ハーブの香りと風味を生かした料理やお菓子など、ハーブクッキングのベーシックから「ひと味違う」応用テクニックまで、わかりやすいレシピ付きでお届けします。《元気なハーブレシピ》では、医食同源のコンセプトで、身体にいい食材とハーブ&スパイスを組み合わせたシンプルレシピを。もっと簡単なヘルシーレシピや手ごたえのあるレシピのコーナーも。毎月の《癒しのハーブドリンク》にも注目を!

簡単ゴージャスなパーティーハーブレシピ
本格的なお料理にチャレンジすると「やったー!」感があって満足しますね。でも材料集めから準備、調理、片づけ、すべて大変だと最初で最後のお料理になりがち。それより2度3度作りたくなる、本格的に見えて、はしょれるところははしょった「おもてなしレシピ」をご紹介します!

チャレンジハーブレシピ

ハーブは今が一番きれいな季節。せっかくだからお友達をお招きして、ちょっとしたパーティーでもしたい気分。そんな時にぴったりな、びっくりするぐらい簡単だけどゴージャスなレシピです。

三色スクランブルテリーヌ

作り方

  1. ニンジンは洗って皮をむき、ごく細かいみじん切りにし、バター大さじ1でソテーして塩こしょうで味付けしておく。焦がさないように弱火でじっくりと。
  2. チャービル、ディルも洗って水気を切り、別々にみじん切りにしておく。
  3. ボウルを3つ用意して、卵をそれぞれ2個ずつ割り入れて良くときほぐし、生クリームを大さじ1ずつ加え、さらに良く混ぜ合わせる。
  4. 3つの卵液を用意する。3で用意した3つのボウルの一つにチャービルを入れて卵液①を作る。もう一つのボウルにソテーしたニンジン(冷めたもの)を入れて卵液②を 作る。さらに3つ目のボウルにディルを入れて③の卵液を作る。3つの卵液それぞれを、塩こしょうで味を整える。
  5. フライパンにバター大さじ1を溶かし、中火で熱せられたところに、4で作った①の卵液をじゅっと入れ、大まかにかき混ぜながら、半熟のスクランブルエッグを作り、皿にとる。同じように②と③の卵液もスクランブルエッグに仕上げそれぞれを皿にとっておく。
  6. サラダオイルを薄く塗って用意しておいたカップまたはプリン型に、底から①、②、③のスクランブルエッグを層になるように入れる。チャービル、ニンジン、ディルの順番がきれい。
  7. 30分ほどしてしっかり落ち着いたら、型からお皿に移してハーブを飾る。もしここで柔らかすぎて取り出せなかったら、蒸し器で軽く蒸せばOK (でも蒸しすぎに要注意!!湯気のあがったところに、弱火で約1分で充分)。

三色スクランブルテリーヌ

ニンジンとハーブのきれいな色の層が魅力的。とろとろスクランブルエッグを型にいれて落ち着かせただけの誰にでも作れる一品!

材料(プリンの型に約4個分)

  • 卵 ・・・6個
  • 生クリーム ・・・大さじ3
  • ニンジン ・・・・1/2本(約90g)
  • チャービル(生) ・・・1パック(25g)
  • ディル(生) ・・・1パック(15g)
  • バター ・・・大さじ4
  • 塩こしょう ・・・少々

フレッシュ(生)のハーブS&Bでも取り扱っています。


    ワンポイント
  • スクランブルエッグの固さ加減だけが、このテリーヌの勝敗を決めます。ここだけは、じっくり取り組みましょう。バターを焦がさないように。そして、卵はフライパンに入れた時、じゅっと音が鳴るくらいがいい温度です。
  • フライパンに流し込んだ卵をかき混ぜすぎると水っぽくなってしまうので、空気を含ませるように大きくかき混ぜる感じで。火は弱火にしないで、中火でさっと仕上げます。

ブロッコリーラザニア・タイム風味
ブロッコリーをたっぷり入れたヘルシーなラザニア。クリームチーズとミルクの優しい味をタイムがピリッと引き締めます。

材料(パウンド型1個分)

  • ブロッコリー ・・・1個
  • タイム(生)・・・葉だけを大さじ1+飾り用に1〜2枝
  • クリームチーズ ・・・1箱(200g)
  • 牛乳 ・・・100cc
  • パルメザンチーズ ・・・40g
  • オリーブオイル ・・・少々
  • 塩こしょう ・・・少々
  • ラザニア ・・・4〜5枚
  • パウンド型 ・・・約10cm×約20cm

