エンジョイハーブ ハーブのテクニックを楽しもう

11月
ハーブを使った香りのクラフト、ハーブ染め、美容とスキンケアなど、ハーブをエンジョイするためのテクニックやアイディアを紹介するチャプターです。ハーブ&スパイスをさらっと日々の生活に取り入れる《ハーブでライフデザイン》やミセス・メリッサがヘルシーに美しくなる秘訣を紹介する《ビューティーハーブレッスン》など、月代わりでハーブ&スパイスを楽しむ情報が満載です!
ハーブのアイディア保存方=漬け込む・その1
ハーブを保存したいけど、乾燥しかしたことがない。そんな方も多いと思います。実は、一番簡単で利用しやすいのは、漬け込保存法。酢やしょうゆ、はちみつなど、ベースによって味も変わるし、ベースにハーブの香りや風味がとけ込んでおいしい!利用しやすいのも長所です。

ハーブでライフデザイン

わさびのビネガー漬け

わさびのビネガー漬け酢に、ピリッとわさびの香りと辛みが移って、絶妙なうまみの酢に変身。使い残しのわさびを冷蔵しておくとすぐに新鮮さが失われるので、酢漬けで保存。

材料

● わさび  ・・・使い残しを適当に
● 醸造酢  ・・・米酢、リンゴ酢など、好みの酢をわさびが十分に浸るぐらいの量

つくりかた

きれいに洗って熱湯で消毒した瓶にわさびを入れ、醸造酢を注ぐだけ。わさびは刻んで入れてもいい。


    つかいかた
  • ビネガーを和え物にプラスしたり、焼き魚に振りかけて。
  • しょうゆに加えて、ぴりっと酢醤油に。
  • 中のわさびを取り出して、刻み、薬味に使ってもOK。
    ワンポイント
  • 酢に入れるので保存性はいいが、冷蔵のほうが風味が保てます。

ホースラディッシュ/バジルの実のしょうゆ漬け

ホースラディッシュ/バジルの実のしょうゆ漬け酢漬けと並び、簡単でおいしいのがしょうゆ漬け。しょうゆに風味をプラスできます。しょうゆには保存性があるので長期保存できます。

材料

● ホースラディッシュまたはバジルの実(未熟な青いもの)・・・適当量
● しょうゆ・・・材料の5倍程度のしょうゆ

つくりかた

きれいに洗って熱湯で消毒した瓶に洗って水分をふき取った材料を入れ、しょうゆを注ぐ 。 ホースラディッシュは皮をむかずに、汚れた部分だけを取り除き、目の粗いおろし金でおろす。
バジルの実のしょうゆ漬けを作る時も、同様に瓶に材料を入れて、しょうゆを注ぐ。

バジルの実のしょうゆ漬け

    つかいかた
  • 付け醤油、サラダドレッシング、サラダや和え物のトッピング、冷や奴、湯豆腐、鍋物や麺類の薬味、焼きそばのトッピング、肉や魚をソテーしたときの仕上げに。
  • 《注意!》
    ホースラディッシュをおろすときに、たいへん強い刺激性の物質が揮発するので、目を近づけないように。
    目が痛くなったら、包丁で粗く刻んでもOK。硬いので、刻むときには慎重に。

しょうがのはちみつレモン

しょうがのはちみつレモンしょうがとレモン、はちみつは相性抜群!風邪の季節に重宝する、おいしくて体が暖まり、喉にもいいフレーバーハニーにしてしまいましょう!
しょうがの使いかけは、はちみつ漬けが便利!

材料

● しょうがとレモン・・・・ 適当量
● はちみつ ・・・材料の2倍程度の量

    つくりかた
  1. しょうがは洗って水分をふき取ってから、汚れた部分を削り取り、皮ごと薄切りに。レモンは、皮をよくこすり洗いして水気をふき取り、薄切りに。
  2. きれいに洗って熱湯で消毒した瓶に材料をいれ、はちみつを満たす 。
    つかいかた
  • はちみつを、お湯で薄めてホットドリンクに。
  • お湯で伸ばしてから、氷と水をいれ、アイスにも。
  • はちみつとしょうがも一緒にいれると、見かけもすてき。

使いこなそうハーブアンドスパイス

  • ニューイングランド風クラムチャウダーは、冬の定番。寒くなってうまみの高まったあさりや、はまぐりのたっぷり入ったクラムチャウダーは身体も心も温かくしてくれそう。
    あさりやはまぐりには、肝臓をサポートしてくれるタウリンがいっぱい含まれています。うまみのもとはアミノ酸。これも元気な身体に欠かせないものです。
    ホワイトソース作りがただひとつ難点でしたが、S&Bの「FAUCHONホワイトソース」を使えば、あっという間に本格的クラムチャウダーが作れます!玉ねぎの甘味とベーコンのうまみでまさにホームメード。
    (2〜3人分)

  • 「FAUCHONホワイトソース」 ・・・一袋
  • ・牛乳 ・・・200cc
  • ・水 ・・・200cc
  • ・玉ねぎ ・・・約150g(中一個)
  • ・あさり ・・・約500g
  • ・ベーコン ・・・3枚
  • ・白ワイン ・・・大さじ2
  • ・イタリアンパセリ ・・・みじん切りを大さじ1
  • ・塩・こしょう ・・・少々
  • フレッシュのハーブS&Bでも取り扱っています。
  1. あさり(またははまぐり)はあらかじめ砂抜きして、白ワインを振りかけて蒸して殻から身をだす。
  2. あさりをストレーナーでこしとり(蒸し汁はとっておく)あさりはそのまま、はまぐりは2㎝角程度にきざむ。砂が入っている蒸し汁はペーパータオルなどでこし取る。
  3. ベーコンは1cm×2cm程度に切り、サラダオイル少々をしいた鍋に入れて焦がさないように炒める。
  4. 3の鍋に粗みじん切りにした玉ねぎを加えて、焦がさないように弱火で透き通るまで炒める。
  5. 4の鍋に水を加えて玉ねぎが柔らかくなるまで煮て、S&B「FAUCHONホワイトソース」一袋を少しずつ加えてのばす。
  6. ひと煮立ちしたら弱火にして、1のあさり(または、はまぐり)と蒸し汁、牛乳を加え、塩・こしょうで味を調える。もう一度ひと煮たちしたらできあがり。
  7. 器によそう直前に、イタリアンパセリのみじん切りまたは、フレッシュタイムをひと枝加える。
ワンポイント
・ホワイトソースがおいしくできあがっているので、煮すぎないことがポイント
・ホワイトソースを加えた後はこげやすくなるので注意する。
・あさりも煮すぎないように。

【文】榊田千佳子、エスビー食品 【イラスト】いまいかずよ 【スタイリング】榊田千佳子 【撮影】タケダトオル、榊田千佳子 【料理アシスタント】吉田雅紀子、吉川和美

  スパイスとハーブはS&B