブの香味油とトッピングを作る。フライパンにオリーブオイルを入れ、オイルが冷たいうちににんにくスライスを入れて中火の弱火でこんがり揚げ焼きにする。そこにローズマリーとタイム各々2枝ずつを入れ、香りが出てカラッとするまで揚げる。素揚げしたハーブとにんにくはペーパータオルにのせて余分油を吸い取る。
    *油が少ないので、フライパンを傾けて揚げる。
  2. 1のフライパンに、豚肉を入れ、両面こんがりと焼く。
  3. 2にすりおろしておいたリンゴとスライスした玉ねぎ、素揚げしなかった生のローズマリーとタイムを加え、鍋のふたをして豚肉が柔らかくなるまで、約10分煮込む。塩・こしょうで味付けをする。
  4. 10分間ほど煮込んだらスライスリンゴを加え、水1カップ、塩、こしょうを加えてふたをして、さらに10分間ほどリンゴがしんなりするまで煮込む。
  5. 最後に塩・こしょうで味を調える。器に盛って、トッピングのハーブとにんにくをのせる。

レシピメモ

  • ハーブは木質化していない、緑の部分を使う。
  • にんにくとハーブを素揚げするときは、は焦がさないように注意。
  • 素揚げしたにんにくとハーブはトッピングにせずに、一緒に煮込んでもかまわない。

カモマイルはよく「リンゴのような香り」と形容されます。でもこれはフレッシュなカモマイルの場合。乾燥したものは身体にいいのに、ちょっと苦手という人も。そこで本物のリンゴをプラス。すりおろしリンゴなら繊維質も摂れて一石二鳥。シナモンとクローブでスパイシーさも加えました。はちみつで甘くしてもおいしい!
身体があたたまる、胃腸にやさしいハーブティーです。休日の午後などにぴったり。

すりおろしリンゴのカモマイルティー

材料(たっぷり1人分)

  • ドライカモマイル ……… 3つまみ分
  • シナモンスティック ……… 1本
  • クローブ ……… ホールを1〜2本
  • リンゴ ……… 1/4個
  • レモン ……… 1/2個
  • はちみつ ……… 小さじ2
  • 熱湯 ……… 180cc

スパイスS&Bでも取り扱っています。

作り方

  1. 小鍋にリンゴを皮ごとすりおろし入れ、レモン汁と混ぜ込む
  2. ティーポットにカモマイル、折って砕いたシナモンとクローブを入れ、熱湯を注いで約10分おく。
  3. 1の鍋に2のティーを茶こしでこして加え、はちみつを混ぜ入れて3分ほど煮る。
  4. カップに注いでレモンとリンゴの薄切りを添えて。

レシピメモ

  • リンゴは皮ごと使いたい。あらかじめよく洗っておきましょう。
  • ラム酒を小さじ2杯ほど入れると、ますます身体の温まるホットドリンクに

【文】榊田千佳子 【スタイリング】榊田千佳子 【撮影】タケダトオル、榊田千佳子 【料理アシスタント】吉田雅紀子、吉川和美