ハーブの香りと風味を生かした料理やお菓子など、ハーブクッキングのベーシックから「ひと味違う」応用テクニックまで、わかりやすいレシピ付きでお届けします。《元気なハーブレシピ》では、医食同源のコンセプトで、身体にいい食材とハーブ&スパイスを組み合わせたシンプルレシピを。もっと簡単なヘルシーレシピや手ごたえのあるレシピのコーナーも。毎月の《癒しのハーブドリンク》にも注目を!

夏の疲れは、ハーブの香りを食べて治す!
残暑もようやく和らいできた頃、どっと夏の疲れが出て病気にかかりやすくなったり・・。そういう時は、おいしくて栄養のあるものを食べて、ゆっくり休むのが一番!身体を活性化させるハーブを使ってお料理すれば、おいしくて、元気もアップ!

チャレンジハーブレシピ

なるべく簡単に作れて、ちょっと凝った印象のお料理。そんなレパートリーがいくつもあると、ここぞというときに便利。プロヴァンス風パンのスープは、ひたすら煮込むだけでびっくりするぐらいおいしいスープに。ハーブソーセージは、材料を練り合わせて焼くだけ。マンゴープディングも驚くほど簡単です!

プロバンス風冷たいパンのスープ

作り方

  1. 田舎パンは、1.5cmの厚さにスライスして、半日ほど室内に置いて乾燥させておく。急ぐ場合は、低温のオーブンで乾燥させてもいい。野菜は水洗いして、それぞれ適した切り方で準備する。
  2. 鍋にオリーブオイルを入れ、にんにく、玉ねぎ、にんじんを入れて、塩を少々ふり、中火で焦がさないように炒める。
  3. 2にセロリと赤ピーマンも加え、さらに炒め合わせる。
  4. 野菜に火が通ったら、バジルとタイム、完熟トマト、水を加えて煮立たせ、アクを取り除く。
  5. パンを加えて塩味を調え、軽く混ぜ合わせたら、火を弱めて45分程度煮込む。
  6. 仕上げに好みでカイエンヌペッパー(唐辛子)を振る。
  7. 冷蔵庫で十分に冷やし、器に盛りつけ、エキストラバージンオリーブオイルを、ひとたらしかける。

プロバンス風冷たいパンのスープ

太陽をたっぷり浴びて育った野菜の栄養がしっかり溶け込んだスープ。やさしいやさしいお味です。ニンニクとハーブがたっぷり入って、スタミナもつくのがうれしい。冷たく冷やしても、あったかくしてもおいしい。次の日はまた味がなじんでまたおいしい。

材料(4人分)

  • 田舎パン
    (バゲットでも) ・・・160g
  • にんにく ・・・2片(みじん切り)
  • 玉ねぎ ・・・中一個
    (粗みじん切り)
  • にんじん ・・・1/2本
    (5〜7mmの角切り)
  • セロリ ・・・1/2本
    (5〜7mmの角切り)
  • 赤ピーマン ・・・1/4個
    (5〜7mmの角切り)
  • 完熟トマト ・・・4個
    (皮を湯むきして、さいの目切り)
  • バジル ・・・葉を6枚
    (みじん切り)
  • タイム ・・・15枝
  • オリーブ油 ・・・50cc
  • 水 ・・・1000cc
  • 塩 ・・・少々
  • カイエンヌペッパー(唐辛子) ・・・少々

フレッシュ(生)のハーブS&Bでも取り扱っています。


    ワンポイント
  • パンを加えたら、ときどき焦げ付いていないか木べらで底を動かす程度に。なるべく鍋の中をかき混ぜないように注意。材料がどろどろに溶けてしまわずに、形が残ったまま柔らかく煮上がるのがベスト。
  • 温かいまま食べる場合も、オリーブオイルを少し加えると香りが良くておいしい。

ハーブソーセージ
とにかく香りのいいハーブと豚肉をまぜまぜして、形作って焼くだけ。でも驚くほどおいしいのはハーブのおかげ。旬のハーブのハーブペーストを添えればもっとおいしい。生春巻きの皮で巻き巻きして食べるとまた違ったおいしさです。

材料(4人分)

  • 豚ひき肉 ・・・300g
  • にんにく ・・・1/2片(すりおろす)
  • ローズマリー ・・・みじん切りを小さじ1
  • セージ ・・・みじん切りを小さじ1
  • タイム ・・・みじん切りを小さじ1
  • 塩 ・・・・ひとつまみ(約小さじ1/4)
  • 水 ・・・・大さじ1
  • こしょう ・・・・少々
  • サラダ油 ・・・・大さじ1
  • 生春巻きの皮 ・・・・8枚
  • サラダ菜 ・・・・4〜6枚
  • レモン ・・・・スライスしたものを8枚
  • コリアンダー(香菜) ・・・・枝先を適宜

フレッシュ(生)のハーブS&Bでも取り扱っています。

ハーブソーセージ

作り方

  1. 豚ひき肉に水大さじ1を少しずつ加え、手でなめらかに白っぽくなるまで混ぜ合わせる。そこに、にんにく、ローズマリー、セージ、タイム、塩、こしょうを加え、さらに練り合わす。
  2. 手で、ソーセージ状に形づくる。
  3. フライパンにサラダ油をなじませ、3のソーセージを焼く。しっかり火が通り、こんがりと焼き目がつくように。
  4. サラダ菜とコリアンダーの葉は洗っておき、レモンは薄くスライスしておく。
  5. 食べる直前に水で生春巻きの皮を戻し、4のサラダ菜とコリアンダーを敷いて、焼き上がったソーセージを巻く。
    ワンポイント
  • 好みでチリソースや、ケチャップを添えてもOK
  • ハーブペーストをのせて巻いてもおいしい。ハーブペーストの材料と作り方はこちら