フレッシュ(生)のハーブS&Bでも取り扱っています。

ブロッコリーラザニア・タイム風味

作り方

  1. ブロッコリーは洗って小房に分け、塩を入れたお湯で固めにゆでる。ゆであがったら、さらに小房に分ける。
  2. ラザニアはパッケージに書いてある通りにゆでて、くっつかないように一枚ずつラップフィルムをはさんでおく。
  3. クリームチーズは電子レンジで注意しながら、木べらで混ぜられるぐらいまで柔らかくし、そこに牛乳を加えてよく混ぜ合わせソース状にする。最後にタイムを混ぜ入れ、塩こしょうで味を整える。パルメザンチーズはおろしておく。
  4. テリーヌの型やパウンド型にオリーブオイルを塗り、クリームソース、ブロッコリー、パルメザンチーズ、ゆでたラザニアの順番で積み重ねていき、最後はラザニアの上にパルメザンチーズとオリーブオイル小さじ2をかけておく。
  5. 180度に温めたオーブンで20分、200度に上げて10分。きつね色になったら出来上がり。仕上げに生のタイムを散らす。
    ワンポイント
  • 型の大きさに応じて、材料を増減しましょう。初めてで量がわからないときは、少し多目に用意すると安心です。
  • 野菜はブロッコリーの他にカブ、チコリ、フェンネル、ソテーしたナス、トマト、じゃがいもなど、いろいろ試してみては。ハーブもタイムに限らず、あっさりした野菜にはディルやチャービル、チャイブなど、トマトやじゃがいもにはバジル、マジョラム、オレガノなど、組み合わせも楽しめます。
  • 焦げてきたら、アルミフォイルをかけて調節しましょう。

バナナチョコミントパイ
バナナとチョコはベストパートナー、しかもミントと良く合う。カフェでも人気のバナナパイを、冷凍パイシートを使って、手軽に!

バナナチョコミントパイ

材料(4人分)

  • バナナ ・・・2本(大きめ)
  • レモン汁 ・・・大さじ1
  • クローブ(ホ−ル) ・・・3個
  • バター ・・・大さじ1/2
  • 板チョコ ・・・1/3枚(約20g)
  • ペパーミント(ドライ) ・・・・約小さじ2
  • グラニュー糖 ・・・・約小さじ2
  • 冷凍パイ皮 ・・・・1枚

作り方

  1. バナナは皮をむき、約1cmの斜め切りにして、レモン汁をかけておく。チョコレートは、おろし金でおろす。
  2. フライパンにバターを溶かし、クローブを入れて香りを引き出し(焦がさないように)、バナナを重ならないように並べて入れる。バナナが白から透明感がでてくるまで、あまり動かさずに両面ソテーし、皿にとって冷ましておく。
  3. 長方形のパイシートを1/2にカットし、フォークで一面に穴を開け、中心部に2のソテーしたバナナを並べ、チョコ小さじ1、ミントひとつまみを振りかける。同じように3層繰り返し、チョコが一番上で終える。
  4. グラニュー糖小さじ1をパイシートのフィリングがのっていないところに振りかける。
  5. オーブンの場合は、180度に余熱して約10分。さらに210度に上げて10〜15分焼く。オーブントースターなら、約8分で焼き上がる。焦げやすいので、途中焦げそうなったら、アルミフォイルをかけて火の当たりを調節する。
    ワンポイント
  • 包むタイプのパイにしたい場合は、ふた用にパイシートをもう一枚用意し、フィリングの上からかぶせ、上下のシートの縁をミルクでしっかりくっつける。さらにシートには、約1cm幅で切り込みを入れる。

ミント・セージ・ローズマリーティー
6月は梅雨の季節。うっとうしい天候が続くせいか、身体がだる〜くなりがちです。そんな時は、ちょっと身体に喝を入れ、循環を促すハーブティーを!デトックスにも役立ちます。今、旬のフレッシュハーブを使いましょう。

ミント・セージ・ローズマリーティー

材料

  • ペパーミント(生) ・・・2枝
  • セージ(生) ・・・葉を3〜4枚
  • ローズマリー(生) ・・・柔らかい枝先を約5cm
  • 熱湯 ・・・3カップ
  • ※オプション ・・・はちみつ、レモンの輪切り

フレッシュ(生)のハーブS&Bでも取り扱っています。

作り方

  • 生のハーブは洗って水気を切っておく。
  • 温めたティーポットに1のハーブを入れ、沸騰したてのお湯を注いでふたをし、5分ほど待つ。
  • カップに注いで、好みではちみつやレモンの輪切りを加えていただく。
    ワンポイント
  • ドライのハーブを使う場合は、ペパーミント、セージ、ローズマリーを各ひとつまみずつポットに入れる。

※注意事項:妊娠中の方は、上記のハーブティーの飲用は控えめに(作用が比較的強いので)。一般の人も通常、1日2杯ぐらいまでが適当。

【文・スタイリング・制作】榊田千佳子 【撮影】タケダトオル、榊田千佳子 【料理アシスタント】吉田雅紀子、吉川和美

  スパイスとハーブはS&B