ハーブの香りと風味を生かした料理やお菓子など、ハーブクッキングのベーシックから「ひと味違う」応用テクニックまで、わかりやすいレシピ付きでお届けします。《元気なハーブレシピ》では、医食同源のコンセプトで、身体にいい食材とハーブ&スパイスを組み合わせたシンプルレシピを。もっと簡単なヘルシーレシピや手ごたえのあるレシピのコーナーも。毎月の《癒しのハーブドリンク》にも注目を!

あったかご飯でほっこり時間
本格的な寒さに向かうこの季節、やっぱり恋しくなるのは、湯気の立ったお料理。湯気の中においしい香りが漂って、心も和むし、昼間の疲れもほっこりと癒される。そんなメニューをささっと作れたら、いいですね。

ヘルシー10分クッキング

冬のあったか料理といえば、やっぱり鍋物。京都では、はりはり鍋が有名。もともとは鯨肉を入れたりもしたそうです。アメリカやヨーロッパでなぜか日本のハーブとして知られている水菜の、はりはりとした食感を楽しむ鍋。柔らかでおいしい京都の油揚げならもっとおいしい。かぶら蒸しも冬の定番。難しいと思っていましたが、レンジで簡単バージョンを考えて作ってみたら、十分においしくて◎!日本のハーブ、三つ葉を入れます。根菜ご飯は、もちろん電気釜でOK!身体の温まる根菜に、ぎんなん、クレソンなど薬効のあるハーブでキマリです。

ポカポカレンジかぶら蒸し

作り方

  1. かぶの皮を厚めにむいてすりおろし、水気を軽くしぼる。ゆり根は洗ってほぐし、電子レンジで柔らかくなるまで、2〜3分間加熱する。
  2. 薄味のめんつゆをあたため、水溶き片栗粉でとろみをつけてあんかけ用のあんにする。
  3. 耐熱(電子レンジにかけられる)の器に、ごま豆腐、あなご、1のゆりね、みつばの順にのせ、ラップをして、500wのレンジで1分間加熱する。
  4. 1のかぶに卵白と塩小さじ1/4を混ぜ入れたものを3の上にかけ、ラップをして、500wのレンジで、1〜2分間加熱する。
  5. 2のあんをあたためて、できあがった5のかぶら蒸しにかけ、おろしたてのわさびを天盛りにする。

ポカポカレンジかぶら蒸し

本来は、甘鯛などの白身魚を入れて作ることの多いかぶら蒸し。レンジで作るために、焼いて売られている焼きあなごを使いました。コクを出すのに、ごま豆腐を入れてみたら、これも正解!

材料(2人分)

  • かぶ ・・・2個(約200g)
  • ゆりね ・・・約25g(ゆりねの1/4程度)
  • 三つ葉 ・・・約6本
  • 焼きあなご ・・・1〜2本
  • ごま豆腐 ・・・50〜60g
  • 卵白 ・・・卵1個分
  • 塩 ・・・少々
  • 生わさび ・・・おろして少々
<あんかけ用のあん>
  • めんつゆ
    (そうめんつゆなど、色のうすいものがいい) ・・・1/2カップ
  • 片栗粉 ・・・約小さじ2

    ワンポイント
  • ゆりねは、なかなかやわらかくならないので、あらかじめレンジで火を通しておく。
  • かぶら蒸しの味の繊細さが引き立てるには生のわさびを。

日本のハーブの豆乳はりはり鍋
冬の日本のハーブをいっぱい入れたシンプル鍋物。春菊、菊の花、水菜、三つ葉は、香り高く、豆乳の甘さによく合います。残った豆乳汁にご飯をいれて、おじやもおいしい!おもちや、生麩を入れたら、より上等に。

材料(2人分)

  • 水菜 ・・・約60g(1/4束程度)
  • 春菊 ・・・約60g(1/3束程度)
  • 三つ葉 ・・・約25g(1束程度)
  • 菊花 ・・・10個(大きい花なら、2〜3個)
  • 油揚げ ・・・・50g
  • 無調整豆乳 ・・・・300cc
  • 水 ・・・・300cc
  • 薄口しょうゆ ・・・・大さじ3

