とっておきのハーブ生活Chapter3デリシャスハーブ 2004 AUTUMN vol.3 
October
デリシャスハーブ アイテム1 黒酢ダイエットスープ アイテム2 バジル餃子with 手作りラー油
評判の黒酢ダイエットをおいしいスープで!
  黒酢、もろみ酢、リンゴ酢・・・ここのところ酢が大評判です。アミノ酸やビタミン類が豊富で、一日30〜50ml飲むと体脂肪が減ったり、コレステロール値が下がると言われます。疲労回復に役立つタウリンがいっぱいのアサリと血液を浄化するとされるクレソンを組み合わせ、黒酢風味のスープにしました。
それから、バジルを使った餃子。これには、手作りのラー油をつけて。手作りラー油、簡単でおいしくて、やみつきです。
 
     
  アイテム1 黒酢ダイエットスープ 黒酢ダイエットスープ
 
材料 (4人分)
トマト ・・・ 中3個
クレソン ・・・ 1束
シメジ ・・・ 1パック
アサリ ・・・ 1パック
春雨 ・・・ 10g
黒酢 ・・・ 2/3カップ
水 ・・・ 6カップ
塩・こしょう ・・・ 少々
作り方
 
1. シメジ、クレソンは洗って、それぞれざく切りに。トマトは洗って、皮を湯むきにし、6等分のくし形切りにする。
2. アサリは砂抜きして、洗っておく。
3. 春雨はお湯で戻し、食べやすい長さに切る。
4. 鍋に水を入れて沸騰させ、シメジと春雨を入れて柔らかくなるまで煮る。アサリを加えて口が開いたら、黒酢を加え、塩・こしょうで味を調える。トマトを加えて一煮立ちさせ、もう一度味を調えたら、クレソンを加えて火を止める。
 
ワンポイント
アサリから、かなり塩分がでるので、塩味は控えめに。
黒酢の風味で塩分を少な目にすることができる。アサリ、トマト、クレソンは煮すぎるとおいしくなくなるので気を付けて。
黒酢の量は、好みで調節する。
   
 
up

バジル餃子with手作りラー油
<バジル餃子with手作りラー油材料>  
材料
画像拡大  


 

アイテム2

バジル餃子with 手作りラー油
材料
《ラー油》
サラダオイル ・・・1カップ
トウガラシ(ホール)・・・10本
トウガラシ(輪切り)・・・10g
花サンショウの実・・・大さじ1
  花サンショウの実とは、サンショウの実がはじけたものを乾燥させたもの。大変香りがいい。粉サンショウに挽く前のもの。
《バジル餃子》 約40個分
バジル(葉のみを使用) ・・・2枝
白菜 ・・・4枚
白ネギ ・・・ 1本
ショウガ ・・・おろしたものを小さじ2
豚ひき肉 ・・・400g
ゴマ油 ・・・大さじ1
白湯(パイタン)スープの素 ・・・大さじ1(大さじ1の湯で溶く)
紹興酒 ・・・大さじ1
コショウ ・・・少々
塩 ・・・小さじ1と1/2
オイスターソース ・・・大さじ1
片栗粉 ・・・大さじ2
餃子の皮 ・・・40枚
 
作り方
《ラー油》
1. 材料をすべて小鍋に入れ、弱火で5分間、ときどきかき混ぜながら熱する。煙がでないように火を調節する。
2. 火を止めて、ふたをして、冷めるまでおいてから、ガラスの小瓶などに移す。
《バジル餃子》
1. 野菜類は洗って、良く水気を切っておく。
2. 白菜、白ネギ、バジルはそれぞれみじん切りに。
3. 白菜に軽く塩をして混ぜ合わせ、5分ほどおいてしんなりとさせる。水気を軽く絞っておく。
4. ボウルに豚肉を入れ、粘りがでるまで良く練り混ぜる。
5. 4に白ネギ、バジル、3の白菜、おろしショウガ、ゴマ油、塩、コショウ、白湯スープの素、紹興酒、オイスターソース、片栗粉をすべて入れ、良く混ぜ合わせる。
6. 5を餃子の皮に包む。種を入れすぎると、焼いたときに破れやすい。皮のとじ目に水を付けて、しっかりととじる。
 
  ワンポイント

《ラー油》

熱しすぎてこがさないように注意。保存は冷蔵庫で。
 
《バジル餃子》
焼くときは、ホットプレートを使うと便利。手作りラー油と、酢醤油を添えて。



up
【文・撮影・スタイリング】榊田千佳子 【撮影】タケダトオル 【イラスト】立原雅子 【料理アシスタント】吉田雅紀子、吉川和美
Chapter3デリシャスハーブNovemberハーブレシピDecemberハーブレシピおいしいハーブの基礎
Copyright 2002-2004 S&B FOODS INC. All rights reserved. スパイスとハーブはS&B