Delicious Herb

ハーブの香りと風味を生かした料理やお菓子などハーブレシピを、ベーシックから「ひと味違う」応用メニューまで、わかりやすいレシピでお届けします。《食べて元気!サプリなレシピ》では、身体にいい医食同源のシンプルレシピ。注目は、《つまんで食べたいフィンガーフード》と《見直そう和のハーブ》。ハーブの新しい魅力と伝統的な魅力の両方をご案内。《とっておきのハーブティー》も必見です。

ミラクル!即席ヘルシースープ

暑くなってくると、料理するのがおっくうになってしまいがち。そこで今回は、即席だけどおいしい!ヘルシースープをご紹介します。アレンジ次第でいろいろな組み合わせで楽しめそう。一品加えるとヘルシー度アップです。

10分クッキング

10分クッキングの名に恥じない即席スープ特集。中には準備を入れても「3分」でできるものも。こんなに簡単なら、食事に気軽に一品プラスできますね!鍋を使わないので洗い物も簡単!

【HERB RECIPE1】韓国海苔スープ

韓国の家庭料理では、韓国海苔を和えもの、炒め物、下味など、さまざまに使うそうです。そういえば、ごま油風味で、塩味でコクもある。たっぷり使ってスープにしました。オリエンタルハーブが合う!


鍋をいっさい使わない、レンジとお湯で作れるスープ
【レシピのポイント】・韓国海苔の風味・豆腐はレンジでチン!・塩で味を調節

材料(1人分)

ハーブ&スパイス
  • チャイブ・・・1cmの小口切りを大さじ1
  • 三つ葉・・・チャイブと同様に大さじ1
  • トウガラシの輪切り・・・3〜4個
食材
  • 豆腐・・・ もめんでもきぬでも好みのタイプを1/6丁
  • 韓国海苔・・・8つ切りのものを約10枚
  • 酒・・・小さじ1
  • 熱湯・・・約150cc
  • 塩・・・少々

つくりかた

材料の準備

スープの材料。海苔はそのままでOK

  1. 1. チャイブ、三つ葉は洗って刻む。豆腐は1cm程度のさいの目切りまたは薄切りにする。
手順

スープの器に豆腐を入れてレンジで温める

お湯を注ぐ。沸騰したお湯を使う

  1. 耐熱の器(実際に食べる器)に準備した豆腐を入れ、500Wの電子レンジで30〜40秒温める。
  2. 1に韓国海苔と刻んだハーブ類、酒を入れ、沸騰したお湯を注ぐ。
  3. 輪切りとうがらしをトッピングする。
  4. 食卓で味見をして味が足りなかったら、塩を少しふり入れて味を調える。

レシピメモ
  • 韓国海苔の塩分は製品によってまちまちなので、お湯の量に合わせて海苔の枚数を加減して。
  • 食卓で味が薄かったら、おしい塩をちょっぴりプラス。
  • チャイブは花もネギの味でおいしくかわいいので、花があるときは花も使いましょう。

【HERB RECIPE2】野菜ジュースガスパッチョ

野菜ジュースがブームです。一日コレ一本など、豊富なビタミンと食物繊維をアピールしています。スペイン料理の夏定番スープ「ガスパッチョ」を野菜ジュースとハーブで作ったら、なんて本格的な味!


フライパンも鍋も、お湯もいらないクイック&クールメニュー
【レシピのポイント】・野菜ジュース・ガーリックトースト・カロテン豊富

材料(1人分)

ハーブ&スパイス
  • マジョラム・・・葉を粗みじん切りで小さじ1
  • イタリアンパセリ・・・粗みじん切りを小さじ1

フレッシュ(生)のハーブS&Bでも取り扱っています。

食材
  • 野菜ジュース・・・200ml
  • キュウリ・・・みじん切りを大さじ1
  • 玉ねぎ・・・みじん切りを小さじ1
  • こしょう・・・少々
  • バゲット・・・5mmの厚さに切って2〜3枚
  • にんにく・・・1/2片
  • オリーブオイル・・・少々

つくりかた

材料の準備

ガスパッチョの材料(野菜とハーブ)