日本のハーブの豆乳はりはり鍋

作り方

日本のハーブの豆乳はりはり鍋
  1. 野菜は良く洗う。水菜は半分に切り、根元はさらに半分に切る。三つ葉も同様に。春菊は、硬い茎は切り取る(あとで、ごま和えなどに利用)。菊花は小さい種類はそのまま、大きい種類は、花びらをむしる。
  2. 油揚げは半分に切って、できるだけ薄い千切りにする。
  3. 皿に材料を美しく盛る。
  4. なべに豆乳を入れ、水で薄め薄口しょうゆを混ぜ入れる。
  5. カセットコンロなどに鍋をのせて豆乳汁を温め、まずは揚げを入れて味を出してから、日本のハーブを煮て食べる。途中濃くなってきたら、水を足し、うすくちしょうゆで味を調える。
    ワンポイント
  • だしをいっさい入れていないのに、豆乳のコクと、お揚げのうまみ、日本のハーブの香りでおいしい。煮ながら、熱々を食べるのだけが、ポイント。
  • 七味唐辛子を薬味につかうとまた違ったおいしさに。

根菜ごはん
冬においしくなる根菜は、ビタミン、ミネラル、食物繊維がたっぷり。イチョウの実、ぎんなんは毎日数粒食べると風邪の予防になるといわれる、強壮ハーブ。クレソンは、血液サラサラ作用のハーブです。中華味に仕上げました。ローストガーリックは好みでトッピング。かりかりしておいしいです!

根菜ごはん

材料4人分

  • 米 ・・・ 3合
  • 水 ・・・500ml
  • オイスターソース ・・・・大さじ4(味見して増減)
  • 塩 ・・・・小さじ1/2
  • こしょう ・・・ 小さじ1/2
  • ごま油 ・・・大さじ1
  • 鶏もも肉 ・・・・200g
  • にんじん ・・・・60g
  • れんこん ・・・・80g
  • ごぼう ・・・・80g
  • ぎんなん ・・・・約12粒
  • クレソン ・・・・約35g(1束程度)
  • 素揚げしたガーリック ・・・・少々

作り方

  1. 野菜類を洗う。にんじんは、約7mmの厚さに切り、1cm角ぐらいのさいの目切りに切る。れんこんもごぼうも同じぐらいの大きさに。れんこん、ごぼうはあくが強いので、水に放ってあくぬきを。ぎんなんは、水煮ならそのまま、生なら、殻を割って中身を取り出し、薄皮をむく。
  2. 鶏もも肉は皮と油をとりのぞき、約1.5cm角に切る。
  3. 電気釜に、米、水、すべての調味料、鶏肉、野菜類を入れて炊きあげる。
  4. 洗って、ざく切りにしたクレソンを添え、ローストガーリックをトッピングに盛り付ける。
    ワンポイント
  • オイスターソースの味は、製品によってまちまちなので、味を確認して、量を調節する。エスビーのリキンキブランドがおすすめ。こくがあっておいしい!

スパイシーカモマイルティー
消化を助け、身体のあたたまるハーブティーの代表がカモマイルティー。でも、乾燥したカモマイルを使ったティーの味が好きになれない人も。そこで、身体を温め、消化を助け、代謝も高めるスパイスと一緒に煮出して、スパイシーな風味にして、ぐっと飲みやすく、おいしくしました。
強い抗菌作用で、ピロリ菌も減らすといわれるアクティブマヌカハニーで甘味をつければ、風邪の季節のお助けティーに!

スパイシーカモマイルティー

材料(2人分)

  • ジャーマンカモマイル ・・・小さじ2
  • シナモンスティック ・・・1本
  • クローブ ・・・1〜2粒
  • 水 ・・・3カップ

作り方

  • 小鍋にすべての材料を入れて、沸騰したら弱火にして、5分ほど煮出す。
  • 飲む前に、マヌカハニーを加えて温める。
    ワンポイント
  • 強火で煮出すと、カモマイルのエッセンシャルオイル分が揮発してしまうので、弱火で。
  • クローブが多いと、渋い味になる。

【文・スタイリング・制作】榊田千佳子 【撮影】タケダトオル、榊田千佳子 【料理アシスタント】吉田雅紀子、吉川和美

  スパイスとハーブはS&B