2003「とっておきのハーブ生活」から、コミュニケーションのページがスタートしました。 皆さんから応募いただいた個性的で素敵な"ハーブのある生活"に、監修者の榊田さんがコメントを添えて、もっと楽しくなるハーバルライフを一緒に紹介していきます。
約2週間に一度、2〜3人ずつ更新していきますので、皆さんも応募くださいね。

---2003年8月20日アップ---

  神奈川県 斉藤友理子さん  
ミントを育てています。元気に育ったミントをつんで、ミントティーにしたり、お菓子にかざったりして楽しんでいます。バジルも育てていたのですが、ある日気が付いたら丸ぼうず・・・。
食べるものだから防虫剤はあまり使いたくないし・・・。
このページで勉強してまた挑戦してみます。
バジルは人間がおいしいと思うように、虫も大好物みたいですね。我が家のバジルはもっぱらショウリョウバッタ(オンブバッタ)のえさ畑。今はまだ体長1センチほどのバッタですが、これからバジルを食べてどんどん大きくなり、そしてまたバジルを食べるのです!とにかく虫より先にバジルを食べてしまうこと。コレに限ります!ちなみにバッタは手でつまみ穫るぐらいしか対処方がありません。近所の子供を集めてバッタ穫り大会を開き、優勝商品を用意し、バッタは持ち帰り放題にする、なんていうのはいかがでしょう。


  新潟県 増田美樹さん  
最近は、カモミール・・・飲んで良し、お風呂に入れて良し。あと、化粧水がとても良いですねぇ〜。たぶん、肌年齢はかなり自慢出来るかも!
お風呂は、その日の気分によって使い分けていますけれどスポーツの後は絶対「ワコルダー?」だったと思うのですが・・・、筋肉痛知らずです!
カモミール(私は英語風にカモマイルと呼びますが)、私も大好きです。もし、一種類しかハーブを育てられないとしたら、カモマイルを選ぶなあ。増田さんがおっしゃるように、ティー、お風呂、美容に、といろいろに使えるし、なんといっても可憐でかわいいでしょ。ジャーマンカモマイルは一年草だけど、毎年こぼれ種が発芽してたくさん花が咲くから手間いらずでうれしい!そうそう、ティーはヘアリンスにすると、髪の毛をピカピカつやつやにしてくれますよ。


  神奈川県 吉川潤子さん  
ハーブを育て始めて8年目になります。
始めは、ローズマリーやタイムなど基本なものを育てていましたが、そのうちに用途のわからないレアもの品種に手を出すようになり、数多くの経験や失敗もしました。
今では、料理やハーブティー用にと目的に応じて苗や種を選べるようにしています。
そうですか。レアものまで行きましたか・・・。私も専門柄、数々のレアものを育ててきました。日本の気候にとうてい合わないものを無理して育ててみたり・・。自分で育てて使ってみることで、本に書いてあることを確かめたいっていう、ハーバリスト魂もあったのですが、今では、なるべく気候にあった育てやすいハーブを、吉川さんのように、目的に応じて育てる方向に変わってきました。その方が断然楽しいんですよ。何事も過ぎたる無理は禁物ですね。



4月14日 5月6日 5月21日 6月4日 6月23日 7月9日 7月16日
7月31日




 
  文:読者のみなさん.榊田 千佳子