マタニティは、女性にとって充足感に満ちたかけがえのない期間です。私は自分が妊娠を知った時にアロマセラピストを続けられるのかどうかがとても心配でした。アロマテラピーで用いられる精油には、様々な作用があり、妊婦に適さないものも含まれていたからです。

 けれども私にとっては、大好きなアロマの仕事を辞めるという選択が一番大きな精神的不安定の要素だったので、「続けられるだけアロマセラピストを続けよう!」と決心をしました。結局臨月まで仕事を続けられましたし、つわりもなく、とても精神的に充実したマタニティライフを過ごせました。
 今回はそんな私の自己体験記的マタニティ&ベビーのアロマテラピーをご紹介致します。
   
   
   マタニティに使うことの出来る精油は、精油の特性上限られています。まずは下記の注意事項をよく理解して、正しくアロマテラピーを行いましょう。妊娠中に最も好ましくないのは精神的に安定出来なくなることです。アロマテラピー自体に抵抗があれば、それも心配の種になってしまいますので、ハーブウォーター、あるいはハーブティーを利用するのも良い方法です。
また妊娠中、切迫流産の危険性が生じたらアロマの使用は即中止しましょう。
 
ケトン類、フェノール類成分を多く含有する精油。あるいは、強い通経作用のある精油。特にタイム、セージ、クローブ、シナモン、ヒソップ、ローズマリー、ジャスミンなど。スパイクラベンダー、ラバンジンも使用しないこと。
 

柑橘系の精油(スイートオレンジ、ベルガモット、レモン、グレープルーツ、マンダリン等)
※柑橘系の精油は紫外線吸収を促す傾向のあるものが多い。妊娠期間中はホルモンの影響で、メラニン色素沈着しやすいので皮膚に精油を塗布する方法には注意が必要。
木や樹脂から抽出した精油(ヒノキ、フランキンセンス、サンダルウッド、ローズウッド、ホーリーフ、安息香等)
作用が穏やかでやさしい精油(プチグレン、ネロリ、真正ラベンダー)

マッサージオイルの濃度は最高でも1%、入浴には6滴以下で使用のこと。
通経作用(=月経促進作用)があると言われている花の精油でも、フェイシャルトリートメントのみに1〜2滴使用する程度であれば差し障りありません。
拡散(芳香浴)でペパーミントやローズマリー等を使用する場合は、一日の使用量を10滴以下にとどめます。
 
 
マタニティー時は、お腹が大きくなるにつれて、皮膚がひっぱられるようになります。精油を溶かす植物油は、保湿性の高いスィートアーモンド油、ホホバ油、マカダミアナッツ油がおすすめです。
  →マタニティ症状別レシピはこちら  

※エッセンシャルオイルを利用する際の注意事項
文:鈴木理恵・撮影:タケダトオル、榊田 千佳子