2003「とっておきのハーブ生活」から、コミュニケーションのページがスタートしました。 皆さんから応募いただいた個性的で素敵な"ハーブのある生活"に、監修者の榊田さんがコメントを添えて、もっと楽しくなるハーバルライフを一緒に紹介していきます。
約2週間に一度、2〜3人ずつ更新していきますので、皆さんも応募くださいね。

---2003年6月4日アップ---

  大阪府 井坂美也子さん  
この間5種類のハーブを買ってきたのですが、おちびさんが遊びに来ていて、気がつけば、名札が抜かれていました。今、どれだか分からず育てています。
私は150種類ほどのハーブを育てていますが、すべてのものに名札をつけると素敵じゃなくなるので、つけないものがほとんど。そうすると、時々わからなくなるんです。特にラベンダーの品種名とか・・・。井坂さんのハーブも育ってくればわかるでしょうか。食用かどうかは確かめてくださいね。


  東京都 根本喜美江さん  
ハーブのある生活あこがれです。わざわざ買いに行かずとも庭先に出て必要なハーブを切り取って料理になんて、わくわくしますね。
そうなんです!それこそがハーブを育てる楽しみですよね。摘みたては香りもフレッシュだし。サンドイッチにちょっとはさむとか、パスタにパラッとのせるとか。ハーブって、お料理もおいしくするけど、何より育てて使うことで、心の栄養になる気がします。買わないっていうのが、かえって贅沢!


  東京都 高塚規子さん  
ハーブは欠かせないです。好きなその時の気分でブレンドしたハーブティーを飲んだり、バジルは栽培しています。バジルはやはり生が一番おいしいし料理には最高です。生のハーブティーは、私は好きなんですがあまりなじみの無い人には乾燥させたハーブを飲みやすくブレンドして出してあげると喜んで飲んでくれます。
とても体も温まり香りで落ち着くのでいいですね。私のお勧めは「ハイビスカス&グレープフルーツ100%ジュース」です。ハイビスカスをよく煮出してコップにハイビスカス7:グレープフルーツ2を入れてかき混ぜて飲みます。これは夏、冷やしてもおいしくいただけます。
おいしそう!私の住む世界一(?)蒸し暑い京都の夏にぴったりのドリンクですね。
ハイビスカス(実はローゼルというハーブの花のあとにできる実を包むがく片の部分です)の酸味は主にクエン酸。疲労を和らげるといいます。グレープフルーツと合わせば、夏バテ知らずのビタミンドリンクになりそう。ハイビスカスを煮出す最後の方に、ローズヒップも加えて、ピタミンCを強化すれば、シミ対策にも良さそうです。



4月14日 5月6日 5月21日




 
  文:読者のみなさん.榊田 千佳子