  1. ハーブは洗って刻む。
  2. 野菜類も洗って刻む。玉ねぎは辛いのが嫌いな場合は15分ほど水にさらす。
手順

トーストしてからにんにくの切り口をこすりつける

ピッチャーの中に野菜とハーブを入れて混ぜる

  1. ピッチャーまたはボウルに野菜ジュース、ハーブ、野菜を入れて混ぜ合わせ、冷蔵庫で1時間ほど冷やす(この間に味がなじむ)。
  2. クルトンを作る。バゲットをトースターで少し色が付く程度に軽く焼き、にんにくの切り口をこすりつけてオリーブオイルを少々たらす。
  3. グラスに1のガスパッチョを入れ、イタリアンパセリとマジョラムを添える。

レシピメモ
  • 野菜ジュースの塩分は製品によって変わるので、もし味が薄かったら、塩を加える。でも、ハーブの香りで塩分は基本的に必要ありません。
  • ハーブはオレガノやタイム、バジルも合う。いろいろ試してみましょう。

【HERB RECIPE3】夏の即席味噌汁

仕事で忙しかった母が朝、サッと作ってくれた即席澄まし汁。お椀にとろろ昆布とネギの刻んだのを入れてお醤油をひとたらしして、お湯を注ぐだけ。今回はその味噌汁版です。


お湯だけ。鍋もいらない3分でできるスープ
【レシピのポイント】・化学調味料無添加・海藻のミネラルたっぷり・ミョウガで夏の風味

材料(1人分)

ハーブ&スパイス
  • ミョウガ・・・薄切りを大さじ1
  • チャイブまたはあさつき・・・小口切りを小さじ1
  • 白ネギ・・・小口切りの薄切りを小さじ1

フレッシュ(生)のハーブS&Bでも取り扱っています。

食材
  • 味噌・・・小さじ2
  • かつお節・・・大さじ2
  • 昆布茶・・・小さじ1/2
  • 乾燥わかめ・・・細かいものを大さじ1〜2
  • 乾燥湯葉・・・細切りを大さじ1〜2

つくりかた

材料の準備

味噌汁の材料は、すべて揃えてから調理を始める

  1. ミョウガは縦半分に切り、斜めに薄切りに。白ネギは小口切りの薄切りに。チャイブは小口切りに。
手順

味噌と昆布茶は良く練り混ぜる

沸騰したお湯を注いで素早く混ぜ合わせる

  1. みそ汁の器を熱湯で温め、味噌と昆布茶を入れて少量の熱湯を加えて練り混ぜる。
  2. 1に、かつお節、乾燥わかめ、乾燥湯葉、ミョウガ、白ネギを入れて沸騰したお湯を注ぐ。
  3. よく混ぜて、最後にチャイブを彩りに散らす。

レシピメモ
  • 味噌の味は製品によって変わるので、量は加減しましょう。
  • 昆布茶の塩分もまちまちです。こちらも加減して。少な目で作ってみて、あとで足すのがお薦め。
  • しそのせん切りや、キュウリの薄切りを加えてもおいしい。

【とっておきのハーブドリンク】ハーブの香りのミネラルウォーター

友人の浅野目さんのカフェに行くと、ピッチャーに摘みたてのハーブとお水と氷を入れたものを出してくれます。暑い日にほんのりハーブの香りのお水はおいしくて、何杯も何杯もおかわりしてしまうほど。この頃家でもハーブウオーターを飲んでいます。ピッチャーに残ったハーブは、後でハーブティーにしてもOK

材料(2人分)

  • 好みのハーブ(食用のもの)・・・ピッチャーに軽く1/3ぐらい
  • ミネラルウオーター・・・ピッチャーいっぱい
  • 氷・・・適当量

作り方

  1. ハーブを洗ってピッチャーに入れ、ミネラルウオーターを注ぐ。
  2. 1のピッチャーを室温で1時間ぐらいおく。ときどき揺すると香りがでやすい。
  3. 飲む時にピッチャーに氷を入れる。

レシピメモ
  • ここでは、スイスリコラミント(ホワイトペパーミントの一種)、レモンバーム、アップルミントを入れました。
    他にレモンバーベナ、ローズゼラニウム、タイム、レモンタイムなどもおいしい。
  • 食べられるハーブの花を入れると、見た目もきれい。どちらかというと観賞用でも、毒のないチェリーセージ、パイナップルセージなど、香りのよいセージの葉と花を入れると香りよくかわいい。
  • 毒性のある植物(ハーブも)は水に入れただけでも成分がでてしまうので、わからない場合は使わないようにしましょう。

【文】榊田千佳子 【スタイリング】榊田千佳子 【撮影】タケダトオル、榊田千佳子 【料理アシスタント】吉田雅紀子、吉川和美

  スパイスとハーブはS&B