vol.9

*
*
WebMagazine とっておきのハーブ生活 ニオイスミレのブーケ
* ハーブの魔法で毎日を楽しく!
ウイクリーでお届けしている、ハーブ&スパイスのエスビー食品のハーブ専門サイト、「とっておきのハーブ生活」。デリシャス、ガーデニング、エンジョイ、アロマの4つのテーマで、毎日にちょっとしたハーブの魔法をプラス!
photo
デリシャスハーブ
ドライハーブは一年中楽しめるから、生のハーブがとれる季節は、ぜひフレッシュで利用してみましょう。フレッシュハーブのミックスとしておなじみのフィヌゼルブを使って、肉料理、魚料理、応用編をご紹介します。

榊田千佳子
*
* herb recipe
*
Herb recipe
フィヌゼルブを使って
フィヌゼルブは、フランス語で柔らかいハーブの意味。同量のチャービル、チャイブ、パセリ、タラゴンの柔らかい葉と茎を細かく刻んだ、フランス料理でよく使われるフレッシュハーブのミックスをこう呼びます。魚介類のグリルソースに加える他、バターやクリームチーズにまぜてもおいしい。

フィヌゼルブの作り方
イタリアンパセリ、ディル、チャービル、チャイブは大体同量を用意。ハーブは栽培条件、収穫時期や時間などによって香りがかなり異なるので、必ずしも同量でなくてOK。おいしいと思える割合を見つけて。あまり火を通さずに、料理の仕上げに加えるのがポイント。
フレッシュのハーブはS&Bでも取り扱っています。
* photo
*
recipe1 フィヌゼルブマリネ
カリッと焼いたチキンをフィヌゼルブ、オリーブオイル、レモン汁でマリネした一品。簡単でおいしい。オードブルにもぴったり。
*
材料(2人分)
・皮付き鶏もも肉・・・2枚

・フィヌゼルブ・・・軽くカップ1/2

・オリーブオイル・・・大さじ2

・レモン汁・・・1個分


photo
*


photo
*
作り方
1. 鶏もも肉は、皮ごと大きめの一口大に切り、フライパンで皮の方から、油を敷かずにカリッと焼き上げる。途中で塩・コショウを振りかけて味を付ける。
2. ボウルにフィヌゼルブ、オリーブオイル、レモン汁を入れてさっと混ぜ合わせ、1で焼いたチキンの粗熱がとれてから和える。
すぐに食べる場合は、焼きたてのチキンの方がおいしいけれど、少し後で食べるなら、冷めてから混ぜた方が、ハーブのグリーンが鮮やかに保てます。
*
recipe2 フィヌゼルブサンド
 
*
photo
*
材料(2人分)
・厚切りのサーモン・・・2枚

・ニンニク・・・1かけ

・フィヌゼルブ・・・大さじ2

・オリーブオイル・・・大さじ2

・塩・コショウ・・・少々

・小麦粉・・・約大さじ1


photo
作り方
1. サーモンは皮を付けたまま、半分の厚さに、ポケット状に切れ込みを入れる。ニンニクは皮をむいて薄切りに。
2. フィヌゼルブ、オリーブオイル大さじ1、塩・コショウを混ぜ合わせ、1のサーモンの切れ目にニンニクの薄切りと一緒に挟み込む。
3. 2に茶こしを使って小麦粉を振りかけ、フライパンに大さじ1のオリーブオイルを敷いてカリッと焼き上げる。
*
recipe3 ハーブバター
フィヌゼルブ大さじ2につき、室温に戻したバター約80gと混ぜ合わせ、塩・コショウで味を付ける。
*
冷蔵庫で3〜4日保存できる。
棒状に形作り、ラップに包んで冷凍しておけば、いつでも凍ったまま切り分けて使えて便利。
肉料理や魚料理の仕上げに加えると断然おいしくなる。
フランスパンに塗って焼けば、おいしいハーブブレッドに。
*
photo
*


photo
*
*
6月 ハーブドリンク
* *
マロウティー
コモンマロウはゼニアオイの仲間で、直径5cmほどの美しい花が咲くハーブ。乾燥花でいれたハーブティーは、鮮やかな濃青色からグレーへ、そしてレモン汁を加えるとパッとあかね色に変わることから、「夜明けのハーブティー」と呼ばれます。喉の痛みや咳を和らげ、胃に優しいティーです。
* photo
*
材料 *
カップ約1杯分
  マロウの花・・・4〜5個
レモン・・・スライスを2枚分
*
作り方 *
ポットとカップをあらかじめ温めておき、そこに人数分のマロウの花を入れ、沸騰してしばらく置いたお湯を注ぐ。
3〜5分待つ間に、濃いブルーからグレーへと色が変化する。そこにレモンをしぼり入れると、パッと明るいピンク色に変わる。
カップに直接花を入れてお湯を注いでもOK。花は食べてもいい。
少しだけ冷めたお湯を使った方が、青色が鮮やかに出る。
喉の痛みにはハチミツを加えると効果大。
*
*
おいしいハーブの基礎へ *
→ ハーブを使う際の注意事項
次号のお知らせ *
次号は「ガーデニングハーブ」。6月のハーブガーデンの主役、ラベンダーを特集。育て方から利用法までアイディア満載。ペイント鉢のオススメも紹介。 バックナンバー
2002年〜2004年各号
backnumber
壁紙になる!ハーブカレンダー
*
「とっておきのハーブ生活」 2005年春・6月2日号
エスビー食品
〒174-8651 東京都板橋区宮本町38-8
本ホームページの掲載記事・画像、イラスト等の無断転載を禁じます