2003「とっておきのハーブ生活」から、コミュニケーションのページがスタートしました。 皆さんから応募いただいた個性的で素敵な"ハーブのある生活"に、監修者の榊田さんがコメントを添えて、もっと楽しくなるハーバルライフを一緒に紹介していきます。
約2週間に一度、2〜3人ずつ更新していきますので、皆さんも応募くださいね。

---2003年12月11日アップ---

  カナダ 池田孝子さん  
私はカナダのオンタリオ州に住んでいますが、狭い我が家の庭に日本の三つ葉、にらなどと一緒にハーブを育てています。
今年はカモマイルがとてもよく育ったので、レモンバームとカモマイルを庭から摘んできてTea を楽しんでいます。香りもとても素敵でカモマイルの花はとても愛らしいし、気分をやわらげてくれる素敵なTeaです。
池田さん、カナダでS&Bの「とっておき〜」を見てくださっているんですね。ありがとうございます!インターネットってすばらしいなあ。私は高校生の時にアメリカのミシガン州に留学していました。アカペラの聖歌隊に入っていて、オンタリオにコンサートツアーで行った思い出があります。3日間、オンタリオの家庭に泊めていただいたんですよ。のどかで広々としたきれいなところでした。思い出話になってしまいましたが、カモマイルの花、わたしも大好きです。カモマイルティーは、摘みたての生が香りも風味も最高ですね!


  イタリア 宮前明恵さん  
こんにちは。イタリアに在住しています。今、自然薬局エルボリステリア、イングレーゼに勤務しています。ハーブでオリガニズムを整え、体にたまっているものに合わせてハーブ茶を提供しています。 私は栄養士でもあるので、ダイエットの担当をしています。
わたしの上司でもある方がハーブでボディークリーム、フェイスクリームなどを作っています。ireos,centella asiatica,Theverde,castagne d'india,rusco,coffea,cipresso,edera,ginkobiloba。
これらの成分は体用のクリームですが、すべて天然のもの。毛細血管を刺激し、リンパ腺を正常化させる働きがあるんです。 働きながら、自分自身でも食,呼吸、そしてゆったりした音を聞きながらライフスタイルをシンプルに、たくさんの水分といっしょに常にキレイな血液が回っているイメージで。これかも、たくさんのハーブを勉強していきたいです。
今回は、インターナショナルメール特集です。次はイタリアの方。イタリアの自然薬局ですか。興味津々です。昨年イタリアに行った友人に頼んで、イタリアのハーブの本を買ってきてもらいました。読めないのが残念ですが、写真が美しく、内容も豊富で素敵な本でした。イタリアは、食文化を大切にする国ですよね。食べ物と心身の健康は深い関わりがありますから、そんな国で、ハーブも大切にされているのは当たり前なんでしょうね。イタリアならではの大らかなアプローチで、ハーブを取り入れているのではないでしょうか。「たくさんの水分といっしょに〜」とてもいいイメージですね。身体が軽くなりそうです。イタリアにもし行けることがあったら、ぜひ伺いたいです。


  東京都 莇芳子さん  
以前バンコクに住んでいたのですが、市場にはハーブがいっぱい!それも安い!!一束5バーツ(15円)です。毎日いろいろなハーブを使って、炒め物やサラダやスープ・・・。美味しかったです!!!
そして、東南アジア代表は、タイのバンコク。ハーブ一束50円ですか?私がその市場に行ったら、食べきれなくても山ほど買ってきてしまいそうです。ハーブはやっぱり、タイならではのハーブが多いのでしょうか。もちろんバジルとか、レモングラスとか、カフィアライムリーフ(コブミカンの葉)などはたくさん売っているんでしょうね。タイ料理って、辛いことばかりが強調されてしまいますが、野菜やハーブがたくさん使われていて、とってもヘルシーですよね。脂肪分が少ないものが多いし。私も大好物です。



4月14日 5月6日 5月21日 6月4日 6月23日 7月9日 7月16日
7月31日 8月20日 9月3日 9月18日 10月2日 10月10日
11月12日




 
  文:読者のみなさん.榊田 千佳子