ハーブペーストを作る

ハーブペーストは、フレッシュハーブが旬の時期にぴったりの保存法です。バジルのペーストが一般的ですが、基本的に食用ハーブなら、どんなハーブでも同じような作り方でペーストにできます。いろんな組み合わせのハーブペーストにトライし、クリエイティブな料理に挑戦しましょう!

■バジルとイタリアンパセリのペースト

●材料
  • バジルの葉 ……… 1カップ
  • イタリアンパセリの葉 ……… 1/2カップ
  • ニンニク ……… 1/2片
  • 松の実 ……… 大さじ1
  • オリーブオイル ……… 約大さじ4
  • 塩 ……… 小さじ1/2
●作り方
  1. ハーブは水でさっと洗い、水気をふき取っておく。
  2. ニンニクは半分に切って中心の芽を取り除き、薄切りにしておく。
  3. ミキサー(またはフードプロセッサー)にニンニクと塩を入れ、オリーブオイルを少量加えてなめらかになるまで回す。松の実などナッツ類を加える場合はここで。
  4. ハーブをミキサーに入れ、残りのオリーブオイルとともに、なめらかなペースト状になるまでミキサーにかける。回りにくいようなら、オリーブオイルを少しずつ足してみる。
  5. びんに小分けにして入れ、表面に小さじ1ほどのオリーブオイルを入れておくと色が変わりにくい。冷蔵庫で1週間ほど保存できるが、冷凍しておくと数ケ月保存できる。
●ワンポイント
●料理の例

バジルそうめん、バジルどんぶり、白身魚のミントソースロール、バゲットなどのパンに塗ってトースターで焼く、サラダの上に振りかける、トマトソースのパスタに添える、じゃがいものソテーなどに。