ハーブの香りと風味を生かした料理やお菓子など、ハーブクッキングのベーシックから「ひと味違う」応用テクニックまで、わかりやすいレシピ付きでお届けします。《元気なハーブレシピ》では、医食同源のコンセプトで、身体にいい食材とハーブ&スパイスを組み合わせたシンプルレシピを。もっと簡単なヘルシーレシピや手ごたえのあるレシピのコーナーも。毎月の《癒しのハーブドリンク》にも注目を!

さわやか!盛夏のクイックレシピ
トロピカルな日本の夏。やっぱり食欲も衰え気味。なるべく火を使わずに、涼しく調理して、でもおいしく栄養豊富というのが理想。ハーブの香りと元気パワーで夏バテを撃退しましょう!

ヘルシー10分クッキング

今が旬のメロンを使ったオードブルサラダは、ワインにもぴったり。意外や意外、アンチョビを使ったら、夏野菜がグ〜ンとおいしくなるので、これもお試しを!そしてデザートはやっぱりアイスクリーム。ハーブの香りでグレードアップ!

メロンとハーブのサラダ

作り方

  1. ハーブと野菜類は洗って水気を切り、食べやすい大きさに刻んだり、ちぎったりしておく。セロリは、ごく薄い薄切りにする。
  2. 枝豆はゆでてさやから出しておく。生ハムは食べやすい大きさにちぎる。メロンは種を取り除き、くりぬきスプーンを使って丸くくり抜く。
  3. 皿に1・2の材料をバランス良く盛り付ける。
  4. ドレッシングの材料をよく混ぜ合わせ、食べる直前にかける。

メロンとハーブのサラダ

バニラアイスに好みのハーブを刻んで混ぜ合わせるだけ。これほど簡単なデザートはありません。でも、きれいでおいしい!ベースには、あまりこってりしていない、ジェラード系のバニラアイスがおすすめです。

材料(4人分)

  • メロン ・・・1/4個
  • 枝豆 ・・・ゆでてさやから出したものを約1/2カップ
  • チコリ ・・・1個
  • エンダイブ ・・・1/2株
  • マーシュ(コーンサラダ) ・・・約1カップ
  • チャービル ・・・約1カップ
  • セロリ ・・・1/2本
  • 生ハム ・・・約50g

フレッシュ(生)のハーブS&Bでも取り扱っています。

    【ドレッシング】
  • メロン果汁 ・・・大さじ2
  • 白ワイン ・・・大さじ2
  • 塩 ・・・小さじ1/2
  • こしょう ・・・少々
  • オリーブオイル ・・・大さじ2

    ワンポイント
  • サラダは、野菜類の水気をしっかりとるのがおいしさのコツです。サラダ用の水切り器が一番よいのですが、タオルに包んで振り回しても効果的。
  • チコリは刻むと、切り口が赤茶色に変色しやすい。レモン汁をかけておくと防げます。
  • さやから出した枝豆は、豆の表面の薄皮もむいておくと、もっとおいしい!

サマーアンチョビ丼
太陽をいっぱい浴びて育った夏野菜が旬のこの季節。とにかく炒め合わせるだけでもおいしいけれど、もっとコクのある味にするために、アンチョビをプラス。玄米ご飯の上にのせて、ヘルシーどんぶりに。テイクアウト用の手付き紙容器に盛ったら、どこかに出かけたくなりました。

材料(4人分)

  • かぼちゃ ・・・250g
  • ごぼう ・・・15センチ
  • ズッキーニ ・・・250g
  • ナス ・・・中1個
  • セロリ ・・・1/2本
  • トマト ・・・・中2個
  • オクラ ・・・・6個
  • バジル ・・・・4枝(枝先は飾り用にとっておく)
  • 塩こしょう ・・・・少々
  • オリーブオイル ・・・・少々
  • 玄米ご飯 ・・・・ご飯茶碗4杯分

