2003「とっておきのハーブ生活」から、コミュニケーションのページがスタートしました。 皆さんから応募いただいた個性的で素敵な"ハーブのある生活"に、監修者の榊田さんがコメントを添えて、もっと楽しくなるハーバルライフを一緒に紹介していきます。
約2週間に一度、2〜3人ずつ更新していきますので、皆さんも応募くださいね。

---2003年5月21日アップ---

  千葉県 岩渕恵子さん  
わが家では、ラベンダーやローズマリーなどが庭柵からはみ出るほどです。犬を散歩しているご近所の方から手入れをしている際、声をかけられることもしばしば。
ご近所の方との交流に一役かっている、そんなハーブ生活を送っています。
英国に行くと、家々の花壇やフェンスが花やハーブで美しく演出されているのに感心します。日本ではとかく塀の中に「秘密の花園」が作られますが、岩渕さんのお宅のように、道行く人の目を楽しませられるなら、もっといいですね。ローズマリー、ラベンダーは、花が終わった後、軽く刈り込んでおくと株を元気良く保てますよ。梅雨時の蒸れ防止にもなるし、種をつけないようにできるので、株を疲れさせずにすみます。お試しください。


  福島県 小野賢司さん  
私自身は、ハーブは好きなんです。料理に合いますよね。でも妻が大嫌いなんです。
よって家には「ハーブのある生活」はありません。そんな我が家におくるハーブってありますか?
う〜ん、そうですね。うちもはじめの頃は夫があまりハーブを好きではありませんでした。でも今ではごく普通に「ハーブのある暮らし」です。戦略は・・・、マイルドな香りのハーブを、少しずつ無理強いせずにお料理に使ってみることです。「あれ、何となく違うかな」ぐらいにほんのりと。チャイブ、ロケット(ルッコラ)、バジル、イタリアンパセリ、チャービルなど、葉の柔らかいハーブを刻んで、料理の仕上げにパラッとが○です。


  鹿児島県 本田ようこさん  
蚊連草(蚊逃げ草)を育てています。ところが蚊が減った様子はありません。
蚊連草は挿木でどんどん増えています。蚊も増えているのかな?ただ匂いのおかげか、のら猫が減ったような気がします。
蚊連草は、姿も香りも、ローズゼラニウムにそっくりです。まるっきりローズゼラニウムなのか、(バイオの)新開発の植物なのかよくわかりません。私が試したところ、蚊が減るというのは無理なようですが、窓辺に置いておくと、外から蚊が入るのを多少防げるかも・・・という程度。でも確かに柑橘系の香りがするので、猫は寄りつかなくなるように思えます。剪定した枝葉は木箱などに入れて玄関に置き、時々踏みつけるといい香りが!



4月14日 5月6日




 
  文:読者のみなさん.榊田 千佳子