画像拡大


 人気のエスニック料理の中でも、すっかり定着した感じの韓国料理。スタミナ満点の焼き肉だけじゃありません。実は野菜をさまざまに料理してたくさん食べるし、唐辛子&ニンニクパワー全開の、とってもヘルシーな料理なのです。最近コリアンの友人から教わったのですが、大豆もやしのスープを韓国では風邪のひきはじめや二日酔いのときなどに、よく食べるそうです。
 そこで、キムチパワーもプラスしたスープをスターターに、エゴマとバジルの葉と一緒に食べる牛肉の網焼きをメイン、ハーブをたっぷり混ぜ込んだハーバルチヂミをおやつに決定。唐辛子とニンニクは夏バテ予防にぴったりです。


(4人分)

1.  大豆もやしは洗って、ひげ根を取り除いておく。
2.  キムチは2〜3cm角に刻む。豆腐は、キムチと同じぐらいの大きさの薄切りにする。
3.  チャイブは2〜3cmの長さに刻む。
4.  鍋に水を1リットル沸かし、塩を小さじ1/2加え、もやしを水から入れて蓋をしてゆがく。沸騰してから8〜10分ゆでたら火を止めて、蓋をしたまま5分ほど蒸らす。蓋はなるべく取らないのがコツ。
5.  同じ鍋にトックを加えて3分程煮る。最後に2のキムチと豆腐を加えてサッと煮る。
  ※塩かげんはキムチで調節する。
6.  器に盛って、チャイブを添える。







(4人分)




1.  エゴマの葉(またはシソの葉)とバジルの葉は、洗って水気を切っておく。
2.  松の実はおつまみ用ならそのまま、生ならば、オーブントースターなどで、焦がさないように、煎っておく。
3.  つけだれの材料を耐熱容器に入れてよく混ぜ、砂糖が溶けるように電子レンジで約1分加熱して、またよく混ぜておく。
4.  皿に1のハーブをのせ、3のつけだれを小皿などに入れて添える。
5.  焼き網を熱して牛肉を焼き、焼けた順に3のつけだれの1/2量につけ込む。
6.  4の皿に5でたれにつけた肉を盛りつけ、糸唐辛子と、松の実を振りかける。






(4人分)




1.  計量カップに卵2個を割り入れる。卵2個と水を合わせて400ccになるようにする。
よく混ぜて卵液を作る。
2.  チヂミだれの材料は合わせてよく混ぜ合わせる。
3.  ハーブ類は水で洗い、水気を切っておく。イタリアンパセリの硬い茎は切り落とす。どれも3〜4cmのざく切りにする。
4.  エビは背わたを取って殻をむき、尾を切り取って水洗いする。焼いたときに曲がらないように、内側に切れ目を入れ、半分の厚さに切っておく。
5.  豚しゃぶしゃぶ用肉は、脂身を軽く取り除いてから、粗いみじん切りにする。
6.  チヂミ粉に1の卵と粉唐辛子を加えてよく混ぜ、3のハーブと、5の豚肉を混ぜ入れる。
7.  フライパンかホットプレートにごま油を敷いてなじませ、6の種を薄く伸ばして広げる。上にエビをのせ、種を上から薄くかける。
8.  途中何回か裏返し、フライ返しを押しつけるようにしてこんがりと焼き上げる。
9.  切り分けたものを皿に盛り、糸唐辛子を飾る。



エスビーのフレッシュハーブについてはこちら



文・制作・スタイリング:榊田千佳子.撮影:タケダトオル.イラスト:立原 雅子