サマーアンチョビ丼

作り方

  1. オクラは塩でもんでゆで、半分の厚さに切る。カボチャは薄切りにして、塩こしょうで味をつけてオリーブオイルで焼いておく。ごぼうは洗ってピーラーで細かくささがきにし、水に放ってアク抜きをしたあと、水気をよくふきとってから素揚げにする。
  2. ズッキーニ、ナス、セロリ、トマトは2cm角に切る。
  3. バジルは加える直前に刻む。アンチョビはつぶすように刻む。
  4. フライパンにオリーブオイル大さじ1を入れ、3のアンチョビを弱火で焦がさないようにさっと炒める。
  5. アンチョビが溶けたら、2の野菜を入れて、強火〜中火でさっと炒め合わせる(約2〜3分)。
  6. 味見をして塩こしょうで味を調え、最後に刻んだバジルを加えてさっと炒め合わせる。
  7. 器に玄米ご飯を盛り7の具をのせ、1のオクラとカボチャ、ごぼうの素揚げしたもの、バジルの枝先を添える。
    ワンポイント
  • すべての材料の下準備をしておいたら、あとはあっという間。できたてで歯触りがよく、香りもよいうちにいただきましょう!
  • バジルはあらかじめ刻んでおくと切り口が黒く変色するので、野菜を炒めている間にさっと刻んで。
  • アンチョビの塩味が製品によってまちまちなので、必ず味見をしてから塩こしょうを。たいていの場合、塩は必要ありません。
  • アンチョビは先に火を通すと生臭みが抜けて香ばしくなります。でも焦げやすいので注意。
  • アンチョビを炒める前に、ニンニクのみじん切りを1片分炒めるともっとイタリアンな味に!

ミントとバラのアイスクリーム
バニラアイスに好みのハーブを刻んで混ぜ合わせるだけ。これほど簡単なデザートはありません。でも、きれいでおいしい!ベースには、あまりこってりしていない、ジェラード系のバニラアイスがおすすめです。

ミントとバラのアイスクリーム

材料(4人分)

  • バニラアイス ・・・300ml
  • ミントの葉 ・・・約10枚(他に飾り用に枝先を4本)
  • バラの花びら ・・・・1個分の蕾をほぐして使う(数枚飾り用に残しておく)

フレッシュ(生)のハーブS&Bでも取り扱っています。


作り方

  1. バニラアイスはボウルに入れて室温にしばらくおく。
  2. ミントの葉は洗って水気をふき取り、1に混ぜ入れる直前にみじん切りにする。
  3. バラの花びらは蕾をほぐしてバラバラにし、ボウルに入れてしばらく水につけておく。
  4. 3をざるにあげ、水気をふき取っておく。
  5. 1のアイスが柔らかくなったら、スプーンでなめらかに混ぜ、2と4を加えてさっと混ぜ合わせる。
  6. 柔らかいうちに器に盛って、食べる直前まで冷凍庫におく。
  7. テーブルに出す直前にミントの葉とバラの花びらを飾る。
    ワンポイント
  • バラの花びらは必ず無農薬のものを!切り花は農薬がたくさんかかっているので、食用にはできません。オールドローズや原種に近いバラは、香りが良くて最高!
  • ここでは、小さい花びらがたくさんの、「センティフォリアローズ」を使いました。バラの花びらが大きい場合は、刻んで使いましょう。
  • ミントは、スペアミントならマイルドな風味。ペパーミントならメントール分が多く、すきっとした風味。他の種類のミントでも、もちろんOK!
  • ミントとバラ以外でも、レモンバーム、レモンタイムなど、さわやかな風味のハーブなら何でも合います。ただしバジル、ローズマリーなどアクの強いハーブを使う場合は、刻んでからさっと水に放ってアク抜きしましょう。少量で十分なフレーバーになります。
  • アーモンドやクルミなど、ナッツ類をトッピングしてもおいしい!

クーリング・ミントジュレップ
アメリカ南部のケンタッキー州で行われる、ケンタッキーダービーのオフィシャルドリンクとしても有名なアメリカンなカクテル。オリジナルレシピは、ケンタッキーウイスキー(バーボン)のみを入れ、ミントは少な目。ここでは、ミントは多めで、炭酸水も入れてマイルドに。アルコール抜きで、炭酸水だけで作ってもさわやかでおいしいサマードリンクです。

クーリング・ミントジュレップ

材料(1人分)

  • ペパーミントの葉 ・・・約10枚
  • グラニュー糖 ・・・小さじ2
  • バーボンまたはラム酒 ・・・大さじ2
  • クラッシュアイス
  • 炭酸水
    *味の好みで材料は増減OK

作り方

  • グラスにミントの葉とグラニュー糖を入れ、マドラーでミントと砂糖をつぶして、ミントのエキスを出させる。
  • 1にバーボンまたはラム酒と、クラッシュアイス、炭酸水を満たしてかき混ぜ、ミントの葉を飾る。
    ワンポイント
  • バーボンが本式ですが、ラム酒の方が飲みやすく感じる場合はラム酒でも。
  • ミントは、スペアミントで作られることが多いですが、きりっとした味にしたい場合はペパーミントで。
  • クラッシュアイスを入れたら良くかき混ぜて、冷た〜くしていただきましょう!

【文・スタイリング・制作】榊田千佳子 【撮影】タケダトオル、榊田千佳子 【料理アシスタント】吉田雅紀子、吉川和美

  スパイスとハーブはS&B