とっておきのハーブ生活Chapter5ハーブスクエア 2005 EARLY SPRING vol.4 
1月のハーブティー1月のハーブティー 風邪撃退ハーブティー
1月のハーブティー 風邪撃退ハーブティー
レシピ
1月のハーブティー 風邪撃退ハーブティー

本格的に風邪が流行るのが1月と2月。外から家に帰ってきた時の手洗いとうがいは欠かせません。これは、風邪の菌を喉から体の中に入れない作戦ですが、どうしても体内に入ってしまうのは防げません。そこで、体の中でも戦えるように・・・風邪撃退ハーブティーブレンドをご紹介します。
まずは殺菌力抜群のタイム、そして、インフルエンザウイルスにも強いといわれるペパーミント。この二つは、風邪をひいてしまった時の喉や気管支の炎症もやわらげ、喉をすーっとさせる働きもあります。顆粒状のローズヒップ(バラの実)はビタミンCの補給と甘酸っぱい味を。そしてレモンバーベナは主にリラックス効果とおいしいレモン風味を加えるために。こんなおいしいティーなら毎日飲めそうです。


1月のハーブティー 風邪撃退ハーブティー
Lecipe
 材料 カップ約1〜2杯分  
  タイム(ドライ) ・・・ひとつまみ  
  ペパーミント(ドライ) ・・・ひとつまみ  
  ローズヒップ(顆粒状) ・・・小さじ1杯  
  レモンバーベナ(ドライ) ・・・ひとつまみ  
     
 作り方  
1 ポットにお湯を沸かす。ティーポット、ティーカップはあらかじめ温めておく。
 
2 ティーポットに上記のハーブを入れ、沸騰したてのお湯を注ぐ。お湯の量は好みで加減する。たっぷりと飲みたい時は、ハーブの量は増やさずに、お湯の量を増やして薄めのティーにする。  
3 ティーコージー(ポットカバー)などをかぶせて保温しながら、約10分待つ。
 
4 ポットのふたを開けてスプーンで軽くかき混ぜてから、カップに注ぐ。好みで、はちみつなどで甘みをつけてもいい。

*生のハーブを用いる場合は、上記のハーブの量の2倍〜3倍量を目安にする。

 







1月のハーブティー 風邪撃退ハーブティー

ワンポイント
Lecipe
  ポットカバーは、エンジョイハーブ11月号の手作りハーブの、「ふかふかポットカバー」がおすすめ!ティーが2時間近く冷めないすばらしい保温力です。でも厚手のタオルなどで保温すれば、カバーがなくても大丈夫。
  甘みはなるべく精白砂糖を使わずに、はちみつ、サトウキビ糖やメープルシロップなどの自然な甘みで。はちみつにはマイルドな殺菌作用と、喉の痛みを和らげる働きもある。
 
*注意*
ハーブティーには薬効があるので、むやみに量を増やすのは良くありません。上記の量で一回分。一日2〜3回までが適当です。特にタイムは作用が強いので、控え目に。幼児に飲ませる場合は、ごく薄くして。お湯の量は好きなだけ増やして大丈夫。たっぷり飲んで体を温めて、水分を十分にとるのも風邪には効果的です。



up

【文・制作・スタイリング】榊田千佳子 【撮影】タケダトオル、榊田千佳子 ※ハーブを栽培・利用する際の注意事項
Chapter5ハーブスクエアハーブインフォメーション壁紙になる!ハーブカレンダートーク@ハーブ
Copyright 2002-2005 S&B FOODS INC. All rights reserved. スパイスとハーブはS&B