Vol.9

*
*
WebMagazine とっておきのハーブ生活 *
* 収穫の秋。ハーブの恵みに感謝!
* * *
秋は実りの季節。鮮やかなセージの花や紅葉したブルーベリーの葉、心地よい風がうれしい。そして、クリスマスには、香りの演出もふんだんに! 秋冬シーズンも、お料理、ガーデニング、アロマ、手作りなど、毎週テーマを変えて、香りとハーブがいっぱいの暮らしにお誘いします。
photo
デリシャスハーブ
クリスマス、年末・年始などは、お客様も多くなり、お食事のおもてなしも、何にしたら?と迷ってしまいます。定番のおもてなし料理が幾つかあったら、気分も楽。せっかくだから育てているハーブも使えるものを。そして簡単、おいしい、これでキマリ!

榊田千佳子
*
* herb recipe
*
ハーブレシピ
お祝いの季節。テーマカラーは赤で
おめでたい気分が漂うこの季節、やっぱりテーマカラーは赤でしょう。トルコ料理でおなじみのキャベツのドルマは、ロールキャベツのエキゾチック版。それから、ハイビスカスのハーブティーでゼリーを作り、ケーキと盛り合わせたルビー色のパフェ。きれいでお客様から歓声が上がりそうです。
*
recipe1 キャベツのドルマ
ロールキャベツのスパイシータイプがドルマ。前日から作っておけるのも、パーティーメニューの大事なポイント。子供も大人も好きな味です。
*
材料(10個分)
・キャベツの葉
 13〜14枚(破れたりするので)

<ドルマのたね用>
・牛ひき肉

 450g

・バター
 大さじ2

・玉ねぎ
 粗みじん切りを大さじ5

・米
 1/4カップ

・イタリアンパセリ
 みじん切りを大さじ4

・ミント
 みじん切りを大さじ2

・ディル
 みじん切りを大さじ3

・松の実
 大さじ2

・トマトペースト
 大さじ1

・水
 50cc

・塩
 小さじ1

・こしょう
 少々

<煮込み用>
・トマト水煮缶

 1個分

・塩・こしょう
 適量

フレッシュのハーブS&Bでも取り扱っています。

*
*
*
photo
*
作り方
1. キャベツの葉はていねいにはがして洗い、堅い芯の部分をそぎ取るようにして薄くしておく。塩を入れた湯で、しんなりとするまでゆでてざるに上げておく。
2. ボウルにドルマのたねの材料をすべて入れて、よくこね合わせる。
3. 1のキャベツで2のたねを包む。
4. 底のなるべく厚くて広い鍋に残りのキャベツの葉を敷きつめ、3のドルマの巻き終わりを下にして並べて置く。
5. トマトの水煮缶をよくつぶし、塩・こしょうを加え、4のドルマの上にかける。もう一段重ねて置く場合は、間にもソースをはさむようにする。お皿で重しをして蓋をし、最初中火、その後弱火にして約40分間煮込む。水がなくなったらお湯を足す。最後に塩・こしょうで味を整える。
*
ワンポイント
途中でドルマを動かしたくなるが、崩れやすいので注意。
温めなおして食べる際には、お湯を少量鍋の回りから流し入れて、焦がさないように弱火で温める。
*
recipe2 パルフェルージュ
パルフェとはフランス語でパーフェクトという意味で、ルージュは赤という意味。完璧な赤のパフェです。ハイビスカスのゼリーは、ラズベリーと合わさってますます甘酸っぱく、生クリームがそれを優しく包んでくれます。女の子の大好きな味です。
*
photo
*
作り方
<ハイビスカスのゼリー>
1. ティーポットに、ハイビスカス(ローゼル)を入れ、蓋をして約10分間おく。
2. 板ゼラチンは水に浸けてふやかし、水気をしぼりとる。
3. 1のティーを小鍋に注ぎ、白ワインと砂糖を加えて熱し、砂糖と2の板ゼラチンを加えてすっかり煮溶かし、バットに注いで粗熱が取れたら冷蔵庫ですっかり固まるまで冷やす。
4. 3が固まったら2cm角に切り分ける。
<ラズベリーピューレ・生クリームと仕上げ>
5. 冷凍ラズベリーは解凍してつぶし、砂糖を混ぜ入れる。生クリームは砂糖を加えて、とろりと流れるぐらいの6分立てにしておく。
6. ケーキは約3cm角に切る。
7. パフェを盛る器に、ハイビスカスのゼリー、ミントの葉、ケーキ、ラズベリーのピューレ、生クリームの順で積み重ねていく。最後はゼリーとラズベリーの果実で終わらせる。ミントを飾って出来上がり。
*
ワンポイント
ゼリーは少し固めに仕上げた方が、きれいに切り分けられる。
ラズベリーのピューレと生クリームの甘味は好みで調節する。
出来上がったら、すぐに食べましょう!
*
材料(2〜3人分)
<ハイビスカスのゼリー用>
・ハイビスカス(ローゼル)の顆粒状のもの

 大さじ1

・熱湯
 500cc

・白ワイン
 100cc

・砂糖
 大さじ4

・板ゼラチン
 10枚(15g)

<ラズベリーピューレ&生クリーム用>
・冷凍ラズベリー
 200g

・砂糖(ラズベリーピューレ用)
 100g

・砂糖(生クリーム用)
 大さじ3

・生クリーム
 200cc

・市販のカステラまたはシフォンケーキ
 適量

・ミントの葉
 約1カップ分

フレッシュのハーブS&Bでも取り扱っています。
*
*
*
12月 ハーブドリンク
* *
ホットハーブワイン
寒く長いヨーロッパの冬の定番ドリンク、ホットハーブワイン。グルーワインやグロッグ、ニーガスなど、さまざまな呼び名があり、作り方もさまざま。中に入れるスパイスも好みで変えてみてもいいですね。あったかいお部屋で、あったかいワイン。くつろぐひと時になることでしょう。
*
材料 *
赤ワイン
  ひと瓶
リンゴ
  1/4個
シナモンスティック
  2本
クローブ
  6個
オレンジ
  1/3個
好みで砂糖
  大さじ1〜2
  ※スパイスはS&Bでも取り扱っています。
*
* photo
材料 *
リンゴとオレンジは皮ごと使うので、よく洗ってから、皮を付けたまま薄切りにする。
ワインを鍋に移し、のフルーツとシナモンスティック(軽く折る)、クローブを加えてごく弱火で沸騰直前まで温める。
を材料ごとピッチャーに移し、保温しておく。
グラスに注いで新しいフルーツを一切れずつ入れ、シナモンスティックをそえる。
*
*
作りたてよりも、1時間ほど経ってからの方が味がなじんでおいしい。常温で置いておき、飲む前に温めるとよい。
バニラビーンズを加えるとよりスウィートな香りに。
*
*
おいしいハーブの基礎へ *
→ ハーブを使う際の注意事項
次号のお知らせ
来週は「ガーデニングハーブ」。おすすめハーブはローレルです。意外な使い方もご紹介します。ガーデニングツールのお話もあります! *
バックナンバー
壁紙になる!ハーブカレンダー
各号
*

backnumber
*
*
「とっておきのハーブ生活」 2005年秋冬・12月1日号
エスビー食品
〒174-8651 東京都板橋区宮本町38-8
本ホームページの掲載記事・画像、イラスト等の無断転載を禁じます
 
文
*
*
*

  スパイスとハーブはS&B