マンゴープディング
最近人気急上昇のマンゴー。生のマンゴーだけでなくドライマンゴーや、マンゴーゼリー、マンゴージュースなど、マンゴー関連食品もいっぱい。栄養価も高く、ビタミンAなら一個で大人一日分の必要摂取量をクリアするほど。他にビタミンC、食物繊維も豊富。トロピカルな香りにうっとりします。マンゴープディング(プリン)は、フレッシュなものが簡単に手作りできるのでトライしてみませんか。

マンゴープディング

材料(直径約5cmのプリン型5個分)

レモングラス風味ココナッツソース
  • レモングラス ・・・ 10g
  • 水 ・・・50cc
  • グラニュー糖 ・・・・50cc
  • ココナッツクリーム ・・・・100cc
ラズベリーソース
  • 冷凍ラズベリー ・・・ 50g
  • 砂糖 ・・・大さじ1
  • レモン汁 ・・・・少々
マンゴープディング
  • アップルマンゴー ・・・ 1個(約250g)
  • ココナッツクリーム(缶詰) ・・・50g
  • グラニュー糖 ・・・・50g
  • 粉寒天 ・・・・3g
  • 水 ・・・・100cc

作り方

レモングラス風味ココナッツソース
  1. まず、レモングラスシロップを作る。小鍋に水を入れ、はさみで細かく刻んだレモングラス(生またはドライ)を入れて、静かに沸騰させ、レモングラスの風味を十分に煮出す(約5分)。
  2. レモングラスの葉を茶こしでこしとり、残った液にグラニュー糖を入れて煮とかす。
  3. 小鍋にココナッツクリーム100ccを入れ、2のレモングラスシロップを大さじ2(好みで増減)を加えて一煮立ちさせ、万能こし器または、茶こしでこす。
ラズベリーソース
  1. 冷凍のラズベリーは自然解凍しておき、万能こし器でこす。
  2. 1を小鍋に入れ、砂糖、レモン汁小さじ1を加えて、火にかけて砂糖を煮とかす。
マンゴープディング
  1. マンゴーは3枚におろして、中心の種の部分を残し、果肉をざるなどで裏ごししてピューレ状にする。
  2. 1のビューレ200gに、ココナッツクリームを加えて良く混ぜ合わせておく。
  3. 小鍋に粉寒天とグラニュー糖を入れてよく混ぜ合わせ、水を加え、泡立て器で混ぜ合わせながら、静かに煮溶かす。沸騰したら火を止める。
  4. 3を目の細かいざる(または万能こし器)でこしながらボールに移し、ボールの底を氷水にあてて泡立て器で混ぜて粗熱を取る(固まりやすいので素早く!)。
  5. 4の寒天液に2のピューレを加えてよく混ぜ合わせる。
  6. 5の液をプリン型に流し入れ、冷蔵庫で1時間ほど冷やして固める。
  7. 盛り付ける皿にあらかじめ、レモングラス風味ココナッツソースとラズベリーソースを彩りよくしき、プディングの型の底をぬるま湯に軽くつけて型から抜きやすくして、盛り付ける。レモングラスの葉やマンゴーの果肉を飾る。
    ワンポイント
  • マンゴーは、ペリカンマンゴーが安価で使いやすいが、黄橙の色が薄くなる。大きさも小さいので、約2個から3個用意する。アップルマンゴーも大きさがまちまちなので、材料は多めに準備して。
  • ココナッツクリームがないときは、ココナッツミルクパウダーをぬるま湯で溶かして使う。濃さは適当に加減する。
  • レモングラスの風味を引き出すには、沸騰させてしばらく煮出すことが必要。ぬるいお湯はNG
  • レモングラスのシロップは、ミネラルウオーターに入れたり、アイスティーのシロップに、デザートの風味漬けに等、いろいろに活用。冷蔵庫で一週間ほど保存できる。

ブルーベリーペリエレモンタイム
視力の回復を助けると、大人気のブルーベリー。青紫色の素、アントシアニン色素のおかげ。フランス産の自然な炭酸ミネラル水ペリエで割り、レモンタイムシロップで風味をつけて、よりさわやかに。抗酸化作用もアップです!甘みはレモンタイムのシロップで調節を。

ブルーベリーペリエレモンタイム

材料(4人分)

  • ブルーベリー(生、または冷凍) ・・・大さじ10
  • ペリエ ・・・約400cc
レモンタイムシロップ
  • レモンタイムの小枝 ・・・約15本
  • 砂糖 ・・・大さじ5
  • 水 ・・・100cc

作り方

  • ブルーベリーは飾りにする分を取り置いて、残りは万能こし器などでこしてピューレ状にしておく(冷凍なら、自然解凍してから)。
  • 小鍋に水を入れ、沸騰したらレモンタイムの小枝を入れ(飾りの分を取り置く)、1〜2分煮る。そこに砂糖を入れて煮とかす。できたシロップは冷ましておく。
  • グラスに1のピューレを入れて、氷を入れてからペリエを注ぎ、レモンタイムのシロップを混ぜ入れて、ブルーベリーの実、レモンタイムの小枝を飾る。
    ブルーベリー ワンポイント
  • ブルーベリー、レモンタイムの小枝は飾り用に取り置くのを忘れずに!
  • レモンタイムのシロップは冷蔵しておき、デザートの風味づけに使ったり、アイスティーのシロップにしたりと活用できる。冷蔵庫で一週間ほど保存できる。

【文・スタイリング・制作】榊田千佳子 【撮影】タケダトオル、榊田千佳子 【料理アシスタント】吉田雅紀子、吉川和美

  スパイスとハーブはS&B