*
*
WebMagazine とっておきのハーブ生活 ニオイスミレのブーケ
* ハーブの魔法で毎日を楽しく!
ハーブ&スパイスのエスビー食品がお届けするハーブ専門サイト「とっておきのハーブ生活」がウイクリーマガジンとしてリニューアルスタート!デリシャス、ガーデニング、エンジョイ、アロマの4つのテーマで、毎日にちょっとしたハーブの魔法をプラス!
デリシャスハーブ
いつものパスタだって、ロケットとケーパーをちょっと加えるだけでぐんとグレードアップ!ハーブマジックで手間をかけずにおいしくして、その分ゆっくり食べたいですね。今月お薦めのレモンバームのティーもご紹介します。
榊田千佳子
*
Herb recipe
ハーブレシピ
recipe パスタ
1 洗って切って、ゆでる間に炒めて、和えたらもう出来上がり!
ロケットの香りと歯触りがおいしさのポイント。
材料(2人分)
・カッペリーニ
 
240g
・ロケット(ルッコラ)
 2パック
・ケーバー
 大さじ2
・トマト
 ミディトマト4個または、普通のトマト1個
・フレッシュモッツァレラチーズ
 1個(牛乳、水牛乳どちらでもOK)
・アンチョビ
 6枚(約1缶)
・ニンニク
 2片
・オリーブオイル
 大さじ3
・塩・コショウ
 適宣(コショウはなるべく粒を挽いて使う。香りが断然違う)
フレッシュのハーブミル付きコショウS&Bでも取り扱っています。
photo
作り方
 (準備:約10分)
1. 鍋にお湯をたっぷり沸かし、小さじ1杯の塩を入れる。
2. 野菜は洗っておく。ロケットは半分の長さに切る。トマトは1.5cm角ぐらいのかわいい大きさに切る。
3. フレッシュモッツァレラチーズはトマトと同じ大きさに切る。
4. ニンニクは皮をむいて芯を取り除き、みじん切りに。アンチョビとケーパーは荒く刻む。
(調理仕上げ:約10分)
5. フライパンにオリーブオイルを入れ、すぐにニンニクを入れて弱火で焦さないように熱し、いい香りがしてきたらアンチョビとケーパーを入れてさっと炒め合わせて火を止める。
6. お湯が沸いている鍋にカッペリーニを入れてちょっと堅め(アルデンテ)にゆであげる。
7. 5のフライパンにゆであがったカッペリーニ、トマト、モッツァレラチーズを加えて中火にかけながら和える。ここで味見をして、塩味が足りなかったら足す。コショウもぱらっと一振り。
8. 最後にロケットを加えて混ぜ合わせて出来上がり!

ワンポイント
カッペリーニは2〜3分でゆであがるので、すべての材料をそろえて、お皿とフォークも用意。
7のフライパンで和えるのは、本当にさっと30秒くらいで。炒めすぎると、トマトが崩れ、チーズが溶けすぎておいしくなくなる。
photo
2005
April
recipe カプレーゼ
2 イタリア料理のアンティパスト(前菜)として定番のカプレーゼ。
実はこんなに簡単。5分でできちゃいます!
photo
材料(2人分)
・バジル
1/2パック(葉を約5枚)
・トマト
 ミディトマト2個または、普通のトマト1個
・フレッシュモッツァレラチーズ
 1個(牛乳、水牛乳、どちらでもOK)
・オリーブオイル
 大さじ2
・塩・コショウ
 適宜
フレッシュのハーブS&Bでも取り扱っています。
作り方
1. バジルは洗って葉を枝からはずす。
2. トマトは5mmぐらいの厚さにスライス(普通のトマトは、縦半分に切ってから、横にスライス)。
3. モッツァレラチーズはなるべく薄くスライス。
4. お皿にバジル、トマト、モッツァレラチーズを感じよく並べて、塩・コショウを振りかけ、オリーブオイルをまわしかけて出来上がり!

ワンポイント
すぐに食べないときは、お皿に材料を並べたところでラップをかけて冷蔵庫に入れておく。塩・コショウ、オリーブオイルは、食べる直前に。
好みで、バルサミコ酢をほんの少しかけてもおいしい。

ハーブのヒント
・バジルはオリーブオイルに漬けて、バジルのハーブオイルにすると、トマトサラダ等に使えます。
・バジルはトマトとの相性抜群!
*
4月 ハーブドリンク
フレッシュ
レモンバームは、ほんのりレモンの香りの優しいハーブです。ブルーな気持ちを明るくしてくれるはず。消化を助けるので、食後に飲んでもいいし、発汗作用を促すので、半身浴の前とか、風邪の引き初めにもグッド!
材料と作り方 【1人分】
生のレモンバームは小枝を3〜4枝用意し、枝ごと洗っておく。
あらかじめ温めたティーポットに1のレモンバームを入れて沸騰したてのお湯約200ccを入れ、約5分待って、温めたカップに注ぐ。
ワンポイント
レモンバームはとてもデリケートなハーブ。乱暴に洗うと、黒っぽく変色してしまいます。
自分で育てたレモンバームは香りが良く成分もたっぷりなので、1カップに2枝ぐらいで十分。買ってきたレモンバームは倍くらい入れないといい香りがでないかも。
レモンバームを摘み取るときは、晴れた日の午前中がベスト。夜摘むと香りがまるで違うので、朝摘んで、ぬらしたティッシュで包み、ビニール袋に入れて冷蔵庫に入れておくという手も。洗うのは後に。
*
おいしいハーブの基礎へ
→ ハーブを使う際の注意事項
次号のお知らせ プレゼントのお知らせ
来週は「ガーデニングハーブ」。お薦めハーブはレモンバーム。悲しい心を慰め明るくしてくれるハーブです。種まき、育て方、使い方もたっぷり。 バックナンバー
2002年〜2004年各号
backnumber
壁紙になる!ハーブカレンダー
*
「とっておきのハーブ生活」 2005年春・4月7日号
エスビー食品
〒174-8651 東京都板橋区宮本町38-8
本ホームページの掲載記事・画像、イラスト等の無断転載を禁じます
文
*
*
*
応募締切 応募はこちらから

  スパイスとハーブはS&B